SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



9月以降の劇場鑑賞予定 ( Written By TAKA )

 今年はこれまでに以下のような映画を劇場鑑賞しました。
1月「パブリック・エネミーズ」「サロゲート」「ラブリーボーン」
3月「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」「シャーロック・ホームズ」
4月「第9地区」「シャッターアイランド」
5月「アリス・イン・ワンダーランド」「タイタンの戦い」「パリより愛をこめて」
6月「プリンス・オブ・ペルシャ」「アイアンマン2」
7月「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」「プレデターズ」「トイ・ストーリー3」「アデル ファラオと復活の秘薬」「インセプション」
8月「劇場版 NARUTO 疾風伝 ザ・ロストタワー」「ソルト」「ベスト・キッド」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」
現時点で21本ですか、こりゃ12月までには25本以上にはなるな。ってことは月2本ペースか、そう悪くない。

 で、今日は9月以降に劇場鑑賞予定の映画を挙げていきましょう。

bio4 「バイオハザードⅣ アフターライフ」 9月10日公開。このシリーズは「1」「2」は劇場鑑賞したな。「アバター」に次いで3Dカメラで撮影した映画だそうですね。予告編を見る限りでは「飛び出し」をかなり意識した画作りで、そういう意味でも期待できそう。


knight & day 「ナイト&デイ」 10月9日公開。本国ではスマッシュヒット、程度には売れましたが、この主演2人にしては…という感じのようです。軽~いアクションコメディでしょう、あまり期待しないで鑑賞に臨むのが正しいかな。



expendables chirashi 「エクスペンダブルズ」 10月16日公開。もしかしたら「今年一番期待な映画」かも。めでたく本国でも2週連続1位で、既に続編製作も決定したそうです。これで期待するな、って方が無理。是非大画面で燃えましょう!!



harry7 part1ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 11月19日公開。毎回書いてることですが、1作目から劇場鑑賞してるんで、もう義務です義務。ただ原作自体はアクションの盛り上がりななかなかだったし、そういった見せ場が3Dで展開されるっていう点では期待できるかも。でも一番の見せ場は来年のPART2に盛り込まれるんだよね。



robin hood 2010 「ロビン・フッド」 12月10日公開。限りなく「グラディエーター」の香りがします。まあ監督・主演が奴らだからしょうがないか。これ来月UKで発売されるBlu-rayに予定通り日本語字幕が入っていたら、劇場では見ないかも。いや、それで見て「大画面でも見たい!」ってなる可能性もあるか、そうなればそうなったでOK。



tron legacy 「トロン レガシー」 12月公開。前作は2回ほど見た(はず)けど、どうもいい印象がない。けど、今作は多分最新技術バリバリの娯楽映画になってる(と思う)。3Dだしね。TAKAはてっきり前作とストーリーの繋がりはなく「再起動」な映画と思ってたけど、予告編でジェフ・ブリッジスが出てきてビックラしましたよ。こりゃ久々に前作を復習しなきゃね。



ultraman 「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」 12月23日公開。これは…息子のお供です。ウルトラマンなんて「レオ」以降全く分からん。けど本作の前作にあたる「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」を息子がDVDでよく見てるのを脇目でチラチラ見てる限り、「昔のやつとは水分違うのねえ」って感じ。何かマーシャルアーツ映画をウルトラマンでやってみましたーってなノリみたいでしたよ。



yamato 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 12月1日公開。何か…予告編見たら…ちょっと興味あるかも。いやね…多分…見に行かないですよ。でも…間違って…見ちゃいそうな…気もする。









  頑張れば1年で30本行くかも!ってことはレイトショーで見て鑑賞料金は年間3万円かぁ。パンフも買うから600円くらいとして、1万8千円。足すと約5万円くらいは劇場に貢献してるのね。
スポンサーサイト



特攻野郎Aチーム THE MOVIE ( Written By TAKA )

A TEAM 先週末行ってきましたー。やっとレビューが追いついたっ!

 監督は「スモーキン・エース」がなかなの評判を博したジョー・カーナハン。このようなジャンル映画にしては意外なことにリドリー&トニー・スコット兄弟が製作に絡んでますね。主演に我らがクワイことリーアム・ニーソン。その他に只今売り出し中っ!なブラッドリー・クーパー、「第9地区」が記憶に新しいシャールト・コプリー、そして紅一点のジェシカ・ビール。

 お話は…ここに書いても意味ないな、かなり荒唐無稽ですよ。その割に妙に現実世界にリンクする名前も出てきますがね。まあ基本的にはTVシリーズの路線に乗っとってると思えば宜し。

・TAKAはオリジナルのTVシリーズにはハマってたわけではないけど、そこそこは見ましたかね。基本的に設定はTVシリーズに沿ってるので、いくらかでもTVシリーズを見てた方がより楽しめると思いますよ。Aチーム結成のいきさつとか、B.A.が何故飛行機嫌いになったかとかありますからね。
・Aチームといったら、やっぱ個性的な4人のメンバー!そういう訳で、映画が成功するかには、4人のキャスティングが肝です。リーダーのハンニバルに「96時間」でアクションに目覚めたか!?のリーアム・ニーソン。いかにも頼りがいがある男を楽しそうに演じてます。二枚目のフェイスにブラッドリー・クーパー。私この人はTV「エイリアス」の頃から気になってたんですが、近年やたらと映画出演してる気がします。ここ2年だけで6本もの出演作がありますよ。その勢いか、彼が一番印象に残りましたね。単なる女たらしじゃなくって、強い信念がありそうだし、腕っぷしも強い。儲け役だったのでは。TVシリーズではミスターTが演じて一番インパクトがあったB.A.には格闘家(らしい)のクイントン・ジャクソン。首筋に注射撃たれてバッタリ、飛行機に無理やり乗らされる、のお馴染みなシーンが見れます。ミスターTに比べるとさすがに印象が薄いかな。そして飛行操縦のエキスパートであるマードック役にシャールト・コプリー。この人もイカれ気味なマードックを非常~に楽しげに演じてましたねー。
・なかなかはまったこの4人に比べると、紅一点のジェシカ・ビールはさすがに旗色が悪い。あまり目立ちませんでした。持ち前のスタイルの良さをいかしたシーンなんかあってもよかった気も。そこら辺「ステルス」で意味のない水着シーンを挿入したロブ・コーエンは分かってたよなあ。
・物語もかなり無茶なんですが、アクションもかなり現実を逸脱してます。一番ビックリするのが、戦車が墜落しながら戦闘機と銃撃戦を繰り広げるという、前代未聞の見せ場。予告編なんかでも扱っていたので分かってたけど、これ前知識なしで見たら相当ビックリしますよ。って言うか、映画にリアリティを求める人には苦笑シーンかも。けどこれでいいのだ!巨額の製作費かけたサマームービーにリアリティなんぞ不要!画的にインパクトあればそれで十分!そういう意味ではこの戦車のシーンはお釣りがくるほどだっ!!

 近年これだけ無茶な話で豪快なアクションを魅せてくれるのはそうそうない(去年は「G.I.ジョー」)んで、無条件で楽しみました。チームプレーを描くアクション映画も好きなんで、そういう観点でも楽しい。まあTAKAの今年のNo.5に入るかどうかは正直微妙ですが、いやいや、無邪気に楽しかったですよ。現実生活では見れない画を映画に求めるTAKAにとって、まさに「正しい映画」でした。是非続編も望みますが、約1億1000万ドルかかった製作費に対し北米での売り上げが約7700万ドル、世界的にも約1億6670万ドル程度。続編製作にGOサインが出るには微妙~な数字ですね。

余談:エンドクレジット後にTVシリーズのオリジナルメンバーがチラッと顔出ししますんで、急いで席を立たないように。ジョージ・ペパードは鬼籍に入ってるから仕方ないとは言え、ミスターTにも出て欲しかったよねえ。って言うか彼全然表舞台に出てこないけど、最近は何してるんでしょうか?…で、調べてみたらCGアニメ「くもりときどきミートボール」で声の出演してるんですね。



ベスト・キッド ( Written By TAKA )

karate kid こちらでは吹き替え版の上映しかありませんでした…

 監督は「ピンクパンサー2」「エージェント・コーディ」シリーズのハラルド・ズワルト。ウィル・スミスと、その妻ジェイダ・ピンケットが製作に名を連ねています。主演にそのウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス、そして彼に武術を教える役で我らが兄貴ジャッキー・チェン。「ドラゴン・キングダム」に続いて、ホント師匠役が似合う年齢になったのねえ。その他で一般的に有名どころの俳優は出てなかったと思います。

 話はオリジナル「ベストキッド」に基本的に沿ってたと思います。新天地でのイジメに耐えかねた少年が武術の達人に教えを請い、そしてそれが武術大会で見事に実を結ぶ、って感じでしょうか。では箇条書きでいきましょう。

・上で「基本的にオリジナルとお話は同じ」って書きましたが、細部は微妙に違います。まずは舞台がアメリカから中国に移ったこと。これによって武術の達人は日本人から中国人にシフトし、当然教える武術も空手からカンフーへ。でも原題は「The Karate Kid」のままなんだよなあ。そして、主人公の少年の年齢がオリジナルから数歳引き下げられました、このことにより、青春映画の色合いが濃かったオリジナルよりファミリー映画に近づいた感じがしました。
・製作者夫婦の息子が主演なわけですから、こりゃある意味「究極の親バカ映画(いやバカ親映画か?)」ですよ。そういう目線で見れば、役柄的なこともあるせいか、ジェイデンがセレブの笠を着たクソ生意気なガキに見えてきます。が、まあそれはうがった見方であって、やっぱ達者な子役と見るのがいいんでしょう。劇中で見せるアクションなんかも、編集マジックもあるでしょうが、なかなかのもの。ここら辺はオリジナルのラルフ・マッチオ&パット・モリタのなんちゃって空手なんかより数段上。アクションの面でオリジナルは相当ヘナチョコでしたが、ジャッキーが関わってるせいかそこら辺は抜かりなしでしたねえ。ただトーナメント決勝戦の最後の技は、ありゃ現実離れしてて何か興ざめでしたけど。
・オリジナルのヒロインはTAKAが好きなエリザベス・シューでしたが、今作では当然中国人(名前知らん)。しかも少年&少女だけにその恋のやり取りも随分微笑ましいもの。更にジェイデンの母親役もなかなか豪快な演技でいい味出してます。ここら辺ファミリー映画として、実に計算高く作られてますね。
・そしてTAKA的にはやはり今作の肝はジャッキー・チェン。兄貴が今までに出演したドラマ性の比較的高い映画は「ファースト・ミッション」「新ポリス・ストーリー」「香港国際警察 新ポリス・ストーリー(紛らわしいタイトルだな)」「新宿インシデント」などがありました。が、ドラマ性が高いといっても、やはり映画の見せ場は兄貴のアクションだったわけです(「新宿~」は違うけど)。けど、「ベスト・キッド」で兄貴がアクションを披露するのはわずか1シーンしかありません。しかも相手は子ども、更に言えば相手の力を利用するだけで(ここら辺の見せ方はやっぱ上手い!年期を感じますぜ)、自分からパンチやキックを繰り出しはしません。TAKAなんかは武術大会の後で、敵の師範代であるユー・ロングァンと絶対バトルするねと思ってたんですけどね。ちょっと意外でしたが、作品のカラー的に正解だったかも。
・今回の兄貴の役柄は自らの過失から妻&息子を交通事故で死なせてしまった過去を背負う男。無精ひげを生やし猫背で歩くその姿は、兄貴の実年齢も相まって「ああジャッキー老けたなあ」と感じることでしょう。でもこれでいいんです、童顔もあるせいか、兄貴は今まで実年齢に相応しい役柄を演じることはそうなかったですからね。アカデミー助演男優賞にもノミネートされたオリジナルのパット・モリタの役を引き継ぐことに相当プレッシャーもあったみたいです。中盤で見せる泣きの演技&クライマックスの会心の笑顔、枯れた雰囲気を漂わせることが出来はじめた兄貴は「新宿インシデント」に続いて、今後の一方向性を見いだしたことでしょう。
・最後に一つ触れておきたいのが、舞台の中国。これ正解だったですね、雄大な景色の中での修行シーンは効果的でしたよ。音楽のジェームズ・ホーナーもこういったシーンでいい仕事してました。

 「カンフー・マスター役ならジャッキー・チェンあたりでいいんじゃね?」辺りの安易な発想で始まったキャスティングだったかもしれません。けどオファーされた師匠役に「映画俳優ジャッキー・チェン」がピタリとはまったことに、長年のファンとして感無量です。マジで涙を禁じえません。よかったなあ、兄貴。
 本国でも予想以上の大ヒットとなり、現時点で約1億7500万ドル稼いでます、立派なメガヒット。世界的には3億ドルを超えました、そうなると当然続編製作の話も出てくるかも。けどこのお話はこれで打ち止めでいい気がします。どんどん迷走していったオリジナルの轍は踏まないで欲しいです。



ソルト ( Written By TAKA )

salt これまた上旬に見てたんですけど、今頃レビュー。

 監督は「今そこにある危機」などのフィリップ・ノイス、主演に「ボーン・コレクター」でもノイスと組んだアンジェリーナ・ジョリー。その他にウルヴァリンの兄貴リーヴ・シュレイバーが出てました。

 物語は簡単に言えば、二重スパイの嫌疑をかけられたCIAの分析官アンジーが、自らの疑いを晴らすために奔走する、というもの。じゃあ箇条書きでいきましょう。

〈ネタばれあり〉

・上で「自らの疑いを晴らすため」と書きましたが、実は事はそんなに単純じゃないです。最終的にアンジーの行動目的が明らかになりますが、どう考えたってその目的のためにとる行動が「???」なもの。随分無理がありますよ、そのせいで鑑賞中「アンジーは何考えてんの?さっぱり分からんよ」状態。
・上述通り、サスペンスとしての物語は随分破綻してます。ですからサスペンス映画としての出来は正直弱い。でもそれを補って、アクション映画としては充実してますね。それこそノンストップアクション映画に仕上がってました。まあ「ウォンテッド」のような超絶的に荒唐無稽なアクションを期待すれば肩透かしかもしれませんが、十分常人を超えたアクションで魅せます。何で分析官がこんな超人的な活躍できる?って疑問は出ますが、それは結局アンジーの正体がアレですから。
・悪の黒幕はもうキャスティングからしてバレバレ。だってリーヴ・シュレイバーですぜ、登場したときから「こいつ怪しいな」って思っちゃいますよ。で、案の定…ですもん。コレもう少しキャスティングに工夫が欲しかったよなあ。
・結論、ストーリーの破綻に目をつぶることができれば、「アンジーの着せ替え七変化アクション映画」として十分楽しめます。

〈ネタばれ終了〉
 
 上で書いたように、TAKAはアクション映画として本作を十分に堪能しました。続編の噂も出てますが、確かに完全に決着がついたというお話でもなかったですからね。北米でも1億ドル突破しましたし、続編製作も実際あり得るかもしれません。



11月の予約晒し ( Written By TAKA )

 今日は現時点で判明してる11月以降発売の予約タイトルを。

エルム街の悪夢 ブルーレイ&DVDセッ...

エルム街の悪夢 ブルーレイ&DVDセッ...

価格:2,944円(税込、送料別)

11/3発売。何かえらく評判が悪いですな。でもTAKA的に見切り発車予約しなきゃいけない気がする…。ってもう予約済みだけど。


11/3発売。DVD→Blu-ray通常版からの買い替え。何度も買い替えするほど思い入れのあるタイトルじゃないんですどね…「1」「2」もアルティメット・コレクターズ・エディションで買い換えたんで、あの分厚いケースで統一感持たせるためにはシリーズで揃えなきゃいけないんですわ…ああ悲しきコレクターズ魂。


11/3発売。上に全く同じ…


11/5発売。「1」「3」はDVDから、「2」はLD→DVDからの買い替え。単品も出ますが、BOXだと単価が安いですな。


Bungee Price Blu-ray 洋画ポルターガイスト...

Bungee Price Blu-ray 洋画ポルターガイスト...

価格:1,975円(税込、送料別)

11/5発売。初購入タイトル。「1」は大好きですが、こっちははっきり言ってつまらない作品だと思う…それなのになぜ買うかというと…理由は下で。


11/5発売。これはDVDでも出てないんスよね(2もだけど)。大学時代に劇場鑑賞して、なかなか面白く感じたと記憶してる作品。「1」は所有してるし、この「3」も買うとなれば、コレクターとして上の「2」も買わなきゃならんのですよ!(もう半ばヤククソだよ)


11/17発売。来たよ大物が。「2」だけはLD→DVDから、他3作はDVDからの買い替え。卵付きのやつも興味はあったんだけど、なにぶん経済的に手が出ませんわ。DVDの「アルティメット・コレクション」を売っ払わなきゃ。


サスペリア【Blu-ray Di...

サスペリア【Blu-ray Di...

価格:3,652円(税込、送料別)

12/8発売。DVD(ビーム版)→DVD(Dex版)からの買い替え。何でもDex版のプレミアム・エディションの特典映像は収録しないそうで、未予約。どうしたもんかな。キングレコードの初Blu-rayタイトル(アニメとかは出てるのかな?)ってことで画質的にも未知数。まあ何だかんだ言っても買っちゃう気がするけど。



 発売告知解禁前のタイトルとしては11月上旬予定の「トイ・ストーリー3」「エクソシスト」あたりもマストでしょうな。うーーん、どんどん予約してるのはいいけど、問題はどっから金を捻出するかだな…(オイオイ)。

【2010/08/22 21:39】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



10月の予約晒し ( Written By TAKA )

 では昨日に続き、今日は現時点で判明してる10月発売の予約タイトルを晒しましょう。

10/2発売。1作目は個人的に気に入りました。が、こっちはあんまり評判よくないんだよね…。まあDMMの半額キャンペーンがなかったら見切り発車予約はしてなかったかも。


10/6発売。9月の「モンスター・ハウス 3D」と同じく、「いつかは…」ってことで3D版を同梱したやつを予約。


10/6発売。全米サプライズメガヒット作、実はまだ未予約。予告編を見る限りでは絶対TAKAの好みな内容。見切り発車で予約したいけど、未だ悩み中。


10/6発売。DVDからの買い替え。どうせだったら3作まとめてBOXで発売して欲しかったよ。


10/6発売。初購入タイトル。評判悪くて公開時はコケましたよね、でもTAKAは結構好きです。


10/6発売。DVDからの買い替え。TAKAの好きなレニー・ハーリン監督作。是非高精細な画質で堪能したい。


10/6発売。初購入タイトル。廉価だから買うか、程度。


10/9発売。DVDからの買い替え。廃盤でオークションで高額になってた2枚組DVDを、今回の発売告知数日前に結構な高額で落札して頂きました。その人安く発売されること知って悔しがっただろうな…。


アイアンマン2 ブルーレイ&DV...

アイアンマン2 ブルーレイ&DV...

価格:3,698円(税込、送料別)

10/22発売。しっかしリリースされるの早いなあ。前作がソニーからで、今回はパラマウントからの発売、並べたときの統一感がなくなっちゃうよ。特典ディスクつきのBlu-ray2枚組、じゃなくってDVDも付属しての3枚組。Amazon限定のスチールブック仕様は余計なDVDが付いてないけど、値段が通常3枚組版より高い…。


10/22発売。DVDからの買い替え。ジェシカ・アルバのダンスの腰使い見たさだけで購入したタイトルだけど、まさか買い替えまでする羽目になろうとは。


10/22発売。初購入タイトル。未公開にしとくには勿体無いサスペンスホラー。でも廉価じゃなきゃ買わなかったかも。


10/26発売。DVDからの買い替え。これについては以前書きました。現時点で日本語字幕入りのUK通常盤がアマゾンUKでエラく安くなってます、送料抜かすと約3800円!こりゃ日本盤の予約を早まっちゃったな。


 UK通常版

10/27発売。未予約。これについては以前書いたとおり、北米盤の仕様が判明するギリギリまで待とうかな、と。



 何と、10月購入数もスゲエことになってるな!この他に下旬にSPEから出る予定の「チャーリーズ・エンジェル」(告知未解禁)も買わねば。これどうせだったら2作目とのパックにして欲しかったぜ。11月以降のタイトルはまた後日。

【2010/08/21 10:17】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



9月の予約晒し ( Written By TAKA )

 TAKAが所持するBlu-rayソフトもいよいよ300タイトルを越えました。が、来月以降も各メーカーはTAKAの財布の息の根を止めるべく、物欲をくすぐるタイトルをリリースしてきます。ってことで、久々に予約タイトルを晒していきましょう。

9/10発売。まあ劇場鑑賞時はそれほど感心しなかったんですが、あのオチをオープニングから念頭において見てみたいな、と。


パリより愛をこめてDVD&ブルーレイセッ...

パリより愛をこめてDVD&ブルーレイセッ...

価格:2,944円(税込、送料別)

9/15発売。これはね、もう頭空っぽにして楽しみたいタイトル。


デイズ・オブ・サンダー【Blu-rayD...

デイズ・オブ・サンダー【Blu-rayD...

価格:2,205円(税込、送料別)

9/16発売。大学時代に劇場鑑賞して以来になるのか!?それほど面白かった記憶はないですが、廉価ということで予約。同日発売のパラマウント廉価盤には「スター・トレック」シリーズもあるけど、あれはちょっとタイトル数が多すぎて追えないな。


9/17発売。2D版Blu-rayを売っ払って予約。TAKAは3D視聴環境にはないけど、まあその内にってことでの予約。2D版でも見れるみたいだし。


プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂ブル...

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂ブル...

価格:3,652円(税込、送料別)

9/22発売。何せ現時点での今年暫定No.1ですから予約しないわけにはいかんでしょう。しっかしホント抱き合わせのDVDはいらねえな。


9/23発売。DVDは未視聴で売っ払って買い替え…。


Bungee Price Blu-ray 洋画アポロ13 ブルーレイ & D...

Bungee Price Blu-ray 洋画アポロ13 ブルーレイ & D...

価格:1,825円(税込、送料別)

9/23発売。これは初購入タイトルになるのか。劇場鑑賞以来だけど、殆ど内容を覚えてないな。


Bungee Price Blu-ray 洋画D-TOX ブルーレイ & D...

Bungee Price Blu-ray 洋画D-TOX ブルーレイ & D...

価格:1,825円(税込、送料別)

9/23発売。DVDを売っ払っての買い替え。大して面白くない作品だけど、スタローンファンとしてマスト。


9/23発売。LD→DVD→HD DVD、そして今回のBlu-rayと順調に買い替え…。


9/23発売。初購入タイトル。画質には大して期待してないけどね。


9/23発売。LD→DVD、そして今回のBlu-rayと買い替え。DVDはPALマスターだったけど、やっと!って感じ。


9/24発売。初購入タイトル。これも大学時代に劇場鑑賞して以来だな。



 ぎゃあ、9月だけで結構な数だよ…10月分はまた後日に。

【2010/08/20 00:06】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



劇場版 NARUTO 疾風伝 ザ・ロストタワー ( Written By TAKA )

naruto lost tower 親子共闘!

 ああ、今月は更新サボりまくりだな…。今日レビューする映画だって7月1日に見たやつだし。まあ簡潔にいきましょう。

 アニメ「NARUTO」にハマってる(現在完了進行形)のは随分前に書いたとおりですが、今でも見続けています。けど劇場版をそれこそ劇場で見るのは本作が初めてでした。いつも書いてるスタッフ・キャストは本作ではあまり意味がないので、割愛します。

 今回のお話はかなり力業なやつでした。だってナルトがタイムスリップして、4代目火影である自分の父と出会うお話ですから。まあそこら辺上手く処理していて、「ああTVシリーズのあの場面もう一度見たいなあ」なんて思わせる作りでしたね。

 劇場版は登場人物こそTVシリーズとリンクしていますが、お話自体は毎回番外編みたいなもんですよ。そんな中で前述通り今回の脚本はかなり無茶してますが、結論的な感想は「まあまあ」かなって程度。

 今回の鑑賞の肝は実は家の3歳児の劇場鑑賞デビューってことでした(鑑賞時は2歳)。「まだ無理じゃねえかなあ、音にビビるんじゃない?」って危惧してました。で、実際鑑賞に臨んだんですが…いやね音は大丈夫でしたよ、ただ内容がね。ストーリー上悪役が怖い顔を見せたり、その部下が不気味だったり、そういう描写があるんですよ。そういったシーンになると「怖い…怖い…」と。8歳児の方は全然大丈夫だったんですが、3歳児(しつこいけど鑑賞時2歳)がそういう反応を見せるたびに、妻は抱っこして、通路の方で立って見てました。TAKA&8歳児はそれにお構いなしに、ドッカリと座って最後まで鑑賞。妻よスマン!そしてご苦労さんでした!



遂にルーカス本人の口から ( Written By TAKA )

「SW」のBlu-rayリリースについてのコメントが出ましたね!オーランドで開催された「セレブレーションV」の場での発表らしいです。現時点で判明したことは
・リリースは2011年の秋
・旧トリロジーは「特別篇」のみの収録
あとは特典がテンコ盛りになる、程度でしょうか。何でも「今までにない画質&音質」(ルーカス談)らしいので、こりゃ待ちきれねえぜっ!来年の秋…まだまだ長ぇな。

【2010/08/15 13:01】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



熱帯夜 ( Written By TAKA )

 ここ数日は、こちら東北ホス地方でも猛暑日があったりして、何とも寝苦しい日々が続いておりやす。TAKAは明日から3泊4日の出張なんですが、その間ずっとホテルにカン詰め状態です。エアコンで涼しいのはいいんだけど、効きすぎてると体調崩しちゃうんだよなあ。

 出張が終わるとお盆が目前。TAKAも実家に1日ほど帰ってきますが、その後すぐ「ベストキッド」「Aチーム」なんかを見に行く予定。レビューしてないだけで「劇場版 ナルト疾風伝 ロストタワー」「ソルト」なんかも鑑賞しました。今年既に何本見たか勘定してませんが、もしかしたら年間30本くらいいくかも。

 暑くても夏バテなんかせずに、たくさん食べてビールたらふく飲みましょう!

【2010/08/06 22:58】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



「バック・トゥ・ザ・フューチャー」日本盤もほぼ同時発売 ( Written By TAKA )

 以前UK盤トリロジーボックスに触れたとき、日本盤ではジェネオンユニバーサルの「ワイルドスピード」BOXがとんでもなく安めで発売されたという過去もありますので、「BTTF」でもあり得るか?みたいなことを書きましたが、日本盤の概要も発表されましたね。

 日本盤はUKより1日遅れの10月26日発売。気になった価格は税込み8500円。が、ネットでは6300円程度で買えるところも。「ワイルドスピード」並みに安いということはないですが、良心的な価格設定と言えるでは。映像特典に関してはUK盤と変わらず(のはず)。ただオマケとして日本盤には40Pのブックレットが付属。UKの通常版(ブックレット付属かどうかは分からん)は現時点のレートで5100円程度(送料含まず)。ティンBOX版はポスター、フォトなどのオマケがついて約6100円(送料含まず)。UK通常版買うなら、送料を考えると、日本版が手っ取り早い。けどティンBOX版はコレクター心くすぐります。TAKAは悩んだ末に、ポイント使えば日本盤が5000円で購入できるんで、今回UK盤は見送ることにしました。
 通常版  ティン版

【2010/08/02 11:39】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    07 | 2010/08 | 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。