SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



「クローン・ウォーズ」も先行上映開催 ( Written By TAKA )

 公式HP上ではそういった告知はまだ見あたらないのですが、近年の話題作の公開スタイルの例に漏れず、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」も先行上映を行うみたいですね。いつも行く劇場のHPで知りました。本公開は8月23日(土)ですが、1週間前の16日・17日に先行上映を行うみたいです。今のところその劇場のHPでは【日本語吹き替え上映】の文字が見あたらないので、字幕版で上映するみたいです。これは嬉しい。サマーシーズン映画は既に「インディ」は鑑賞済みですが、今後は

・7月5日「スピードレーサー」
予告編で見る限りはその出来映えにかなり不安を感じるのですが、ミーハー映画ファンとしては話題作はとりあえずチェック。
・7月26日「ドラゴン・キングダム」
ジャッキーとジェットの共演作とくれば、これはもはやTAKAにとって劇場鑑賞は義務。予告編を見ると結構面白そうなので、期待大。
・7月26日「ハプニング」
M・ナイト・シャマラン監督作を劇場で見るのは「シックス・センス」以来か!?予告編で興味を煽ってくれたので、これも行きます。ただ上記の「ドラゴン~」と公開が同日なので、「ドラゴン~」を先回しにして、これは後にしよう。
・8月2日「ダークナイト」(先行上映)
と思ったら次の週末は「バットマン ビギンズ」続編の先行上映だぁ!むう、こうなったら「ハプニング」は平日か!?
・8月16日「クローン・ウォーズ」
当然先行上映に駆けつけねばないでしょう!
・8月16日「ハプナプトラ 呪われた皇帝の秘宝」
ぎゃあ、これも「クローン~」と公開日がダブったぁ!まあこれは多分先行上映があると思うので、8月9日あたりに見に行く?前2作も劇場鑑賞してるので、この「3」も鑑賞は義務!

 うわあ、ちょっと見過ぎか?金がもつのか!?と書いていたところで思い出した!「インクレディブル・ハルク」もある!えーーっと公開日は…ぎゃあ8月1日!スケジュール都合が大変だっ!特に8月上旬は厳しいっ!映画好きには嬉しい悲鳴~。
スポンサーサイト

【2008/06/28 10:25】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |



とりあえず一冊確保 ( Written By TAKA )

 今月上旬にも書いたんですが、これ
メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ

確保しました。安くない値段なんで、悩みに悩んだ末の購入。図書カードがあったんで、オンラインじゃなくて店頭で買おうと思ったんですが、これがなかなか見つからない。売れたのか、はたまた「こんな高いマニアック本田舎じゃ売れねえだろ」と書店側が思ったのか、何件か回っても見あたりませんでした。で、結局取り寄せてもらったのが昨日到着。

 さすがに値段相応の紙質だし、300ページなんで、結構な重さがありますね。最初の数ページを読みましたが、いやいやこれ最後まで読むのにはかなり時間がかかりそうです!最初の数ページで判断は出来ませんが、買った甲斐はあったかな?

 さて、そうなると気になるのがこれ
メイキング・オブ・スター・ウォーズ

既に舞台裏のことはある程度知っているので、「インディ」の方を先回しにしましたが、同じくらい読み応えがあるなら、こりゃ購入を考えねば!誰か買った方います?

【2008/06/27 12:36】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



やっぱ買うかも ( Written By TAKA )

 先日書いたPEPSIの「ベアブリック・キャンペーン」ですが、PEPSIのHP上で商品画像が公開されてますね。
pepsi bear

正直、話を聞いた時にはあまり食指が動くようなキャンペーンではなかったのですが、画像を見たら俄然興味がわいてきました。パッと目に最初にとまったのがジャンゴ。トルーパー系も良さそう。好きなモールは外せないな、ウン。逆に微妙~と思ったのが、まずヨーダ。単なるシワシワ爺いにしか見えない。そして極めつけがR2-D2、これ無理があり過ぎるのでは…。

【2008/06/24 21:19】グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |



人でなし…? ( Written By TAKA )

 昨日の記事でも(ほんのチラっと)触れましたが、こちら東北地方で土曜日の午前に地震がありました。TAKAが住むホス地域では殆ど被害がなかったんですが、それでも結構揺れましたね。職場(土曜日も出勤なんですよ…)も一時騒然とした状態になりました。
 それなりに落ち着いたら思ったことが「自室に飾ってあるSWのブツ群は無事なのか!?」ということ。急いで自宅にTELして確認しましたが、TVラックの上や本棚の上に飾ってあるコトブキヤのブツが結構下に落ちたみたいです。息子が「ベイダーの頭が…トルーパーの胴体が…」一生懸命に説明してくれました。で、その後電話を替わった妻が「私たちの安否は聞かないの?」と。あちゃあ、しまった!「いや、ホラ普通に電話に出たからさ、皆無事だったんだなと解釈したんだよ」と苦しい言い訳しときましたが、失敗した!

余談:コトブキヤのブツ群は破損したわけではなく、ジョイント部分が外れただけで、無事でした。ホッ。

【2008/06/17 10:37】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 ( Written By TAKA )

 サマーシーズンの先陣を切る表題作を14日の先行ロードショーで鑑賞してきました-。「行列できるかな?」と早めに劇場に行きましたが、随分寂しい客の入りでした。朝の地震も関係あるのかなあ。
indy crystal

製作総指揮はジョージ・ルーカス、監督がスティーブン・スピルバーグ、主演にハリソン・フォード。1作目から変わらぬ黄金トリオ。キャストはその他にオスカー女優ケイト・ブランシェット、オスカーに2度ノミネートされたジョン・ハート、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、1作目のヒロインのカレン・アレン、「ベオウルフ」のレイ・ウィンストンなどなど。

 お話は…1950年代を舞台に、神秘の力を秘める秘宝クリスタル・スカルを巡ってインディがソ連兵と争いを繰り広げるというもの。

 鑑賞後の感想としては、「素直に面白かったな」というもの。19年ぶりに実現した新作として、こちらの期待に全て応えてくれた、というほどではありませんが、十分面白かったですよ。それではいつもの如く箇条書きでレビュー。

〈ネタばれあり〉

・今までの3作もそうでしたが、パラマウントのマークに実写が重なってのオープニング。しかも嬉しいことに、古いバージョンでのパラマウント・オープニングです。ここら辺旧作のファンにきちんと目配せしてあって、嬉しかったです。
・冒頭のアクションの舞台が「レイダース」のラストで出てきた、機密情報を保管してある倉庫。予告編でも出てきただけに、驚きこそありませんが、これまた旧作好きにはたまらないですね。しかも「アーク」もチラっと特別出演(?)しますよ!
・その冒頭からハリソン・フォードのアクションが拝めますが、やっぱ前と比べると体にキレがないかも。でもきちんと「最後の聖戦」から年月を経た設定になっているので、違和感はないはず。ただトレードマークのムチを使ったアクションが殆ど無い、またあったとしても随分モタモタした感じなのは少し気になりましたかね。
・この冒頭のアクションでソ連が狙うものは…キーワードはロズウェル。この語にピンとくる人は少なくないはず。この時点でこの映画の終着点がある程度予想でき、そしてそのまんまでした。
・「最後の聖戦」でフォードをくった存在感を見せたショーン・コネリー、今作には登場しません。何でも出演のオファーはあったらしいですが、断ったようです。今作中では写真で登場、でも設定上死んだことに(笑)。1・3作目でブロディ役でいい味出してたデンホルム・エリオットは既に他界しているので、この人も今作中では死んだ扱いで写真のみの登場でした。でもこれまた1・3作目に出ていたサラー役のジョン・リス=デイビスはまだ存命のはずですから、何らかの形で登場して欲しかったなあ。
・旧作からの続投組としては、マリオン役のカレン・アレン。でもどうしても登場させなきゃいけなかったんでしょうか?そりゃ「レイダース」のファンとしては嬉しいですが、脚本上あまり意味のない役柄に感じました。それこそ、シャイア・ラブーフを登場させるための橋渡し的な役柄でしかない!?
・そのシャイア・ラブーフ、公開前から「インディの息子役なのではないか?」と噂されてましたが、そのまんまでしたね。演じてるシャイア自身に特に不満はありませんでしたが、どうにも現代ナイズドされ過ぎてるような気も。
・劇中には大がかりなアクションが多く、それこそあれよあれよという間にお話が進んでいきます。観客サービスに徹底的に徹した映画ですね。こういうのはやっぱり映画館の大スクリーンで見なきゃいかんです。
・どうも今作は「荒唐無稽すぎる」「ラストは馬鹿馬鹿しい」などのような批判もあるようです。それはやっぱり「ロズウェル」のせいでしょうね。でもそれこそこのシリーズは、史実(怪しげなのも含めて)や、殆ど与太話のような伝説をもっともらしく絡めた壮大なホラ話なんですから、そう目クジラたてるほどのもんじゃないような気がします。
・ラストはインディとマリオンが結婚(!)。シャイア演じるマットが、インディのハットをかぶろうとします。TAKAはここで「そういや、シャイアが主役になって新しいインディ・シリーズの噂もあるな」ってことを思いだし、「繋げてきたかあ」と一瞬思いました。でもインディがそのハットをヒョイと取り返し、「まだ早いぜ」とばかりに自分でかぶります。そうこなくっちゃ!
・最後に…このシリーズが「SW」の楽屋オチを毎回含んでいることはファンならば御存じですよね?今回も出てきましたぜ!それは…「I have a bad feeling about this.」(今作はI've got a ~だったか?)の台詞!しかもそれを言うのがハリソン・フォード!!嬉しくなりましたよ!

〈ネタばれ終了〉

 今後もサマーシーズンの大作が封切られますが、何を見るか迷ったならば、まずコレでしょう。果たして続編はまだあるのか!?皆で楽しみに待ちましょう!

※北米興収データ…約2億7500万ドル(歴代36位、2008.6時点)
どうやら3億ドル前後に落ち着きそうですね。あのスタートダッシュからは少し期待はずれ?実質的な売り上げという観点からは、この前書いた通り、残念ながらシリーズ最低に終わりそう…。現時点で世界では6億ドル以上稼いでいます。さて、日本ではどの程度上乗せできるか?「インディ」シリーズを映画館で見たことのない20代後半までの層をどれだけ取り込めるかがカギでしょう。そういや昨晩「最後の聖戦」をTVでやってましたね、「レイダース」もやるみたいだし、これらを見た若者達が「よし、新作も見に行くか!」となるか!?

【2008/06/16 13:42】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



「クローン・ウォーズ」予告編第2弾 ( Written By TAKA )

 公式サイトで「クローン・ウォーズ」の予告編第2弾が公開されてますね。今回は音楽のせいか、悲劇性が強調されてる気がします。第1弾と併せて見ると、今作はかなりアクションがてんこ盛りな感じですねー。今回の予告編で印象的なのが、ジャバのセイルバージ、トルーパーたちの苦戦の様子でしょうか。TAKAの中でも「見たい熱」がそれなりに高まってきました!

【2008/06/14 11:39】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



ボトルキャップじゃないけれど ( Written By TAKA )

 この夏ペプシがまたSWに絡めたキャンペーンをしかけてきますね。セレブレーション・ジャパンとのタイアップキャンペーンなんだとか。PEPSI NEXの500mlボトルにもれなくベアブリックがついてくるそうです。
pepsi bear

このキャンペーンは7月上旬からだそうで、ベアブリックは全部で16種類。そのキャラは

ベイダー/モール/ストームトルーパー/ボバ/ジャンゴ/TIEファイター・パイロット
ジャワ/ヨーダ/C-3PO/R2-D2/チューイ/ウィケット
クローン・トルーパー(EPⅡVer.)/クローン・トルーパー(EPⅢVer.)
帝国軍ロゴ/反乱軍ロゴ

最後の2つはどんなんでしょうね?TAKA的にはベアブリック自体にはあまり興味を惹かれないので、正直微妙なキャンペーンです。まあ全く買わない、ということはないと思いますが。もし「EPⅢ」DVD販売時のボトルキャップ・キャンペーンみたいに、キャラが判別できる状態での販売ならば、全種コンプ買いするのは目に見えてますけどね。

【2008/06/08 21:01】グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |



「インディ」シリーズ北米興収検証 ( Written By TAKA )

 ハリソン・フォードやルーカスが来日して、いよいよ公開に向けて熱が高まってきた「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」。北米でも絶好調の稼ぎ振り!と言いたいところですが、どうも公開2週目にしてガクンとペースが落ちちゃった感があります。6月3日時点で約2億2300万ドルを叩き出してますが、2週目の週末興収では1位の座を人気TVシリーズの映画版「セックス・アンド・ザ・シティ」にアッサリ明け渡しちゃいました。それでも立派なメガヒットには違いないんですが、どうも業界では4億ドル超えの期待をかけていたらしいんですな。でもこのペースじゃ到底無理でしょう。

 今回は今までの「インディ」シリーズ3作の北米興収を検証してみましょう。それではそれぞれの最終成績・最多公館数・歴代順位から。
「レイダース 失われたアーク」 約2億4200万ドル・1078館・50位
「魔宮の伝説」           約1億8000万ドル・1687館・110位
「最後の聖戦」           約1億9700万ドル・2327館・89位       2008.6時点
※「レイダース」は2度のリバイバル興収含む
この数字だけ見ると、「クリスタル・スカルの王国」は前3作を凌駕してるわけです。実際既に歴代63位にランクインしています。しかし公開館数は4260館、前3作とは大きな開きがあります。「レイダース」に比べると、約4倍ですよ。しかも当時とは映画チケット代も異なるわけです。

上記3作の興収を現在のチケット代に大まかに換算しますと
「レイダース 失われたアーク」 約6億640万ドル
「魔宮の伝説」           約3億6800万ドル
「最後の聖戦」           約3億4000万ドル
これでもし「クリスタル・スカルの王国」が3億ドル程度の最終成績に終われば、実質的には4作中で最も売り上げが低くなっちゃいますね。しっかし「レイダース」はスゴイ成績ですねえ。「スター・ウォーズ」でも似たようなことやりましたが、1作目はさすがに強い!

 次に製作費いってみましょう。
「レイダース 失われたアーク」 約1800万ドル
「魔宮の伝説」           約2800万ドル
「最後の聖戦」           約4800万ドル
製作費がどんどん高くなっていってますね。で、「クリスタル・スカルの王国」が約1億8500万ドルと、ドーーンと跳ね上がっちゃいます。まあこれもそれぞれの時代で物価も違うでしょうから、一概に比較はできませんがね。

 最後に番外編として、北米内にとどまらず世界的な興収を
「レイダース 失われたアーク」 約3億8400万ドル
「魔宮の伝説」           約3億3300万ドル
「最後の聖戦」           約4億7400万ドル
現在「クリスタル・スカルの王国」の世界興収は4億9000万ドルを突破していますが、これも現在のチケット代に換算(さすがに世界各国のチケット代事情までは分からないのでパス)すれば、「レイダース」がトップになるんでしょうね。

 いよいよ日本でも「クリスタル・スカルの王国」が来週末が先行ロードショー。世界でも主要な稼ぎ頭である日本でも、爆発的なヒットになることを期待しましょう。皆さんはいつ見に行きます?TAKAはもちろん14日の先行に行きますぜ!

【2008/06/05 14:07】データ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



今更ながらの話題かもしれませんが ( Written By TAKA )

 それこそ表題通りにSWを扱ってるブログ・HPなどで散々取り上げられてる話題です。それが「メイキング・オブ・スター・ウォーズ」。

メイキング・オブ・スター・ウォーズ
これって「新たなる希望」に特化した本なんですよね?もちろんTAKAも購入を考えてるブツなわけですが、ネックが2点。まずは価格が高い!約8000円!!とてもじゃないが「衝動買い」できるレベルじゃない…。そして2点目、「新たなる希望」の製作裏話といっても、もう既に数々のSW本で取り上げられてきたわけで、まだ「ほお、そんなことがあったんだ」的なエピソードがあるのでしょうか?まあ書名が「知られざる舞台裏」なんで、まだまだ幾多の話があるのかもしれませんが。となると「一度も世に出たことがない撮影のオフショット」とかが魅力?350ページ以上もある本なんで、見逃せないブツではあるのですが、価格がなあ。どうしよ。

 それよりも魅力に感じるのが(ルーカス映画繋がりで)「メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ」。

メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ
既に発売中(?)。これは最新作の「クリスタル・スカルの王国」も含めて4作の舞台裏に触れているようですね。でもこちらも6000円以上という、決して安くないブツです。「インディ」の舞台裏も映画雑誌などでは読んだことありますが、まとめて300ページの本なら是非読んでみたい!

 って言うか両方とも欲しいぞ!でもそうなったら…1万4000円以上!!ギャアア…。

【2008/06/04 14:19】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 ( Written By TAKA )

 先週の土曜日に行って参りましたー。上映前の「インディ」予告編が日本語吹き替え版だったので、「あれ?間違えてナルニア吹き替えのホールに入っちゃったのかな?」と不安になりましたが、しっかり字幕版でした。
narniaⅡ

 TAKAは前作の「第1章:ライオンと魔女」は全く楽しめなかったクチでして、今作も製作ニュースが聞こえてきた頃に「劇場には多分行かねえな」と思ってました。が、予告編が結構面白そうだったんで、「それでも過度な期待は禁物」と自分に言い聞かせて劇場へGO!

 監督は前作と同じくアンドリュー・アダムソン、主役の4人の兄弟にも前作と同じ子役達が扮しております。今回のニューカマーはタイトルロールのカスピアン王子、「スターダスト」にチラっと出てたベン・バーンズ。アスランの声で我らがクワイこと、リーアム・ニーソンが続投。クワイと同じく、ルーカス繋がりでいけば、ウィケットでありウィローであるワーウィック・デイビスもキャストに名を連ねてました(ですよね?オープニングクレジットに発見しました)が、どこに出てたんでしょう?多分ドワーフ族に扮してたんでしょうが、見つけられなかったなあ。

 お話は前作でペベンシー兄弟が「白い魔女」を倒し、ナルニアに平和が戻ってから1300年後が舞台になっています。ペベンシー兄弟がナルニアを去った後、テルマール人の暴政によりナルニアの土着民族(?)たちにとって暗黒の時代が訪れます。そのテルマールの王子であるカスピアンがお家騒動に巻き込まれ、更にはペベンシー兄弟もナルニアに戻ってきての、てんやわんやの大騒動。随分はしょりましたが、こんな感じ。

 前述通り、殆ど期待しないで見たんスよ。そのせいかどうか…今作は素直に面白かった!前作の記憶が大分薄らいでおりますが、今思えば前作が面白くなかったのは「幼い子供達が主役のお話故か、随分低年齢層向けのファンタジーに仕上がってた。そしてそのガキ達が、さして苦労や悩みもせずに、救世主扱いされるほどの大活躍を見せる御都合主義。白い魔女との戦いも全く迫力無し」、こんなところにあったのかと思います。まあここら辺は「原作通り」なのかもしれませんが。

 で、今作です。随分戦闘シーンが増えました。「今度は戦争だ!」をキャッチコピーにしてもいいくらいです。で、今回は前述のようにお家騒動が絡んできますので、生々しいお話にも仕上がってるんですね。ダークな部分が増えたということです。ここら辺、前作が好きな人にとって、もしかしたらファンタジーファンタジーしてた前作に比べれば喰いたりないかも。でもそこらがTAKAにはよかったのでしょう、バトルシーンが結構満腹感ありますよ。「いっちょ前に大人ヅラしやがって、生意気なガキどもが!(ファンの方失礼!)」と思ってた子役達も、(長男&長女が)大人の風貌になってきましたしね。まあ確かに「何でこの子供達こんなに強いんだ?」的な都合良さも散見されますが、(前作で描かれなかった)長女の特技である弓を今回はカッコ良く見せてくれました。

 こうなったら当然次作にも付き合いますよ!次作はカスピアン王子メインのお話らしいですね、ペベンシー兄弟の長男&長女の出番はないとか。で、これって映画は三部作にするんでしたっけ?原作は七巻まであるんですね。

余談:面白い!となったので、Blu-Ray化されたら購入は必須。なれば前作のDVDも売っ払おう!Blu-Rayに買い換えるのだ!でも前作面白くないんだよなあ、見ないかもしれないのに買わなきゃならんとは…ああコレクターの悲しい性…。

※北米興収データ…約1億1570万ドル(歴代294位、2008.6時点)
多分最終的に1億5000万ドルいかないのでは?前作は北米だけで約2億9100万ドル(全世界では約7億4400万ドル)稼ぎましたので、今作は売り上げが半減…。どうも日本での成績も前作の50~60%と予想されてるようです。





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    05 | 2008/06 | 07
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。