SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



『ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~』 (Written by オビイチ)

気がつけば梅雨が近づいてきました。そしてそれを過ぎれば夏ですよ。…というわけで、今回は夏になる前にチェックしておきたいスターウォーズのCDをご紹介しようと思います。

ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~
オムニバス ウクレレ・カフェ・カルテット 宮川彬良


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんというか、タイトルのままですが、ウクレレです。スターウォーズの珠玉の名曲たちがウクレレで演奏されております。ほのぼの和み系。ユルいです。

特にレコード会社自体が「やる気のないダースベイダーのテーマ」と名付けて紹介しているほどスゴイのが、おなじみ『帝国のマーチ(ベイダーのテーマ)』。プッピッピー、ピッピピーピッピピー♪(←「帝国はー、とてもー強いー♪」の部分をリコーダーで演奏)…って、もうね、ここまで行くとむしろ泣けてきちゃいますよ。EPIIIでベイダー卿って人が実は寂しい人だったということが白日の下に晒された今、これはむしろ暗黒卿の心情を雄弁に物語る素晴らしいアレンジなんじゃないかとまで思ってしまうオビイチです。はっきり言って単なるアレンジを超えた脱力系ミュージックのマスターピースに昇華しています。ファン必聴。

なかなかのヒット作らしく、既にお持ちの方or持ってないけど知ってた方も多いかと思いますが、いやいや、夏だからこそ、再度聞きなおしてみるべき名盤です。そして、いまだこれを知らず、このブログを見て興味が出た方は、こちらのレコード会社のサイトで視聴できますよ。


※以降、音楽好きとしての観点から
ただ、実のところタイトルほど「ウクレレ」に特化しているわけではなく、リコーダーだったりハワイアンだったりといった編曲がメインなので(要するにウクレレメインという意味ではなく、ウクレレを使っている編成だということですね)、ジェイク・シマブクロばりのウクレレを期待していると肩透かしをくらいますので「スターウォーズも好きだがウクレレも大好きだー!」という方はご注意を(笑)。ただし、決してパロディやギャグミュージックではなく、しっかりマジメな演奏ですから、その点では音楽好きにこそ薦めたい逸品です。
スポンサーサイト

【2006/05/30 19:06】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



キングコング ( Written By TAKA )

  今回は見切り発車で購入(こればっか)したこれ。
キング・コング プレミアム・エディション
キング・コング プレミアム・エディションナオミ・ワッツ ピーター・ジャクソン ジャック・ブラック

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-05-25
売り上げランキング : 20


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正月映画で話題になったのに、もうDVD化。早いっスねえ。監督は「LOTR」トリロジーである意味頂点を極めた感のあるピーター・ジャクソン。主演に「ザ・リング」シリーズのナオミ・ワッツ。「戦場のピアニスト」でオスカー受賞のエイドリアン・ブロディ。「スクール・オブ・ロック」でブレイクしたジャック・ブラックなどです。

 お話は単純。映画ロケのために地図にも載っていない髑髏島に上陸した映画クルーが想像を超えたクリーチャー達とコングに出会いますが、コングを首尾良く生け捕りに成功、NYに連れ帰りますが…ってなもんです。70年代にも一度リメイクされました(評価悪いですが、TAKAは結構好きです)が、最新のCGで現代に蘇りました。

 結論から言うと「すんごく面白かった!」です。時折CG臭さが感じられるものの、現時点では多分ベストの出来なんでしょう。髑髏島に上陸するまで約1時間もかけて、1930年代の雰囲気に浸らせてくれます。島に上陸してからは、もう見せ場がノンストップで畳みかけてきます。とにかく息つく暇なしとはこのことで、もし劇場ならば3時間の長丁場、トイレに行けなくて困ることでしょう。とにかくコングの目の表情が豊かで、結構情け容赦なく人間に襲いかかりますが、それなりに同情を誘ってくれます。

 DVDは特典ディスク付属の2枚組を買いましたが、1枚組もあります。
キング・コング 通常版
キング・コング 通常版ナオミ・ワッツ ピーター・ジャクソン ジャック・ブラック

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-05-25
売り上げランキング : 11


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

画質は180分以上というハンデがあるものの、そんなに破綻は感じさせない画質。ただ次世代ディスクならどれくらい…と考えてしまいました。特典ディスクはポストプロダクションの様子をジックリ見せてくれます。撮影風景の裏側を見たいなら、公開前にリリースされたこんなのがあります。
キング・コングができるまで 製作日記
キング・コングができるまで 製作日記ピーター・ジャクソン ナオミ・ワッツ エイドリアン・ブロディ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-04-19
売り上げランキング : 508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

既に廉価になっていますので、本編が気に入ったのならオススメですよ。もちろんTAKAは購入済みです。今年末には「LOTR」の時のようにエクステンディッド版がリリースされるそうです。もちろん買いたいと思いますが、これ以上の特典素材がまだあるんでしょうか?

 監督のピーター・ジャクソンが「LOTR」の時に比べると、激痩せしたことも話題になりましたが、これだけパワフルな映画を続けて撮ったんじゃ、そりゃ痩せますよ。また舞台裏映像で分かる「1本の映画でこれだけの人間が労力をかけてるんだ」ということでも、ホントにリキの入った映画ということを感じます。

 とにかく「映画館の大画面で見たかったぁ!」とこれだけ後悔した映画も近年ありません。文句なしにオススメ♪

※北米興収データ…約2億1800万ドル(歴代52位、2005.5時点)
出足こそ思ったほどの成績じゃありませんでしたが、最終的には北米だけで製作費を回収出来ました。全世界規模で見ると、約5億5000万ドル稼いでいます。ただし日本では正月の目玉としては中規模のヒット、残念…。



5/26-28北米BOX OFFICEレポート ( Written By TAKA )

 今週も先週末の北米における興収を見てみましょう。先々週は「ダ・ヴィンチ・コード」が見事なスタートダッシュを見せて、「M:i-3」「ポセイドン」で暗雲垂れこめた雰囲気を払拭してくれました。先週はまたまた大作のシリーズ第三弾「X-MEN ファイナル ディシジョン」が封切られました。前2作がメガヒットとなっていますので、オープニング成績にも期待が持てます。TAKAの予想としては…「ダ・ヴィンチ」とまではいかなくても、6000万ドルは超える週末成績を出すとみました!それでは、5位まで追ってみましょう!

1位「X-MEN ファイナル ディシジョン」約1億700万ドル(同)
2位「ダ・ヴィンチ・コード」約3350万ドル(約1億3600万ドル)
3位「森のリトル・ギャング」約2730万ドル(約7600万ドル)
4位「M:i-3」約660万ドル(約1億1380万ドル)
5位「ポセイドン」約590万ドル(約4560万ドル)
※( )内は累計成績

 来たあ!私の予想をずっと上回るばかりか、「ダ・ヴィンチ」のオープニング成績の約7700万ドルを遥かに凌駕する数字を叩き出しました!考えてみれば、シリーズ前2作の第1週末記録も
パート1…約5450万ドル(3025館、41位)
パート2…約8550万ドル(3741館、11位)
※( )内は封切り館数、北米第1週末歴代記録
と立派な数字だったので、今回の成績も頷けますね。パート3は歴代4位につけました。ちなみに今回のパート3は前作よりも少ない3690館での封切り、それでこの数字は大したもんでしょう。ただパート2の2倍近い製作費がかかってますので、今後の推移にも注目です。公開初日は約4550万ドル稼ぎ、北米歴代記録でも2位につけました。(1位は「シスの復讐」約5000万ドル!)

 他の作品にも目をむけると…「ダ・ヴィンチ」もそれなりに順調にきてますね。ただ作品に対するネガティブな批評も目立ちますので、今後はどうか!?2億ドルいくかどうかでしょうね。「M:i-3」は完全に失速。製作費を北米のみで回収できるか、かなり難しくなってきました。「ポセイドン」はもう完全に沈没…。

 再来週にはピクサー社の新作CGアニメ「カーズ」が公開されます。同社の前作「Mr.インクレディブル」は約2億6100万ドル(歴代31位)、前々作の「ファインディング・ニモ」は約3億4000万ドル(歴代13位)も稼いでいます。今回もファミリー層を取り込んで、大ヒットとなるか!?

【2006/05/29 21:26】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.2発売! ( Written By TAKA )

STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE VOL.2
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE VOL.2久保 卓哉

ホビージャパン 2006-05-31
売り上げランキング : 871


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さすがに延期の延期の延期はなかったようですな。無事発売され、またTAKAの手もとにも到着しました。今回は1995-98年に発売されたブツについてまとめています。
cover 既発売のVol.1と並べてみました。
OCGCFF  今回メインで紹介されているのはオレンジカード、グリーンカード、フリーズフレームのフィギュア群です。さすがにどのカードも全種揃えてるっていう訳には到底いきませんが、キャラ分けすれば、かなりの割合でTAKAも所有しているかな?
sote シャドウ・オブ・ジ・エンパイアのシリーズはスピンオフに興味がないTAKAにとっては、どうでもいいシリーズで、実際「ボバ VS IG-88」だけ所有しています。
eu 上に同じく、このエクスパンデッド・ユニバースに関しては一つも持ってないはず。
dx このDXフィギュアってのは、近年では何かフォースバトルとかトランスフォーマーのシリーズにその香りが感じられますね。劇中のイメージからかけ離れているものもあり、私は数種しか所有してないっス。
cs 劇中のシーンを再現したこのシネマシーンのシリーズは好きだったなあ。全種とまでいかなくても、殆ど持ってるはず。
creature これもかなりの割合で所有してますな。「バンサ&タスケン・レイダー」「ランコア&ルーク」「ハン&トーントーン」(デカイ方のやつ、それにしてもデカ過ぎ)なんか、今でもかなりのお気に入りです。
compg シネマシーンと同じく、劇中イメージのコンプリート・ギャラクシーのシリーズも結構好きでした。
vehicle 今回もちゃんとビークルのページがありますよー。
12inch そして12インチも!

 Vol.1はTAKAが全く所有していないオールドケナーのブツがメインでしたが、Vol.2のメインのオレンジカードからの「THE POWER OF THE FORCE」シリーズはかなり多く所有しているので、前号よりもずっと楽しく読めました。オススメ♪

 Vol.1~2の連動企画に変わった「ベイダー」フィギュアですが、商品価格&送料&代引き手数料=3000円という物凄い価格です。ベーシックなのに…。これかなり悩みますね、どうしようかなあ…。

 Vol.3は夏頃発売予定らしいです。まあ気長に待ちましょう。

 最後に全く関係ないネタを。思わず笑っちゃいましたが、ホントにこんなんだったら、惨いなあ。

【2006/05/28 15:37】 | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |



馬鹿と言うか何て言うか… ( Written By TAKA )

 ボーッとネットしてたら、こんな面白い記事を見つけました。

 この高校教師が一体どういうきっかけで女性と言い争いになったか分かりませんが、何故いきなりそれが「俺はルーク」になっちゃうんでしょう?また気になる点もいくつか
・30歳には見えない老けた風貌→やはり暗黒面に堕ちた影響でしょう。
・シャツのボタンを開けて胸をあらわにしながら→修行で培った肉体美を見せつけたかったのでしょう。「ズボンのチャックを開けながら」じゃなくて良かった…。
・超人的なパワー→やはりフォースの御加護があったのでしょう。
・自分は「ルーク・スカイウォーカーだ」→って言うか、ランド・カルリジアンだろう、どう見ても。(記事ではJ・アール・ジョーンズの名前を出してますが、書いた人は結構SW好きとみた)

 きっと脳に暗黒面の悪影響があったんでしょうね。皆さんも気をつけましょう。

【2006/05/27 09:02】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



『スターウォーズ』(ファミコン) (Written by オビイチ)

久々に「ゲーム」ネタを書こうと思います。そういうオビイチ自身が久々の登場ですが(汗)。

さて、ナムコがファミコン時代に出したスターウォーズのゲームがコレです。

SW_FC_0526


途中で縦スクロールのシューティングや擬似3Dのシューティング面になったりもしますが、基本的には横スクロール型アクションゲーム。昔のゲームらしく、プレイヤーを突き放した激ムズっぷりが爽快です。

実はこのゲーム、結構有名だったりしますから、これを読んでらっしゃる方にもご存知の方は多いのではないでしょうか。ライトセーバーで敵の攻撃を防ぐなんて概念はなく、遠隔攻撃できる光線銃のほうがランクが上の武器だったり、良く判らない名前の惑星が舞台になってたり、敵を虐殺すればするほどフォースが貯まるというフォースのなんたるかをまるで理解していない設定だったり(汗)というトンデモな設定なものですが、なによりこのゲームを有名にしたのは、やはり、

「オレサマ ハ サソリベイダー ダ」

と言って登場する1面のボスキャラでしょう(笑)。「サソリベイダー」……って誰だそれはと突っ込むまでもなく、ダメージを与えるとダースベイダーの姿から変身してただのサソリと化します。誰だ、というより、どんな生命体だ?というわけで、彼は二重の驚きを僕らに与えてくれます。きっとメイスがこれを聞いたら「パルパティーン議長がシスだった」ということよりもビックリするでしょう

SW_FC_0526B
↑サソリベイダーさんと戦うルークさん

このゲーム、ボスの名前のインパクトがあまりに強烈なためか(といっても、2面以降のギャオスベイダーやクラドスベイダーなどはあまり知られていないのですが)、ゲーム名よりサソリベイダーのほうが有名だったりしまして、その証拠に「サソリベイダー」でグーグリングするとワンサカとひっかかります。ただ、基本的に原作無視の珍作なため、そこはかとなく「クソゲー」という認識があるように感じますが、実はアクションゲームとしてみると(少なくとも発売当時としては)なかなかのクオリティを持った作品だったりします。アクションとしては良作です(あくまでも当時としては)。ただし『バカゲー』であることは否定できませんが

発売元も当時ファミコンをリードしていたナムコですし、カセット(<懐かしい響き)も青みがかった銀色でピカピカしてパチモノ感が最高ですし、値段も手頃ですし(400~1000円くらい)、コレクションとしてオススメです。

【2006/05/26 12:44】ゲーム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



週刊スター・ウォーズ メタルフィギュア・コレクション続報 ( Written By TAKA )

  昨日お伝えしたデアゴスティーニから発刊される、「ファクトファイル」に次ぐ新たなシリーズですが、本のタイトルが判明しました。リンクもしているローグ中隊様の「フィール・ザ・フォース」からの情報です。そのタイトルとは…「週刊スター・ウォーズ メタルフィギュア・コレクション」!むうう…もしかして映画に関係なく、フィギュアに関する本なのか?
 そして気になるお値段ですが、創刊号は790円であることは既に昨日でお伝え済み。2号からは1700円らしいです。予想よりも100円高かった…。本の内容が全然分からないので、付属のフィギュアの価値だけで考えると、1700円はどんなもんでしょうね?こりゃ欲しいフィギュアの号だけ買う、っていうセンも出てきました。
 

【2006/05/26 12:40】 | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |



デアゴスティーニからまたも! ( Written By TAKA )

 ここ数日SWの他サイトの掲示板に気になる情報が寄せられていました。それは「SWファクト・ファイル」を出していたデアゴスティーニ社から、新たなSWの週間本(隔週らしいですが)が発売される、というものです。何でも既にTVCMまでやっているとか。私これを最初に読んだ時は「そんなCM見たことねえぞ、スタートレックのやつと間違えてんじゃねえの?」と思っちゃったんです。だってデアゴスティーニのHP上にも何も告知されてませんし。
 
 しかーーし、もうどうやら実際発売されてるらしいんですな、コレが。しかもどうも広島限定で、らしいです。私ここで思い出しました。「そういやファクト・ファイルも最初は地域限定でテスト販売していたな…」と。その時も全国発売が決定されるまではデアゴスティーニHPには何の情報もありませんでした、どうやら今回もそのパターンですな。

 私「ファクト・ファイル」の時はテスト販売の時もわざわざ取り寄せて購入していました。で、今回も!といきたいところですが、やめときます。というのは、今回のやつのはどうもフィギュアが付属してるらしいんですね。ダブってもしょうがないんで。ちなみに今回のテスト販売の創刊号にはベイダーのフィギュアが付いてるみたいです。

 さて、この週刊本(しつこいですが隔週らしいです)正式に全国販売される事になったら考えます。「買います」じゃなくって「考えます」です。だってフィギュア付きとなったら、値段もそれなりのはず。毎週買えるか分かりませんから…。(創刊号の値段は790円らしいです。でもデアゴスティーニの本はいつも創刊号だけは安いんですよね。で2号からその2倍くらいの値段になります。ってぇことは…1冊1600円程度か?すると毎月3200円くらいかぁ…何とかいけるか!?)

※フィギュアは毎回付属するのか?まったく分かりません。新たな情報が入りましたら、またUPします。

【2006/05/25 21:07】 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |



こ、これは…! ( Written By TAKA )

 「SW」の簡易組み立てキットを多数販売しているコトブキヤから新たなブツが出ます。7月発売予定の「ルーク 帝国ver.」のことは以前もお伝えしてました。
STAR WARS ルーク・スカイウォーカー EP5Ver. (1/7スケール ソフトビニール簡易塗装済み組立キット)
STAR WARS ルーク・スカイウォーカー EP5Ver. (1/7スケール ソフトビニール簡易塗装済み組立キット)
壽屋 2006-07-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回お伝えしたいのは、その後の8月に予定されているブツです。それは「レイア・オーガナ」!「コマンダー・ブライ」の際にヒューマンタイプは顔の造形がイマイチの場合もあるので、あまり食指が動かないと書きました。で、この「レイア」発売の報。ヒューマンタイプだし、「レイア」ならいらないなあ…と思ってたら、写真を見てドビックリ!
STAR WARS レイア・オーガナ ジャバズ・スレイブ Ver. ( 1/7スケール ソフビ製 塗装済 組立てキット )
STAR WARS レイア・オーガナ ジャバズ・スレイブ Ver. ( 1/7スケール ソフビ製 塗装済 組立てキット )
壽屋 2006-08-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

leia   leia2
ガーーーーン!…ちょっと、いや結構欲しいかも…。映画「ジェダイ」では個人的にピクリとも来なかったレイアの衣装ですが、このソフビは…結構、いやかなり欲しいかも…。人形を見てドキドキするなんて、俺は変な趣味あったのか!?…かなり、いや絶対欲しいかも…。でもこれ飾ったら妻に何て言われるか…。

追記:顔のアップ写真とか見てたら、やっぱ微妙~。何かドキドキもなくなっちゃいました。まあ熱しやすく醒めやすいってことで。でももう予約しちゃった…。

【2006/05/23 13:27】フィギュア | TRACKBACK(1) | COMMENT(4) |



5/19-21北米BOX OFFICEレポート ( Written By TAKA )

  先週末における北米での興収をレポートします。上位5位まで追ってみましょう。

1位「ダヴィンチ・コード」約7700万ドル
2位「森のリトル・ギャング」約3720万ドル
3位「M:I-3」       約1100万ドル
4位「ポセイドン」    約920万ドル
5位「RV」        約510万ドル

 大方の予想通り「ダヴィンチ」が圧倒的な強さで首位に躍り出ましたた。ほぼ全世界で同時公開され、その内容からキリスト教信者などから反発をくらってることでも話題になり、逆に宣伝効果も生み出しているようです。公開第1週末北米記録としては歴代13位(1位は「スパイダーマン」の約1億1480万ドル、2位は我らが「シスの復讐」の約1億840万ドル)で、13位と聞くと「それほどでもないか?」と思われそうですが、しつこいですけど歴代ですので、十分立派な数字と言えるでしょう。製作費は約1億2500万ドルかかっていますが、この分だと北米だけでアッサリと回収できそうですね。全世界的規模で見るともっと凄く、全世界週末記録歴代2位の約2億2400万ドル(1位は「シスの復讐」の約2億5200万ドル!)を叩き出しました。日本でも全スクリーン数の30%近くを「ダヴィンチ」が上映されているという、超拡大体制で封切られ、その長蛇の列はニュースでも話題になっていました。

 その他の大作「M:I-3」は公開3週にして、累計1億ドルを突破しました。この分だと製作費の1億5000万ドルを北米だけで回収するのは難しそうです。製作陣も当てが外れた結果でしょうね。それ以上なのが「ポセイドン」…公開2週での累計は約3680万ドル…。公開されたばかりのドリームワークス製CGアニメ「森のリトル・ギャング」は公開第1週末だけの記録で「ポセイドン」を抜き去っています。ただしこの「森の~」の成績も、今までのドリームワークスCGアニメ「シュレック」「シャーク・テイル」の出足に比べれば少し物足りない数字ではあります。

 さて今週末は「X-メン3」が公開されます。1作目は約1億5700万ドル(北米歴代124位)、2作目は約2億1500万ドル(北米歴代57位)と稼いでますので、今回でまたUPといくか!?

【2006/05/22 09:10】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



トリロジー・オリジナルDVDについて ( Written By TAKA )

  先日「スター・ウォーズ」旧三部作のオリジナル版がやっとDVDで発売されるというニュースを当ブログでUPしました。他SWサイトでもかなり取り上げられていましたね。そのDVDについて少し気になるニュースが入ってきました。ソースはここです。

 そのサイトによると、今回のDVDのマスターは「LD、VHSマスターからの流用」らしいのです。ということは今回のリリースのために新マスターを作成する訳じゃないということですね。そして更に痛いのが「アナモ仕様ではない」ということ…。スペシャルコレクションで発売されたLDの画質は決して悪くはなかったですが、むうう…。やっぱりルーカスにとっての決定版は「特別篇」であって、今回のオリジナル版発売はあくまでファンサービス的な程度であって、そんなに力を入れていないのかなあ。この情報が誤報であるか、または変更になることを切に望みます。

 更に、公式サイトにて、ジャケット画像が公開されました。
hopeempirejedi

【2006/05/18 13:35】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |



ブログネタが尽きる前に早く作ってくれっ! ( Written By TAKA )

少し気になるニュースが入ってきました。以下はeiga.comからの引用です。

 プロデューサーのリック・マッカラムによると、TV版「スター・ウォーズ」企画が予定よりも遅れているそうです。アニメ版と実写版の準備が同時進行しているんですが、「クローン戦争」の続きを描くアニメ版は少なくとも1年後、「エピソード3」と「エピソード4」の間を描く実写TV版の実現には、もっと時間がかかると…。彼によると、「色々な脚本家と検討しているところで、少なくともあと18カ月はかかるだろう」とのこと。また内容についてもコメントしています。「すべて新キャラクターで、ルークが成長するまでの20年間を描くことになる」。「まだ初期段階で、方向性すら決まっていないんだ」。おいおい…、

 グッズなどのネタで何とか繋いでいますが、映画(今回の場合はTVですね)のネタが乏しい現状、製作陣には是非頑張って欲しいです。

 またルーカスが製作に関わる「インディ・ジョーンズ4」の撮影開始は来年にずれ込むそうです。おいおい…ハリソン・フォードが確実にお爺ちゃん化してきているので、こちらも早期開始を望みたいですね。

【2006/05/17 12:32】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



少し補足 ( Written By TAKA )

STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE VOL.2
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE VOL.2
ホビージャパン 2006-05-31
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このムック本が5月31日に発売延期になっていたことは、当ブログでも既にお伝え済みです。当初Vol.1~Vol.3の連動企画として動いていた「ダース・ベイダー レイヴァ・リフレクション」フィギュア購入権獲得キャンペーンですが、今回の発売延期を受けて、Vol.1~Vol.2のみでOKという企画に変わっていました。ここで告知されています。
 しっかし以前にも書きましたが、所詮EP3カードフィギュア、映画が公開されてから1年近く経過するのに、欲しい人がどれだけいるんでしょ?と言っても自分も買うと思いますし、やっぱマニアは動くんでしょうねえ。Vol.3以降でも何かキャンペーンやるんですかね?
 さあこれで心配は本が本当に今月末に発売されるかということだぁ…。

【2006/05/16 10:12】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



久々に北米BOX OFFICEレポート ( Written By TAKA )

  毎年大手メジャースタジオは5月~サマーシーズンの稼ぎ時にビッグバジェットの大作を送り出してきます。今年もその例に漏れず、魅力的なラインナップが揃いました。ざっと公開順に挙げただけで…
※作品名の後に北米公開日・日本公開日

「M:I-3」(5/5・7/8)
m:i-3

「ポセイドン」(5/12・6/3)
poseidon

「ダヴィンチ・コード」(5/19・5/20)
monalisa

「X-メン3」(5/26・9月予定)
X3

「カーズ」(6/9・7/1)
cars

「スーパマン リターンズ」(6/30・未定?)
superman

「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(7/7・7/22)
pirates2

 上記のうち「M:I-3」「ポセイドン」は既に北米で公開初日を迎えています。それではその2作の興行収入を追跡してみましょう。
それでは5/5に初日を迎えた「M:I-3」の5/5-7の第一週末の成績です。
1位「M:I-3」約4750万ドル
当然の如く1位スタートとなりました。しかし果たしてこのスタート成績は満足のいくものだったのでしょうか?シリーズ前2作と公開第一週末成績と比較してみましょう。
1996年「ミッション・インポッシブル」1位-約4540万ドル
2000年「M:I-2」1位-約5785万ドル
3作ともにトップ1でスタートを切っています。今回の「3」は「2」には及ばずとも、「1」を超えるスタートのように見えますが、見逃せないデータがあります。それは公開館数です。「1」は3012館、「2」は3653館、そして「3」は4054館です。「1」より1000館以上も多いのに、興収は「1」のそれを僅かに上回っているだけ、これは事実上シリーズ最低のオープニング成績と言えるでしょう。また製作費も「3」は「1」の2倍近くかかっています。「4」の製作の雲行きは怪しい、という噂まで早くも出ています。実際、業界の「3」のオープニング成績の予測は6000万ドル以上だったらしいのですが、最近のトム・クルーズの人気の下降は分析家の予想を上回っていたのかも。

 次に先週末5/12-14のレポートです。「ポセイドン」も公開されましたし、「M:I-3」との激突の行方は?
1位「M:I-3」約2450万ドル
2位「ポセイドン」約2030万ドル
と、「M:I-3」が2週連続1位となりました。第1週末から第2週末にかけての「M:I-3」の下げ率は前2作のそれよりマシでした。案外持久力はそこそこあるかもしれません。それでも最終的な興収は製作費の1億5000万ドルを少し上回るだけになるかな、というのがTAKAの予想です。まあ現時点で全世界の興収を合わせると、既に製作費以上は稼いでいます。しかも北米に次ぐ稼ぎ頭の日本での公開も控えてますので、最終的には大黒字になるのは間違いないところでしょう。

 そして「ポセイドン」。「M:I-3」を上回る製作費の1億6000万ドルをかけた作品にして、このオープニング成績は映画の内容じゃありませんが、沈没ものですな…。「M:I-3」ほど海外での集客力があるとも思えませんので、こりゃ厳しいっス。個人的に期待していただけに、この結果は何とも…。やはりあの名作をリメイク、という企画自体無理だったのか!?

 今週末には「ダヴィンチ・コード」が(ほぼ)全世界同時公開されますし、しばらくBOX OFFICEレポートを続けたいと思います。

【2006/05/15 11:38】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



たまには読書 ( Written By TAKA )

  もうすっかり秋も深まり、読書にピッタリの季節になってきましたねえ。ほら、耳をすませば今も虫の声が…。え?季節が全然違うだろ、って?気にしない気にしない、一休み一休み。ということで(??)久々に読書しましたので、今回はそれに絡めて。中学~大学時代は結構本を読んだものでしたが、就職してからめっきり…という人は少なくないと思います。かくいうTAKAもその一人。そうですねえ、近年では1年間に2~3冊読めばいい方でしょうか。しかもそれも購入してではなく、図書館から借りて、という形です。今回はGWを利用して、久方ぶりに読書してみました。といっても結局GW終盤から読み始めて、何とか夜にちょこちょこと読み進めて、昨日読み終わったのですが。で、これを読みました。
ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何か今更の感もあったんですが、ほら最近映画化でまた随分話題になってますし、その映画も見に行けるか分からないので、とりあえず原作だけでも。
 
 で、感想ですが「ふ~ん、こんなもんか」ってなもんです。いやつまらなかった訳じゃないんですが、全世界でこれだけのベストセラーになってるのがイマイチ分からないような気が…。宗教的な事とか、自分の知らない事で「ほほ~っ」と唸らせる所は確かに存在しましたが、お話の展開のさせ方は正直あまり琴線に触れるもんじゃありませんでした。悪の黒幕だって正直意外性がなかったし、「聖杯」の解釈は面白かったけど、その正体は…?も想像はつくような感じでした(一回突き放されたけど、やっぱ予想通り)。前述のように数夜少しずつ読んだはずなのに、結構時間かからないで読めました。こんなお手軽さ、何か経験あるような…あっ、シドニィ・シェルダンだっ(これ反論ありそうだなあ)!

 とは言え、映画も見たくなくなったか?と言われるとそうでもなく、映像でどう処理してるかが気になりますね。20日公開かあ、行きてぇなあ。無理かなぁ…。

 本といやあ、これまた世界的ベストセラーの「ハリポ」最新刊「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が今週発売になりますな。
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はこれも映画だけでなく、原作も一通り読んどります。今回も図書館に予約済み、さてまた秋の夜長(気にしない気にしない)に読書にふけるとしますか。

【2006/05/14 22:31】その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



少林寺木人拳 ( Written By TAKA )

  前回の「蛇拳」から少しさかのぼって、今回は1976年作品のこれ。
少林寺木人拳
少林寺木人拳ジャッキー・チェン チェン・チー・ホワ ルン・ユァン

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-02-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 監督はジャッキー主演で他に「天中拳」「蛇鶴八拳」を撮っているチェン・チー・ホワ。またロー・ウェイが共同監督として名を連ねています。共演に上記2作の出演者がかなり出ています。適役も3作とも同じ人ですし。またチンピラ役でユン・ピョウがチラッと出演しています。
 
 お話は…幼い頃に覆面の悪漢に父を殺されたジャッキーはそのショックで(?)聾唖になってしまいます。少林寺に入門して修行に励むわけですが、なかなか上達しません。ふとしたことから洞窟に監禁されている男から拳法を教わることになったジャッキーはメキメキと腕を上げて、下山のための卒業試験に合格します。下山した後立ち寄った町でジャッキーは権力争いに巻き込まれて…というもの。お話自体にそれほど面白さは感じれないものの、アクション的にはなかなか見応えがあり、今でも根強いファンを持つ作品になっています。
 
 聾唖という設定(どんでん返しがありますが)のジャッキーは終始表情とボディーアクションで感情を伝えますが、それがなかなか新鮮。また前述のようにアクションがいいです。オープニングの五獣の拳の演武がナイス。
 
 この映画で一番の白眉はやはり上で書いた「下山のための卒業試験」でしょう。それは木人と闘うこと!木人っていうくらいだから、多分木製なんでしょう。しかーし、この木人、何とロボット(だよなあ)!動力源は何?少林寺ってスゴイ科学者抱えてるなあ。この木人たちが可愛らしく腕を前にピョコピョコ足を前にピョコピョコして、挑む挑戦者に襲いかかる!どう見ても間抜けな図なんですが、劇中ではボコボコにされる挑戦者も出てきますので、多分物凄い強さなんでしょう。TVでオンエアされた翌日は「木人ごっこ」が流行りましたっけね。
 
 この作品も日本公開時に日本独自につけた主題歌「ミラクル・ガイ」が存在しますが、それが流れる流れないでは、ノリに天地ほどの差があります。ただ残念ながらこのバージョン、今まで一度もソフト化されていません。
 
 実はTAKAはこの作品そんなに好きでもありません(嫌いな訳でもないけど)。やっぱ暗いんですよ、内容が。ただ妙に後に残る雰囲気もあり、そこら辺が根強いファンがいる要因になってるのかも。(見終わった後に、饅頭の皮をはいで食べたくなりませんか?分かる人は分かりますよね 笑)

※「卒業試験」として木人とではなく、銅人と闘う「少林寺への道」というステキな作品も存在します。この銅人、どう見ても金粉塗った被りものにしか見えませんが、多分正真正銘の銅製でしょう。またスリムタイプの銅人も存在します。このタイプはどう見ても人間が金粉塗りたくってるだけにしか見えませんが、多分目の錯覚、正真正銘銅製でしょう。木人に銅人、いやあ少林寺ってファンタジーだなあ。ちなみにこの「少林寺への道」、私は劇場鑑賞してます。もしかしたら「木人拳」より好きかも。ただ残念ながら未だに日本ではDVD化されておらず(ビデオは以前出てました)、私は香港盤で所持してますが、字幕も欲しいなあ。



コマンダー・ブライ到着! ( Written By TAKA )

  このGW中に発売されたコトブキヤのソフビ新製品「コマンダー・ブライ」が本日到着しました。
STAR WARS クローン・トルーパー コマンダー・ブライ (ソフトビニール製塗装済み簡易組立てキット)
STAR WARS クローン・トルーパー コマンダー・ブライ (ソフトビニール製塗装済み簡易組立てキット)
壽屋 2006-05-04
売り上げランキング : 2,135


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フィギュアなど基本的に未開封派であるTAKAでもこのシリーズだけは積極的に開封しております。で、今回も早速開封して組み立てました。
bly

で、とりあえず開封してる分の他トルーパー系3体並べて飾ることにしました。こんな感じ
trooper1

もういっちょ別角度から
trooper2

いやあ~壮観ですな!かっちょええ~!!30半ばもとうに過ぎたオッサンが自室で一人ニヤニヤしております。トルーパー系ではこの他にルーク版のストームトルーパーを所持してますが、この他にも出てたトルーパー系は全部買っとくんだったなあ…。で、全部並べて飾っておく、と。

 現在コトブキヤのSWソフビではホスver.のルークが現在予約受付中になっていますが、TAKAはそれはパスしようかなと。やっぱヒューマンタイプよりもエイリアンタイプ、クリーチャータイプ、トルーパーのような被り物タイプがいいっスねえ。ビブ・フォーチュナとか出してくんねえかな。あ、あとジャバも。でもジャバとかもし出たら、組み立てるパーツが異常に少なそう(笑)。

【2006/05/07 20:25】フィギュア | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



まさかまさかの大逆転!オリジナル!! ( Written By TAKA )

 何と何と何と!オリジナルの「スター・ウォーズ」旧3部作のDVD化が決定しました!公式サイトによる発表ですので、間違いのないところです!
http://www.starwars.com/episode-iv/release/video/news20060503.html
当ブログにまで足を伸ばして頂いている方々には説明不要の事だとは思いますが、「何だよ、SWなんてもうDVD出てるじゃん、何言ってんのコイツ?」という方のために一応の説明を
 2004年に発売されたDVD「スター・ウォーズ トリロジー・ボックス」はそれぞれの初公開時の「スター・ウォーズ」を(主にSFX部分で)改変した1997年公開の「特別篇」を元に商品化したものでした。しかし単に「特別篇」をソフト化したのではなく、更に手を加えた第3のバージョンだったのです。旧三部作をリアルタイムで劇場鑑賞した(私を含む)ファンは、オリジナルの「スター・ウォーズ」への愛着も強く、「特別篇は特別篇でいいけど、オリジナルもDVDで商品化して欲しい」と思っていたものでした。しかしルーカスは「私が認めるスター・ウォーズは特別篇だ、オリジナルは永久封印」みたいな発言をして、我々ガックリ…。こういった現状だったのです。それだけに今回の発売アナウンスは正にドビックリ!!

 北米での発売は9月12日。今までのケースから考えても、それから1ヶ月くらいで日本でも発売される事でしょう。(北米では)12月31日までの限定生産らしいです。以下は北米でのリリース仕様。
・各エピソードが2004年のデジタル・リマスター版と初公開バージョンの2枚組み。
・初公開バージョンはドルビー2.0サラウンド(ショボイ…)
・英語・フランス語・スペイン語のキャプション付き

 リリースされる事は素直にメデタイのですが、不安点もいくつか
・次世代ディスクのソフト発売も順次されていっている昨今で、どれだけのニーズがあるのか?
・またまた「前回出たの持っているからいいや」って人が多いと思われる中、マニアだけが買うことになるのではないか?(俺が心配する事じゃないか…)
・2004年版ってことは…持ってるやつとダブる…せめて1997年版の特別篇にしてよ…
あと個人的に
・オリジナル版を見るためだけに所有していたLDプレーヤー、いよいよ用無しになるのか…

 特典とかどうなんるんでしょうねえ。あと「新たなる希望」は「EPISODE IV: A NEW HOPE」の表記がないやつになるのかな?
何にせよメデタイ!!

【2006/05/04 21:43】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |



スネーキーモンキー/蛇拳 ( Written By TAKA )

  世の中はGW(ゴールデン・ウォーズ)で浮かれていますが、TAKAは特に予定があるわけでもなし。土曜日も出勤ですし…。ということで(?)今回はジャッキー・チェンが香港で本格的にブレイクするきっかけとなったこれ。
蛇拳
蛇拳ジャッキー・チェン ユエン・ウーピン ユアン・シャオチェン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-14
売り上げランキング : 13,613

おすすめ平均 star
starこの価格なら、買いでしょう!
star永遠のヒーロー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 1976年作品。監督は「マトリックス」のアクション振り付けで世界的に有名になった感のあるユエン・ウーピン。この直後に製作された「酔拳」とほぼ同キャスト・スタッフで製作されています。ちなみに日本では公開順が逆となり「酔拳」「蛇拳」の順に公開されました。
 ロー・ウェイ・プロダクションの元ではなかなか芽が出ずに、他社に貸し出しという形でジャッキーが主演したのが上記の2本です。結局これらの作品がヒットして、後にロー・ウェイの元からジャッキーが去るきっかけになってしまうのはローにとって皮肉というべきか。
 お話は非常にシンプル。武術の二つの流派の争いに巻き込まれた形となったジャッキーが蛇拳を習得し、窮地に陥った老人(蛇拳の師匠)を救うといったもの。後の「酔拳」ほどコメディ寄りではありませんが、とてもノンビリした雰囲気が心地よい作品に仕上がっています。師匠役に「酔拳」と同じユエン・シャオティエンが扮し、「酔拳」に劣らない師弟愛を感じさせます。ちなみにこのご老人、ジャッキーが少年期を過ごした京劇学院にもゆかりのある人で、ジャッキー自身少しやりにくかったとか。
 この作品が香港でうけたのはやはり修行シーンが新鮮だったことではないでしょうか。もちろんそれまでの香港カンフー映画にも修行シーンはあったと思いますが、今作のジャッキー&師匠のキャラ、そしてジャッキーの身体能力の高さ&役者の魅力が世間にやっと認められたのだと思います。実際今鑑賞しても面白いし、昔はTVの洋画劇場ではヘビーローテの定番でした。
 一部では有名ですが、クライマックスのバトルでジャッキーの衣装が急に破れていたり、歯が急に欠けていたりと、「欠落シーンは現存するのか?」もよく議論されています。
 近年のハイテンポなアクション映画を見慣れた人には、少しテンポがゆったりしているような印象を受けるかもしれません。でもTAKAはそのゆったりした雰囲気が好きです。飽きませんね、この映画。ジャッキー初期作品群でも傑作と断言しましょう。





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    04 | 2006/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。