SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



龍の父、天に召される ( Written By TAKA )

 ジャッキー・チェンのファンならお馴染みの「いつもパイプをくわえてるジャッキー・パパ」が2月26日に前立腺癌のために亡くなったそうです。享年93歳。
jackie_family 談笑する親子
ジャッキーは現在新作「新宿事件」撮影中で、父親の最期を看取れなかったとか。ジャッキーは母親を亡くした時も同じでしたね…。

 病死とは言え、93歳。十分天寿を全うしたと言ってもいいのではないでしょうか。波乱万丈な人生を送った人らしく、ドキュメンタリー「失われた龍の系譜」を見れば、そこら辺の片鱗を知ることが出来ます。

 両親を大切にしていたジャッキー、母親を亡くした時も随分ショックを受けていたようですが、今回も(またも最期を看取れなかっただけに)ショックは大きいでしょうね。ファンとしては一日も早くこの痛手から立ち直って欲しいところではありますが…。とにかく御冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト



ライラの冒険 黄金の羅針盤 ( Written By TAKA )

 今日もまた自宅では更新できなかったネタを一発。先週の土曜日、件名の作品を先行ロードショーで見てきましたー。劇場は半分以下の入り、話題作なのに寂しいですのお。
golden compass


 何でも原作はイギリスではベスセラーになってる児童文学らしいですね、TAKAは今回の映画化ニュースが入ってくるまで、全くその存在を知りませんでした。その3部作からなる原作の第1巻を今回は実写化。

 監督は「アバウト・ア・ボーイ」のクリス・ワイツ。主人公のライラ役にオーディションで選ばれた新星ダコタ・ブルー・リチャーズ。ダコタちゃんと呼んでしまえば、同じく天才子役と言われているダコタ・ファニングと勘違いされそうですね。他にニコール・キッドマン、ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ、彼と「カジノ・ロワイアル」で共演したエヴァ・グリーン、彼が出ると何故かB級の香り漂うサム・エリオット、そして我らがドゥークー伯爵ことクリストファー・リーなどが出演。でもこの人達の出番はそれほど多くないです、ドゥークーなんて出る意味があったのか思えちゃうほど。ダコタちゃん出ずっぱりですよ。他にボイスアクターとしてイアン・マッケラン、キャシー・ベイツなんかが参加してます。

 では今回も簡潔にレビューを。要するにそれほど感心しなかったことです(残念)。
 まずはテンポ良すぎ!世界観にそれほど浸れないまま、観客置いてけぼりです。エンドクレジット(長い!)を抜かせば、正味100分ちょっとでしょうか。原作は上・下2冊から成っているのに、この上映時間は少し短いのでは?いや長けりゃいいってもんじゃないですが、もう少しタメがあってもいいんじゃないか?って思えますよ。一体物語がどこに向かって展開しているのか、少し把握しづらいです。子供もターゲットになる映画なのにちとキツイのでは?まあ画面を眺めている分にはそれほど退屈しないので、それでカバーということなのでしょうか…。サクサクお話が進む分、物語の深みという点では徹底的に喰いたりなさが残ります。「エラゴン」みたい、って言えば感じが分かってもらえるかな。
 各キャラも残念ながら魅力的とは言い難かったです。特に痛いのが重要キャラであるクマのイオレクが魅力薄なこと。大体(原作通りなんでしょうが)クマが二本足で、人間のように働いてる登場シーンで苦笑しちゃいました。また人間キャラたちが、何を考えて行動してるのかも、この映画だけでは理解しづらい。原作を読めば分かるのでしょうか?

 少なくとも「ナルニア国物語」よりは面白かったです、でもそれほど大差はないかも。やはり一番の難点は脚本ですね、なんであんな急ぎ足で展開させちゃったのかな。

余談:もう3月も近いのに、こちら東北ホス地方はなかなか春の足音が聞こえてきません。観賞後の11時くらいに劇場から出ると、外は猛吹雪!!周りに誰もいないのをいいことに「寒いーーっ!」って絶叫しながら帰宅しました。

※北米興収データ…約7000万ドル(歴代640位、2008.2時点)
製作費は訳1億8千万ドルかかってますんで、北米だけで見れば惨敗です。が、全世界で見ると3億3千万ドル以上稼いでますんで、一応面目は保ったという結果に。ただ第2作製作のニュースは現時点では全く聞こえてきません。どうも製作のニューライン側では、今回の日本公開の成績を受けて、最終決断するようですね。



いよいよ日本でも公式イベントがっ! ( Written By TAKA )

 最近自宅からの更新が出来ませぬ。いや暇がないから、と言うわけではなく、何かブログの更新ページにうまく繋がらないのですよ。職場からなら大丈夫(何で?)なので、当分は職場から更新(いやいつものことなんですが、不良社員…)することになります。ということで、今日は本来なら土曜の晩に触れるはずだったこいつだっ!

 もう既にSW関連サイトではどこでも触れてますが、ついに日本でもルーカス公認の公式イベントが開催!
celebration

メール登録すると、イベントの情報などが送られてくる模様。詳細は公式ページにて御確認を。7月19~21日に幕張メッセで開催予定。いろんな展示や、コスチュームコンテスト(コスプレか?)、イベント限定グッズの販売なども当然あるらしいです。

 当然TAKAが一番最初に思ったことが「俺は行けるのか!?」ということ。19日が土曜日、当然20日が日曜日、月曜日も海の日(多分)で休みだっ!でも土曜は出勤&休日出勤も多い我が職場、先ほど来年度の仕事予定表はどうなってるか確認してみました。ガーーン!日曜日か月曜日に仕事が入る可能性が…(ま、あくまで予定ですが)。大体こんなのは一人で行くより、大勢でワイワイ楽しみたいもの。でもTAKAの周りには、千葉(だよね?)まで行くぞっ!ほどの熱狂的なSWファンはいませぬ。仕事&一緒に行く人で既に暗雲が…。うう、こういう時はホント地方(しかも田舎)在住は辛いですのお。

【2008/02/25 09:51】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |



とりあえず3本

 HD DVDだけにソフトを供給していたユニバーサル・ピクチャーズが「今後はBlu-Rayに提供していく」と取れるコメントを早くも発表しましたな。あああ、DVD→次世代ディスクへの買い換えが始まったばかりなのに、HD→Bluも始めなきゃならんとは…。

 さて2月も下旬を迎えようとしています。今週末は「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を先行ロードショーで見に行く予定。
golden compass

「LOTR」は面白いけど「ナルニア物語」はイマイチと思ってるTAKAにとって、何となく「ナルニア」と同じ臭いがするのが不安要素ですが。

 3月にはいるとまずはアナキン&メイス共演ならば見なきゃいけない「ジャンパー」。
jumper

めでたく北米では公開第一週末に第一位発進しとります。まあアドベンチャー映画として肩肘張らない娯楽映画に仕上がってれば、TAKAとしては満足です。

 「ジャンパー」見たら、翌週はディズニーの「魔法にかけられて」です。
enchanted

予告編がバカバカしくも面白そうでした、北米でもそれなりのヒットを飛ばしましたし。コメディ映画を劇場で見るのはいつ以来だろう?



イヤんなっちゃうなあ ( Written By TAKA )

 「東芝HD DVD事業から撤退か!?」と報道を賑わせたのが数日前、その時点では東芝側は「まだ正式決定には至っていない」とコメントしてました。でも本日東芝側から正式な発表がありました。

 「HD DVD買ったどーー!」とはしゃいでいたのが約4ヶ月前。年が明けてのワーナーHD DVD陣営離脱のニュースからバタバタときちゃいました。プレーヤーを買った時点では「いずれBlu-Rayで決まりだろうけど、まだもう少し先の話だろう」と思ってたのに…。実質4ヶ月程度で我が家のHD DVDプレーヤーがお役目を終えようとは…。まあこれを見越してソフト自体は7本(それでも7本!)しか買ってなかったんですけどね(Bluソフトは既に20本を越えました)。それでも「出費が無駄になった!」という思いはありますよ。あああ…こんなんだったらHD側への投資をBlu側に回すんだった。これでHD DVDソフトの投げ売りが始まるんでしょうかね?でも先がないのに投資をする気にもなれませんわ。俺もソフトをオークションに出すか。

 HD DVD合掌…チーーン…。

【2008/02/19 17:27】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



劇場公開!? ( Written By TAKA )

 公式HPに「クローン大戦」CGアニメの情報がUPされました。それによると北米で8月15日に劇場で公開され、その後TV放映へとシフトしていくそうです。

 いやいやこの流れは意外でした、まさか劇場公開するとは。それとも皆さん周知の既出の戦略だったんでしょうか?日本でも公開されるんでしょうかね?北米の8月と言えば、一応サマーシーズン終盤辺りになるのかな。とすれば日本は正月公開?それとも秋口の公開?何にしても実写ではないにせよ、再びSWの新作がスクリーンで見られる可能性が日本でも出てきたわけです。

 もう一つ意外だったのが、配給が20世紀FOXではなく、ワーナーブラザーズだったこと。「SWといえばFOX」ではなく、ワーナーだったとは。TV放映はカートゥーン・ネットワークだそうです。毎週30分のシリーズになるとのこと。

 そういや実写版の製作はどの程度まで進んでるのでしょう。まだ脚本段階?

【2008/02/13 08:56】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



映画徒然日記 ( Written By TAKA )

 今日はレビューで大々的に取り上げなかった映画群を。前回書いた時から約4ヶ月たってますんで、凄い量になってますよ…一部だけいきます。古い映画も入ってます。

「シーナ」TV「チャーリーズ・エンジェル」の元エンジェル、タニヤ・ロバーツ主演。まあはっきり言えば女版「ターザン」ですわ。久々の再鑑賞、彼女に興味がなければ随分キツイ仕上がり。
「リーピング」オスカー女優ヒラリー・スワンクのホラー(?)事件の真相とエンディングの2段オチで、それなりに見応えはあったかと錯覚させられます。が、お話自体は今まで何となく見たことあるような…でそれほど新味はなし。「10の災い」に関しては「ハムナプトラ1」でもあったし、デミ・ムーアの「第七の予言」もこの類じゃなかったっけ?少女がサタンであるかもしれない力を発揮するシーンは何となく「オーメン」か、そこでかかる音楽もそれっぽいし。悪魔崇拝の村人達が主人公を囲むシーンは「悪魔の追跡」を思い出させるし、そこから始まるスペクタルは「炎の少女チャーリー」?結局主人公がお腹にサタンを宿してたってのは「ローズマリーの赤ちゃん」を初めとして、かなりありますな。新味なしとは言え、赤く染まった川など印象的なシーンもあり。それなりには楽しめます。
「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 EPISODE1」 竹内力が高校生を演じると言う時点で力業勝利あったような企画。でも全てが竹内力におんぶに抱っこ。ただそれだけで成立してしまうってのは、奴がスゴイっていう証しか…。
「ハロウィンⅢ」マイケル・マイヤーズが登場しないシリーズ番外編。ネットなどを見ると、余りにも評価が低いので鑑賞に躊躇したのですが…。いやいや退屈しませんでしたよ、確かに細部とかボカし過ぎて「結局何がやりたかったのかなぁ」は否めませんが、2倍速で見たのが功を奏したか!?
「ゲゲゲの鬼太郎」ウェンツ主演。一緒に見た息子の鑑賞後の第一声「あんまり面白くなかったね」、メインターゲットであるはずの層のこの感想が全てを物語ってるんでしょうな。で、親父の私は「思ったほどひどくはなかったな、うん」いやマジでそう思いました。でも脚本は穴あり過ぎ。子供向け映画でも、もう少ししっかりしようよ。
「大帝の剣」阿部ちゃん主演の娯楽SF時代劇。源九朗のキャラはありがち、姫のキャラは無いも同じ、佐助はただウルサイだけ。お話は悪い意味で荒唐無稽、面白みなし。じゃあアクション時代劇としてどうかと言うと、活劇の興奮感は皆無…。これでは厳しいですのお。
「ゾディアック」デビッド・フィンチャー監督のサスペンス。退屈こそしなかったものの、映画に何らかの爽快感・高揚感を求める私にはこの淡々とした「事実追い」の映画はちょっと…。バーン!と高らかな音楽&見せ場があればまた違ったんでしょうが、そうするとかなり違う映画になっちゃうか。
「シュレック3」お馴染み緑のモンスターのCGアニメ第三弾。前作まではまだあったパロディ的な面白さは随分影を潜め、単なるドタバタに終始した感が。ラストのファミリームードで幾分ごまかされはしますが、こりゃ製作予定の「4」はよっぽどストーリーを練らなきゃキツイっスよ。
「ザ・ディフェンダー」ジャン=クロード・ヴァン・ダムが初期作「ライオンハート」「ダブル・インパクト」で組んだシェルドン・レティック監督とのコンビ復活(って最近も組んでますが)!ってことで期待したんですが…。住宅街の裏庭で繰り広げられる抗争レベルの作品でした、見せ場も当然それほどの迫力があるわけでもなし、残念。
「アドレナリン」ジェイソン・ステイサム主演の激烈バカ・アクション。とにかく豪快にバカ。よくこんな脚本をスタジオのお偉方が通したもんです。とは言え、さほど笑えはしないし、アクションも唸るほどではなし。特にお話の決着のつけ方にはもう二捻りほど欲しかった。
「デスペレーション」スティーブン・キング原作のTVムービー。見てるこちらも何が起きてるかさっぱり掴めない中盤までは結構いいです。でも事の真相が明らかになってくると、スピリチュアルな方面にいっちゃって正直興味は減退。ここら辺西洋人には面白いんでしょうか?
「封印殺人映画」主に80年代、そして近年にかけてのスラッシャー映画のドキュメンタリー。作品に込められたメッセージは決して目新しいものではないですが、ホラー好きなら次々と画面に出てくる映画の各シーンを眺めてるだけで全く退屈しないことでしょう。
「スローター 死霊の生贄」自主製作映画っぽさがあるホラー。あまりにも馬鹿馬鹿しいお話にうろたえる登場人物達にため息が…。その内丸っきりのコメディになっちゃいますが、クスリとも笑えず。ラストも全く理解不能。
「ヒミツの恋愛トレーニング」爆裂ボディの知る人ぞ知るケリー・ブルック主演のロマコメ。いやねそういう(どういう?)興味で見たんですが、そっち方面(どっち方面?)は全く…。映画としても新味のない感じでした。
「レイクサイド」フォレスト・ウィティカー、ガブリエル・アンウォーというそれなりどころが主演してにも関わらず、日本じゃ未公開ビデオスルーなサスペンス・ホラー。まあこの程度じゃ未公開も仕方ないか。
「シャドウ」「キャンディマン」のトニー・トッド出演の監獄ホラー。スプラッターにカンフーアクションを取り入れた製作陣の趣味が見えますが、はっきり言って時間の無駄でした。
「TATARI2」いつのまにか続編が出来てたんですね。前作は惜しい出来のホラーでした。まあ今作もそれなりの雰囲気はありますが、ジャンルファンでもなければ、お金を払ってレンタルしなくてもいいのでは。
「ザ・ヒル」もうタイトルまんま、ヒルが人間を襲うパニック映画です。時間と金を返して欲しい…。

 これでも取り上げるべき3分の1の数ですが、残りはまたの機会に。

【2008/02/12 15:12】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



L change the WorLd ( Written By TAKA )

今年最初の劇場鑑賞作と相成りました。しかも邦画を劇場で見るのは「TRICK」の1作目以来か!?
L

 映画館が中にある建物に足を踏み入れると、ズラッと行列が!レイトショーとは言え、初日ですからね、さすが話題作。でも結局劇場内は8分程度の入りだったでしょうか。

 監督は「DEATH NOTE 前後編」の金子修介から、「リング」の中田秀夫へとバトンタッチ。主役のLにはもちろん松山ケンイチ、この人「DEATH NOTE」でブレイクしましたが、このL役はホントに雰囲気を上手くつかんでると思います。他に工藤夕貴、高嶋政伸、鶴見辰吾、ナンちゃん(敢えてこの呼び方、しっかし一人で浮きまくってました)などが出てます。「DEATH NOTE」のキャスト陣も、新たに撮り下ろしたり、またはフィルムを使い回したりしてチラッと登場します。

 お話は…デスノートに自分の名前を書いてからの23日間で、ウィルス・テロに挑むLの姿を描くというもの。

 今回は手短にレビューいきます。というもの、琴線に触れるようなシーンがあまりなかったから…。つまりはっきり言って、イマイチに感じました。今作公開前に「DEATH NOTE 前後編」をTVでオンエアするなど、世間の認知度&期待度を高めたのは興行戦略として正しいものでしょう。そして、それだからこそ、レイトショーでもズラッと行列が出来たんでしょうね。多分日本各地とも、かなり好調な興行ダッシュを見せているんじゃないでしょうか。でも…内容的にはどうだったんでしょう?満足して劇場を後にした人たちはどれくらいの割合でいるんでしょうね。

 少し辛口になっちゃいました。いや、決してつまらないわけではない、これがTVだったらそれなりに面白く感じたと思います。でも大画面で2時間集中して見る分には、幾分冗長な2時間でした。中田監督も、この題材が合っていたかどうかと言うと少し疑問。鶴見辰吾の最期のシーンなんか、いかにもホラーを撮りなれた監督さんらしさがありました。でもLの扱いは?まあこれは脚本の問題なんでしょうけど、個人的にアクティブなLには違和感を覚えました。そりゃ前回と同じことやるわけにはいかんでしょうから、「走るL」「自転車に乗るL」「アクションするL」「人間味を出すL」という多面性を見せる方向性は理解できます。って言うか普通そういうのを見せるでしょうね。でもこれはあくまで主観的な意見ですが、それがかえってLというキャラの魅力を損なった気がしました。だからLが自室を出るまでは、それなりに興味深く見れたものの、それからがトーンダウンしてしまった気がするのです。まあこれは人それぞれでしょう、案外「そこからが面白かった!」っていう人もいるでしょうし。

 「DEATH NOTE」を見た後では、「もう少しLというキャラが見たい!」となったものの、実際今作を見た後では、「DEATH NOTEだけでよかったかなあ」ということに。随分勝手な思いですけどね。



久々にコトブキヤ購入!? ( Written By TAKA )

 好きだけど、経済面からずっと購入が御無沙汰なコトブキヤのソフビ。久々に「これは買わなきゃダメだろう」な商品が出ます。
kotobukiya_tie

 「新たなる希望」からTIEファイター・パイロットの商品化です。パイロットという性質故に、白兵戦は想像しにくいキャラなんですが、いやいや流石コトブキヤ!ビシッときまってますね~。腕を付け替えることも可能だそうです。
kotobukiya_tie

 6月の発売予定、多分ザらスとかでは7000円台で購入可能では?
trooper1 こいつらと並べて是非飾りたい!

【2008/02/07 14:59】フィギュア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



骨折時点で御臨終 ( Written By TAKA )

 今年の6月にサイドショーから「DUEL OF THE FATES」なるジオラマ・スタチューが発売されますね。モール好きなTAKAとしては画像を見た瞬間にビビッときました。
duel of the fates 結構カッコいいんじゃな~い
「エピソード1 ファントム・メナス」におけるシード・ジェネレーター(だっけ?)内でのジェダイVS.シスを立体化!クワイに跳び蹴りをかますモールという躍動感溢れる商品ですね。で、画像をしげしげと見つめて気になったのが、「ん?もしかしてモール浮いてる?」です。どうも画像を見る限りでは、モールの蹴り足がクワイの胸で固定されてる感じです。左足は宙に浮いてますし…それだけで大丈夫なの!?
duel of the fates 2 ほら左足浮いてるでしょ?
 本物は何らかの形で更にベースに固定してる感じになってるのでしょうか?もしそうでないなら、結構扱いに気をつけなきゃいけない商品かも。モールの右足がボキッとでもいっちゃったら、もうダメっスからね。決して安い商品じゃないし。何せ割引価格でも3万5千円以上!とてもじゃないけど、手が出せない…。思うんですけど、これくらいの価格を即決で購入する人達って、富豪?

【2008/02/05 15:09】フィギュア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



2月発売のブツ ( Written By TAKA )

 今日は節分の日、そして休日出勤の日であります(トホホ…)。と言っても、こうやってなまけてるんですがね。

 2月は結構な数のブツが出ますよ。12月、1月と全くSWグッズを買わなかったTAKAも何点か買う予定です。まずはベーシック・フィギュアから。

☆2月21日発売予定
・マクォーリー コンセプト ハン・ソロ
・スピリット アナキン・スカイウォーカー
・A-ウィング パイロット
・R2-D2 with カーゴネット
・イウォーク 2パック
2008_2_21basic 画像は上記の挙げた順に並べてます
ハンはまた微妙なデザインですね~、マクォーリーのコンセプトものは大概がそうですが。少し購入は悩んじゃうな、でもマクォーリーものは今まで全部買ってるしなあ。その他は全部GO!な予定。

☆2月28日発売予定
・クローン・トルーパー with ポンチョ
・クローン・トルーパー7th部隊バージョン
・ホログラフィック ダース・ベイダー
・パックス・ボンキック
・2-1B
・ナブー・ソルジャー
・レベルバンガード・トルーパー
2008_2_28basic 画像は上段左から、上記の挙げた順に並べてます
トルーパー系の購入はもはや義務。ベイダーは…ホログラフィックのフィギュアって今まで出てましたっけ?まあいいや、これも買おう。バックスはグリードと何が違うんでしょう?ドロイドも…いっとくか。ヒューマンタイプの二種はTAKAにとって「こんなのも買わなきゃいかんの?」系ですな、見送るか。次にバトルパックもの。

☆2月28日発売
battle_hothendor
左から「バトル・オブ・ホス」「バトル・オブ・エンドア」
これは食指が動きますねえ。どちらにもウォーカーが入ってるのが、好きな人にはたまらんでしょう。ただし両方1万円以上します…。くぅ~っ、これはどうしようかなあ…。

 この他にもコミックパック二種(今まで1個も買ってないからパス)、ジェントルジャイアントのスタチュー三種(値段が張るのでパス)が発売されます。3月の上旬にはまたベーシックが五種以上出ますし、はあ…。Blu-rayディスクも買わなきゃいかんしなあ…はあ。

【2008/02/03 11:01】フィギュア | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    01 | 2008/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。