SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



やっと…発売日決定! ( Written By TAKA )

 当ブログでも昨年の7月20日に発売を告知していた「STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.1」の発売日がやっと正式に決定したようです。当初は昨夏に発売が予定されていたブツですが、発売延期で延び延びになっていたものでした。
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.1[1978-1985]
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.1[1978-1985]
ホビージャパン 2006-02-28
売り上げランキング : 15,547


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発売日は来月の2月28日、価格は2800円(高い…)。本の内容紹介を今一度抜粋しますと、

2005年、『STAR WARS』のアクションフィギュアは生誕27周年を迎えます。27年の長き歴史を経た現在、展開され続けてきたアクション・フィギュアの商品点数は、ついに1000点を突破する状況の中、すべての『STAR WARS』アクションフィギュアを完全網羅したカタログシリーズが満を持して登場!
第1弾はヴィンテージ。1978年から1985年に発売された商品を基に構成された本書では、
〇 『スター・ウォーズ』フィギュア・クロニクル
〇 幻のアイテムを探せ!
〇 秘蔵写真で見る『スター・ウォーズ』フィギュア
〇 コレクター訪問
と盛りだくさんの内容!


となっています。どうもVol.3まで発刊予定らしく、全て購入した暁にはダース・ベイダーのフィギュアを購入できる特典資格を得ることが出来るそうです。「もらえる」ではなく「購入できる」というのがミソですね。購入価格はいくらなのか、またどういうフィギュアなのかも判明次第UPしたいと思います。
スポンサーサイト

【2006/01/31 11:26】 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |



HD-DVD映画ソフト第一弾発売日決定! ( Written By TAKA )

 先日当ブログでも「次世代DVD」に関して個人的に書きましたが、いよいよ次世代DVDのHD-DVDソフトの日本での映画タイトル第一弾の発売日が告知されました!それはジョニー・デップ主演の「ネバーランド」です。
ネバーランド (HD-DVD)
ネバーランド (HD-DVD)
ポニーキャニオン 2006-03-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発売日は3月28日で、私が予測していたよりも随分早くリリースされる運びとなりました。東芝は「HD DVD再生専用プレーヤーの全世界一斉発売に合わせ、映画ソフトを同時リリースする」とアナウンスしていましたので、日本でもHD-DVD再生機が北米と同時期に発売されることでしょう。ちなみに再生機は北米で約500ドル(上位機種は約800ドル)で発売されるらしいです。新しいフォーマットの再生機のファーストモデルとしては破格の安値と言えます。日本での価格がどうなるかに注目です。
 映画ソフトではないですが、ポニーキャニオンも3月28日に「virtual trip」なるタイトル発売を発表しています。これはDVDとHD-DVDの両フォーマットが収録されているダブルフォーマット(?)形式でのリリースみたいです。ただし「ネバーランド」はHD-DVDのみの収録になる模様。
 「ネバーランド」の価格は税込み5040円、DVD「ネバーランド」ですと税込み3990円ですので、少しHD-DVDは割高感がありますね。でもDVDソフトも初期は値段は高めでした。それがどんどん値崩れしていきましたので、次世代DVDソフトに関しても将来的にはもっと安くなるんでしょう。
 日本ではこの時期にまだこの「ネバーランド」しか発売されないみたいですが、北米では3月28日に結構なタイトル発売がアナウンスされています。主なタイトルをざっと挙げると、「バットマン ビギンズ」「コンスタンティン」「ツイスター」「ボーン・スプレマシー」「リディック」「アポロ13」「ヴァン・ヘルシング」などなど。その後も順次HD-DVDソフトを発売していくことが既に告知済みです。

 ソフト、また再生機に関しても発売では少しHD-DVDにBlu-rayは遅れをとることになりました。しかしこちらも年内の発売が予定されています。やはりここは新商品に飛びついて後で悔やむことになるよりも、規格が統一されるまで様子見になる消費者が殆どでしょうね。

【2006/01/28 09:46】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



ステルス ( Written By TAKA )

 
ステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ステルス デラックス・コレクターズ・エディションジョシュ・ルーカス ロブ・コーエン ジェシカ・ビール

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今作の監督はロブ・コーエン。私が好きだったり、印象に残った作品としては「ドラゴン/ブルース・リー物語」「トリプルX」「デイライト」など撮っている人です。今作の公開前に予告編などで見た限りでは、爆発シーン満載のいかにもハリウッドビッグバジェットの派手派手アクション映画という印象。つまり私が見たい映画!残念ながら劇場に見に行くチャンスはなかったものの、DVD発売を待っていました。しかし公開後に聞こえてくる評判は芳しいものではなく、北米での興行も1億3千万ドル以上かけた作品にしてはコケたと言ってもいい成績でした。不安材料はあったものの、前述のように私好みの映画らしいので「俺が買わずしてどうする!」ってな意気込みでDVDを購入。で、鑑賞してみました。

 結論:十分面白かったです。ミーハー映画ファンの私にとっては及第点以上の映画。爆発シーンはやっぱり満載だったし、何より「日常から逸脱した映像をどれだけ見せてくれるか」が面白さの大きな基準となっている私には嬉しい作品でした。
 ただし難点もいくつかあり。まずは辟易するほどのCG量。いかに技術が向上したって、「ああこりゃCGだ」って分かります。もちろんCGを駆使しなければ、実現し得なかった映画とは思いますが、それにしても使いすぎ。「トップガン」の実写映像の有り難みを痛感しました。
 次にお話。少し詰め込みすぎの感ありです。「エネミーライン」や「2001年宇宙の旅」のHAL(それとも「ナイトライダー」?)にも目配せしいるのかと思われ、とにかくお話があっちこっちに飛んでいきます。まあそのお陰で結構予測つかないストーリー展開とも言えるのですが。
 でも上記のような難点を差し引いても、私には楽しい映画でした。とにかく音が凄まじく、ビュンビュン音が飛びます。5.1chの有り難みを実感できる音響デザイン。私の再生環境ではDTS再生できないのが残念でしたが、ドルビーデジタルでも十分スゴイ。映画の面白さは音に左右される部分が大きいのを再確認。
 特典映像はまだ未見ですので、DVDパッケージソフトとしてのうまみはまだ分かりませんが、本編だけでも「買って良かった」と思えるソフトでした。何故あれだけ評判が悪かったんだろう…?私の映画の見方が表層的過ぎるのが、功を奏したのかな?

北米興行データ:約3200万ドル(歴代1397位/2006.1時点)



次世代DVD… ( Written By TAKA )

 皆さんはDVDソフトをどれくらい所有していますか?と言っても「1度見た映画を繰り返して見ることは殆ど無いので、レンタルで済ます」「本当に気に入った映画ならば買う」という人が大多数だと思うので、かなり多くのタイトルを所有している、という人は案外少ないかもしれませんね。ちなみに私は(最近正確に数えてはいないのですが)多分800タイトルくらいは所有しています。自分でも「少し買いすぎだよなあ」と思うくらいです。自室の壁一面の本棚にはズラッとDVDが並んでいます。これに映画を録画したDVD-Rも現在500枚以上ありますので、完全に飽和状態です。

 さて本題に移りますが、次世代DVDです。もうこの事に関しては、報道やインターネットでも今まで散々取り上げられてきていますので、今更多くを語る必要はないでしょう。現行のDVD製造ラインを流用できるらしいので、安価に提供できるというHD-DVD。HD-DVDを圧倒する容量で様々な展開を期待させるBlu-Ray DISC。現状の支援企業の名前・数を見ますと、Bluの方が少し有利なのかな、という気がします。でも今のままでは完全にVHS対Betaの二の舞になりそうな気配ですね。このことで一番損するのは消費者ですので、何とか早いこと解決して欲しいもんです。まあ個人的には、あと数年は様子見ですね。

 でも自分にとってはどっちの規格が優勢になるかはあまり問題じゃないんです。問題は次世代DVDにフォーマットが移行したときに、上述した現在所有しているDVDソフトをどうするかということです…。多分現行DVDから次世代に移行するとしても、それは結構な年月がかかることでしょう。もし移行したとしてもプレーヤーに現行DVDも再生出来る互換性があることでしょうし。しかし次世代DVDと現行DVDの画質の差を比べたときに、「よし、ソフトも新しく買い直そう!」となることは私的に明らかです…。現時点で800枚ですよ、800枚…。これらのソフトをもし全て買い直すということになったら、どれだけお金がかかることになるのか…。ここで思い出すのはレーザーディスクです。あれも300枚以上所有していましたが、殆どDVDで買い直しました。またあの悪夢が繰り返されるのか!?うううう…つくづく大富豪の家庭に生まれたかったです。

【2006/01/26 09:22】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



TAKA的2006年注目映画 ( Wriiten By TAKA )

 早いものでもう1月もあと1週間ほどで終わりですな。何か今年もこうやって徒然なるままに終わりそうな気が…。ってまだまだ気が早い話ですね。今年も期待できそうな映画がたくさん控えています。その中でも個人的に「これは劇場の大画面で見たいなあ」と思える作品を思いつくままにピックアップしていきます。

☆「イーオン・フラックス」
aeon
美人女優シャーリーズ・セロン主演によるSF(?)アクション映画。彼女は「モンスター」で勿体無い事に醜女メイクをして演技開眼か、と騒がれましたが、今作では身体にピチッとフィットした衣装で頑張ってます。その衣装という1点のみで鑑賞希望。まことに中年親父の鑑賞意欲をそそっております。ただ北米ではこの作品コケてますんで、結構不安。

☆「UNDERWORLD EVOLUTION」
under
上の作品同様、主役の姉ちゃんのコスチュームという点だけで見たいです。己の欲望に忠実な私。

☆「トム・ヤム・クン!」
tom
「マッハ!」のトニー・ジャー主演による超絶アクション映画。以前当ブログでお伝えしたように、既にVCDで鑑賞済みですが、是非大画面で堪能したいです。

☆「マインドハンター」
mind
頭の悪い大爆発剛速球映画(「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」「ディーブ・ブルー」などなど)ばかり撮り続けるレニー・ハーリンの最新作。やっぱりこの人の映画は大画面で見なきゃあ!ただしこの人「ドリヴン」みたいにアレな映画もたまに作るし、今作も北米の成績は壊滅的な酷さだったんで不安材料も多し。

☆「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」
narnia
あれだけ北米でヒットしたんじゃ、やっぱり無視出来ない一篇。

☆「ホステル」
hostel
これって日本じゃどこの配給会社が買い付けたのかな?とにもかくにも北米の映画興行界の2006年はこのホラー映画のトップ1で幕を開けました。何でもかなりゲロなゴアシーンがあるそうで、好事家には期待の作品。ただ監督が「キャビン・フィーバー」のイーライ・ロスってのが気になる…。

☆「X-MEN3」
実は大して面白いと思えないシリーズなんですが、何故か好き。こっから挙げる作品は全部日本公開は夏らしいんで、まだ先の話ですな。監督がブライアン・シンガーから「ラッシュアワー」のブレット・ラトナーに変わったのが吉と出るか!?

☆「M:i-3」
1も2も劇場で堪能致しました。何だかんだ言っても、多分今度もハリウッドアクション映画の底力を見せてくれることでしょう。

☆「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
実は前作は世評ほどには楽しめなかったクチです。是非おさらいしてから、臨みたいと思います。同時撮影の3作目は来年公開らしいですね。

☆「ポセイドン」
大好きな「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイク!是非血沸き肉踊るパニック映画にして頂きたい。ただしオリジナルに思い入れが大きいだけに、不安度も高し。

☆「スーパーマン リターンズ」
最近のアメコミ映画みたいに変にヒーローが悩むような映画にしてくれるなよ。是非ストレートな超人ものにしてくれい。

とまあザッと挙げただけでもこれくらい。もれている奴もあると思うし、小作品で見たいと思う映画もこれ以外にまだあります。今年もいっぱい見たいですネ。

【2006/01/24 23:02】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



UNLEASHEDベイダー(特殊パッケージ版)やっと入手! ( Written By TAKA )

 12月初めにUNLEASHEDフィギュアのベイダーを入手したことは以前書きました。てっきり筒型の特殊パッケージの商品と思い込んでいたら、届いたのは
unleashed1

通常のブリスター商品だった事はお伝えした通り。
 その特殊パッケージ版は年末の発売だったのですが、諸事情により受け取るのが遅れて、今日やっと入手しました。思ったよりデカイ!
unlea.vader1

しかもカッコいい!今までのUNLEASHED商品とは一線を画すこの外見。何度も言いますが、結構デカイです。比較にSAGAベーシックフィギュアのビブ・フォーチュナを並べた写真(かなりピンボケですが…)もUPしますね。
unlea.vader2

この商品形態で、価格は今までのシリーズと同じってんですから、こりゃお買い得商品ですぜ、旦那(誰?)。
 さて、横に並べた昨年末から新スタートしたSAGAベーシック・フィギュアのシリーズですが、まだTAKAは2体しかGETしていません。各商品にホログラム・ミニフィギュアが付属しているということで話題を呼んでいます。今までに出た同シリーズ商品で一番人気なのは多分ボバ・フェットでしょうな。
STAR WARS サーガ ベーシック フィギュア ボバ・フェット
STAR WARS サーガ ベーシック フィギュア ボバ・フェット
トミーダイレクト
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

各オンラインショップでは軒並みに早々に売り切れになってます。TAKAはショップ側の不手際によりGET出来ませんでした…。手に入らないと分かれば、更に欲しくなるのがコレクター心理というもの。オークションなどでも出品されてますが、既に価格が結構高騰しています…。

 来月初めにはUNLEASHEDフィギュアの新展開として、ミニフィギュア(どれだけの大きさのフィギュアなのかイマイチ分かりませんが)4体のセット商品がラインナップされています。初回リリースされるのは4種類。とりあえず、その中でTAKAは「コマンダーセット」
commander

と「トルーパーセット」
trooper

を購入するつもりであります。

【2006/01/19 20:24】フィギュア | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |



「SW」を興収から考察する Part6 ( Written By TAKA )

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐ヘイデン・クリステンセン ジョージ・ルーカス ユアン・マクレガー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-11-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starメイキングDVDも面白い
star新シリーズ最高作
starなかなかの傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆「エピソード3/シスの復讐」

 いよいよ新三部作の最終作となる「シスの復讐」です。前作「クローンの攻撃」は「ファントム・メナス」からグッと興収が落ちた結果となってしまいました。しかし旧三部作でも「ジェダイの復讐」で盛り返したように、今回も盛り返すか!?いつもの如くチャイニーズ・シアターの前には公開前から行列が出来ました。もう恒例行事ですね。ただ皮肉にも今作はチャイニーズ・シアターで「シスの復讐」は上映されませんでしたが…。日本からも旅行業者が鑑賞ツアーを組むなど、盛り上がりは上々です。さて、どうなる!?

 「シスの復讐」は2005年5月18日に北米の映画館3661館で一斉公開されました。前作より約500館増えての、SW6作中一番の万全の興行態勢です。しかし後述する2005年度トップ10中では7番目の公開館数です。デジタルプロジェクターを擁する劇場でしか「エピソード3」は上映しない、というコメントを「エピソード2」時にルーカスが残していた記憶がありますが、流石にそれは無理だったようですね。興収に話を戻します。初日の売り上げが何と約5000万ドル!「クローンの攻撃」の約170%の売り上げで、初日興収の歴代記録を更新するという猛スタートを見せました。第1週末の興収が約1億840万ドル、これは「クローンの攻撃」の約130%以上の出足です。「スパイダーマン2」の約1億1500万ドルという歴代第1週末記録こそ更新できなかったものの、歴代2位という安定した強さを見せつけました。この熱狂の様子は日本のTVなどでも報道されました。「タイタニック」とまではいかなくても、「SW」中トップの興収である「新たなる希望」に迫れるか?期待をもたせる出足です。しかし第2週末の興収は約5500万ドルと、前週より50%のダウン。「クローンの攻撃」よりも落ち込みが激しく、またその第2週末記録約6000万ドルをも下回ってしまいました。個人的にはここらで既に悪い予感はしていました。「クローンの攻撃」も息切れが結構早かったものですから…。第3週末はそれより50%以上ダウンの約2500万ドル。ただしこの時点で既に総興収は3億ドルを突破し、「史上最も早く3億ドル興収を突破した作品」の称号を得ています。しかし売り上げ1位の座を保てたのは2週間のみ、という「クローン」のそれを下回ってしまいました。ちなみにトップ10に入っていたのは8週間という、「クローン」のそれを僅かに上回ることは出来ました。
それでは2005年度の年間ランキング上位10作品を振り返ってみましょう。

順位/ 作品名/ 興行収入(概算)
1「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」 3億8030万ドル
2「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 2億7330万ドル
3「宇宙戦争」 2億3430万ドル
4「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 2億940万ドル
5「WEDDING CRASHERS」 2億930万ドル
6「チャーリーとチョコレート工場」 2億650万ドル
7「バットマン ビギンズ」 2億50万ドル
8「マダガスカル」 1億9360万ドル
9「Mr.&Mrs. スミス」 1億8630万ドル
10「最後の恋のはじめ方」 1億7950万ドル
※全ての作品が2005年度のみの興収、年をまたいでの興収は含みません。

 祝!年間ランキング1位の座奪還!!「クローン」で陥落した年間トップ1の座を見事奪還しました。しかもファン&批評家からも「新三部作中ベスト」という高評価で作品も受け入れられました。ただあの爆発的スタートから「4億ドル以上が見込める」はずだったのに、少し残念です…。「帝国の逆襲」から「ジェダイの復讐」で売り上げがアップした率と同じ程度に、「クローン」から「シス」でもアップしたというのは興味深いデータですねぇ。前作より約8000万ドル売り上げが上がった「シスの復讐」は2006年1月現在で歴代7位という成績で公開が終了しました。

 次はいつもの如く「回収率」で考えてみましょう。やはりいつも通り制作コストと興収の兼ね合いで考えてみます。「シスの復讐」は約1億1300万ドルの製作費でした。宣伝費が不明ですので、純粋に製作コストで考えてみますと、約3.3倍の回収率となります。現在も公開中の「ハリー」「ナルニア」はまだ最終的な興収が確定していませんが、両作とも製作費が1億5000万ドル以上かかっていますので、せいぜい2倍程度ですか。勝った!「宇宙戦争」も1.8倍程度、これにも勝った!「マダガスカル」の製作費が不明ですが、トップ10中で「シス」に上回る回収率を見せたのが、5位の「WEDDING CRASHERS」の5倍です。負けた…。ただこの作品、これだけ北米でヒットしたにも関わらず、現時点で未だ日本公開未定だとか。

 安定した強さは発揮した「シス」ではありますが、映画史に残るシリーズ最終作としては、もう少し売れても良かったんじゃないかなあ、というのが正直な思いです。

それでは最後に「エピソード3」の主な興収記録(全て北米)を列挙します。(2006.1時点)

歴代記録―7位/歴代公開初日記録―1位/歴代公開第1週末記録―2位/2005年公開作品中―1位/2005年公開第1週末記録―1位/
史上最速1億ドル突破―1位/史上最速2億ドル突破―2位/
史上最速3億ドル突破―1位

 さて、これで全6作の検証が終了しましたので、この記事シリーズもこれで終了。ではなく、また少し違った観点から「SW」の興収を検証してみたいと思いますので、もう少しお付き合い下さいませ。

【2006/01/13 14:46】データ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



何故「シスの復讐」は140分でなければいけなかったのか!? ( Written By TAKA )

  年末に「TAKA的2005年バンザイ!映画」で「エピソード3/シスの復讐」を「今年一番心を揺さぶった作品」と言いながら「敢えて難点を言わせてもらえば、あまりにも性急にお話が進む事。もっとじっくりキャラの内面を描いて、それこそ3時間くらいの上映時間でも良かったです」とも言いました。今回はその点について、少し書きたいと思います。あくまでも個人的見解ですので悪しからず。

 個人的見解と上述しましたが、私以外にも「あまりにも性急にお話が進む」と感じた人は少なくないのでは?それはやはり「アナキンの心理描写。彼の心理の変遷」が希薄に感じられたことではないでしょうか。彼が暗黒面に堕ちた一番の原因はもちろん「パドメを救うこと」です。しかしアナキンがパドメの危険を感じた拠り所が曖昧な予知夢だけ、というのも根拠が弱いところです。もちろん「クローンの攻撃」でも「母親の死に関する予知夢」が的中していたから、と指摘することは出来ますが、パドメに少しでも具体的な兆候が出る描写があれば、またグッと説得力を持ったと思います。

 アナキンが暗黒面に堕ちる兆候としては「アナキンとパルパティーンのオペラハウスでの会話」は良かったと思います。しかし「アナキンとパドメのやり取り」は少なかったのでは?アナキンの独り走りで行動に出るのは、アナキンの精神的未熟さを表してるとも言えます。しかしここはもう少し二人の心のすれ違いも見たかった。あれだけパドメを愛していたアナキンが、終盤オビ=ワンを見ただけでパドメの首をフォースで締め上げるのは唐突過ぎる気もしました。まあこれも「アナキンの激昂し易い性格を表している」と言われればそれまでですが…。

 オビ=ワンとアナキンのクライマックスの衝突も少し唐突でした。ウータパウへ向かうオビ=ワンとアナキンの会話は非常に穏やかなものでした。自分の傲慢さを詫びるアナキンに、優しげに言葉を返すオビ=ワンが印象的です。そんな弟子の言葉を受け取ったオビ=ワンだけに、シスと化したアナキンにラスト対峙した時に、少し呆気にとられた表情を見せるのが上手かった。ただしそこに至るまでのアナキンの心理は少し端折り過ぎでは?アナキンが暗黒面に堕ちる最終的な切っ掛けはメイスの死だったと思います。しかしその後シディアスの軍門に下るのがあまりにも早い。もう少し間を持たせて欲しかった。「自分は本当に暗黒面に…?」とアナキンが躊躇する間が欲しかった。まあルーカスに言わせれば「変化は一瞬で劇的に起きる」らしいのですが…。

 キャラの心理描写にもう少し説得力を持たせて描けば、「シスの復讐」はもっとグッと厚みのある映画になっていたと思います。そうなれば上映時間は当然140分では短すぎたことでしょう。TAKAの見解としては「シス」の時間が140分であった理由は
・これ以上の上映時間になれば、1日の回転数が落ち、売り上げに影響が出るから。
・ルーカスにはキャラの内面を描くことにはあまり興味がないから。
・もしくはルーカスは人間を脚本化&演出することが出来ないから。

とこんなところでしょう。でも一番の理由としては
・「SW」はルーカスの映画なんだから、彼が好きなように作りたいし、また作っていいのだから、ああなった。
なのかもしれませんねえ。

 何度も言いますが、「不満もあるけど、面白いし大好きな映画」であることに変わりはないのです。でも心理面をもっと充実させた「シスの復讐」も見てみたい。それこそ「ロード・オブ・ザ・リング」がDVDの「エクステンディッド・エディション」でバージョンアップしたように。でも「新三部作」の「特別篇」が出来ても、SFXがパワーアップするだけで、上記のような改変はきっとないんでしょうなあ…。 

【2006/01/11 12:58】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



今年最初の北米BOX OFFICEレポート ( Written By TAKA )

  北米における1/6~8の興収記録をレポートします。上位5位は次の通り。

1 「HOSTEL」約1960万ドル
2 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」約1560万ドル
3 「キング・コング」約1260万ドル
4 「ディック&ジェーン/復讐は最高!」約1190万ドル
5 「12人のパパ2(邦題未定)」約840万ドル

 今年最初の週末で1位をGETしたのはQ・タランティーノ製作によるホラー映画。2位と3位にはTAKAの予想を上回ってそれなりの持久力を発揮している2作がしぶとくチャートイン。
 「ナルニア」は累計で約2億4800万ドルを売り上げ、もしかしたら最終的には「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に近い売り上げとなるかもしれません。出足こそ思ったほどの爆発的ダッシュとは行かないように思えましたが、これだけいけば製作陣も安心して続編にGOサインを出せることでしょう。
 「キング・コング」もスタートこそ「期待外れ」に見えましたが、現在で約1億9300万ドルまで来ました。製作費2億700万ドルを北米だけで回収出来そうです。北米以外の地域で2億7000万ドルを超える売り上げを叩き出していますので、製作側の思惑程かどうかは分かりませんが、とりあえず「大成功」と言っていいのでは?

【2006/01/10 13:08】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



ホス!ホス!ホス!! ( Written By TAKA )

  年末にもこちら東北ホス地方の厳冬振りを伝えましたが、新年明けてから物凄い豪雪になっていることは、ここ数日ニュースでも伝えられていますね。「でもこれ位は昔じゃ普通だったよなあ」って思ってたら、ここ30数年では一番の降雪だとか。いやマジでワンパが暮らせるくらい降ってますぜ。どの家も屋根から物凄い長さのツララがぶら下がり、その上にまた水滴が凍っていくもんですから、長いだけでなくぶっといツララになっておりヤス。その姿はまるでキラキラ光る氷のオブジェ…ってそんなロマンチックなもんじゃなーーい!!

 一月も下旬になると例年くらいの冬の天候になるらしいですが、それまでまだ降り続くってことか…ハァ。私は職場の近くに住んでるからまだいいんですが、年末の時なんて「家から5時間もかかった…」という凄まじいツワモノを先頭に遅刻者続出。町を歩くと、雪にタイヤが埋まって立ち往生している車がそこかしこに。通りすがりの通行人が助けて、運転手が感謝の言葉を告げる清々しい光景が…ってもう十分じゃ!去りやがれ!冬将軍!!

【2006/01/07 14:50】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



2006年始動! ( Written By TAKA )

  遅ればせながら皆様
新年明けましておめでとうございます!
皆様良い年始を迎えることが出来たでしょうか?
私は毎年変わらず食っちゃ寝、の生活で確実に体重を増やしました。

 さて「SW」の映画も昨年で完結し、「SW」をメインに据える当ブログはTVシリーズ&映画3D版の登場までは、なかなか話題的に厳しいものがあります。でもフィギュアや関連商品もまだまだ出そうですし、これまで通り「SW」に限らず他映画も取り上げて、頑張って更新していくつもりです。

 皆様今年も宜しくお願い致します。

【2006/01/04 15:02】その他 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    12 | 2006/01 | 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。