SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



2ガンズ ( Written By TAKA )

2GUNS この作品もまた4週間もレビューを放置

 監督は本作以外にも「ハード・ラッシュ」でM・ウォールバーグと組んだバルタザール・コルマウクル。で、主演がそのマーク・ウォールバーグとデンゼル・ワシントン。当然ビリングはワシントンがトップですね。共演にJ・キャメロン御用達俳優ビル・パクストンに、サイクロップスことジェームズ・マースデン、あとは「ギャラクティカ」のエドワード・ジェームズ・オルモス。あ、そうそう久々に大画面で「レモ」「トレマーズ」のフレッド・ウォードも見れました。

 作品はライトなサスペンスアクションですが、ストーリーは簡単に説明するのは難しいな。ある意味ネタばれにもなるんで下で触れましょう。

<ネタばれあり>

・まあ要するにドラッグマネーが絡んだ潜入捜査ものなんですが、その潜入捜査官が2人いて、しかもそれぞれが違う部署から派遣されてるんです。更に、中盤までその2人がお互いに相手がそういう立場であることを知らないんですな。しかも組織の汚職も絡んできて、上司に裏切られたりするもんだから、話は結構込み入ってます。TAKAはもう少し単純なバディものかと思ってたましたよ、まあ人によっては「その通りじゃん」って人もいるかとは思いますが。

・デンゼルを大画面で見るのは久々。TAKAはこの人の映画で劇場鑑賞したのは「リコシェ」「フィラデルフィア」「ペリカン文書」「バーチュオシティ」「ボーンコレクター」「サブウェイ123」「アンストッパブル」。ってことは一昨年の正月以来か。硬軟問わず出演するホントに素晴らしい俳優だと思います。そして近年出まくってる感のあるウォールバーグ、こいつの映画では「パーフェクトストーム」「猿の惑星」「ハプニング」「ラブリーボーン」「ザ・ファイター」を大画面で鑑賞しましたね。やっぱアクション映画畑の人って印象が強く、結構好きな俳優さんです。その2人の主演でバディアクション、ってことで劇場に駆けつけたわけです。

・前述のように、決して単純なお話ではありませんでした(と思う)。けどそのお話が面白かったかっていうと、うーーんどうかなあ、そんなでもないかなあ。アクションも期待していたほどにガンガン出てくるわけでもなかったです。まあラストとかはそれなりに派手に見せるし、アクション映画を期待してたら肩すかし、ってほどでもないとは思いますが。

・結論としては、可もなく不可もなく程度でしょうか。レンタル待ちでもいいかもしれません。ただ劇場で鑑賞して損した、とも丸っきり思いませんけどね。主演2人はそれなりに持ち味を発揮してたと思いますし、後味良し!な終わり方も、スカッとして評価できます。

<ネタばれ終了>

 11月の劇場鑑賞は今作と「パーシー」の2作のみ。12月はいよいよ正月映画!なんですが、今年はどうも小粒な感じがしますね。一応「47RONIN」「ゼログラビティ」を見に行く予定。場合によっては子どもと一緒に「くもりときどきミートボール2」も見に行くかも。
...read more
スポンサーサイト



パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海 ( Written By TAKA )

percy2.jpg 初日に見てたのに3週間もレビューを放置

 監督は前作のクリス・コロンバスからトール・フロイデンタールにバトンタッチ。この人、今作が日本では劇場映画デビューとなります。今までの監督作は日本じゃ未公開ですな、どうもファミリー映画畑の人みたい。主演のトリオ、ローガン・ラーマン、アレクサンドリア・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソンは続投。前作は脇が賑やかで、ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーン、ユマ・サーマン、ジョー・パントリアーノ、スティーブ・クーガン、ロザリオ・ドーソンなどなど、なかなか豪華な顔ぶれでした。けどその前作が思ったほど売れなかった(?)せいか、キャスティングにあまり金がかかってないとみました。今作には上述の人たちは丸っきり出てきません。新顔で見知った人と言えば、スタンリー・トゥッチ程度でしたよ。

 お話は、自らの身を犠牲にして仲間のデミゴッドを守った、タレイアのお話から始まります。彼女は死してもデミゴッド養成所に障壁をはって守っていますが、その障壁が消滅する危機が訪れます。パーシーとアナベスは、タレイアを復活させるアイテム得るために、魔の海へと冒険へ旅立つことに。

 若干薄味ではありましたが、TAKAは前作を楽しんだクチです。興行的なことから続編製作に?マークはあったものの、無事製作されたんで喜んでホイホイと劇場に駆けつけました。

<多分気になるようなネタばれはなし>

・まずは結論から。前作以上に薄味です、これは間違いない。そしてギリシャ神話に絡めてお話が転がった前作でしたが、今作はその部分が随分希薄。シーンによっては「ハリポ」タイプのファンタジーに見えた場面もありました。ギリシャ神話に基づいたファンタジー映画を期待すると、確実に肩すかしを食らうでしょう。

・じゃあつまらないか?と言われれば決してそうでもありませんでした。確かに薄味なれど、面白いシーンは点在してますし、前作のRPG的な面白さも継承してると言えます。見てる間は鑑賞料金分は楽しませてくれると思います。もっとも鑑賞後3週間が経過した今では、記憶が曖昧な部分も多い軽~い仕上がりです。あ、そういうの嫌いじゃないんですけどね。

・不満点も挙げましょう。まずは本作の黒幕が前作同様にルーク、この点はいただけない。前作以上にケチなこそ泥程度にしか見えませんから。まあ原作通り(なの?)ならしょうがないんですが、盛り上がりには欠けました。次に、そのルークが蘇らせようとするクロノス。ルークは結局コイツを蘇らせて何がしたかったの?神々に反旗を翻す?それにしたってクロノスを制御できるとでも思ったんでしょうか?やっぱケチなこそ泥程度な奴ですな。で、その肝心のクロノス、ビジュアルは「タイタンの逆襲」のクロノスにかなり近似。けどサイズは随分小さめ、強さに至っては10分の1以下か。何たってパーシーにあっさり(ホントにあっさり)退治されますから。奴が復活して数分足らずで撃退されるという…拍子抜けもいいとこですわ。更に言えば、その対決の場として設定された廃墟めいた遊園地が全く意味なくて、かなりカックン。

・冒険が成功に終わり、養成所の障壁も復活!と思いきや、タレイア自身も復活!何か少しゴスっぽい邪悪さも感じさせるキャラで、今後の不穏な雰囲気を漂わせて終幕。ってかタレイアの女優可愛くない!ついでに言えば、新キャラのクラリサの女優さんもイマイチ好みじゃありませんでした。けどそれを補って余りあるアレクサンドラ・ダダリオのチャーミングさ!外見の可愛さもさることながら、スタイルもかなり凹凸あって素晴らしい!ヒロインを務めた「悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」ではその巨乳をギリギリまで拝ませてくれるんで、彼女が気になったら必見作だっ!

<ネタばれ、あった?>

 前作以上の薄味で、正直面白さもちと落ちますが、それでも普通~に面白かったですよ。3D版は例によって吹き替え版しかなかったんですが、見る前はゲンナリだった「まゆゆ」の吹き替えはそんなに気にならなかったなあ。
 前作から売り上げは更に落ちて…第3弾は果たしてあるのかっ!?
...read more



新「スター・ウォーズ」四方山話 ( Written By TAKA )

 ぎゃあ、前回の関連記事から半年以上経過してるう…。ってことで(?)、その間の新「スター・ウォーズ」に関するニュース&噂など。何せ、随分間が開いちゃったので、鮮度が落ちるネタも含まれてますが。

☆「エピソードⅦ」全米公開日決定
 これは新しいネタになりますな。2015年公開ってことは周知の事実でしたが、月日まで確定しました。それが12月18日!へ?アメリカで「スター・ウォーズ」公開といえば、伝統的に5月って気がするんですが12月ねえ。まあこれは下にも挙げる脚本問題等で、製作が5月公開までには間に合わない、なんて事情もあるんでしょうなあ。気になる日本公開ですが、年を越しての正月第2弾公開なんて中途半端な時期は考えられない気がします。今まで通り本国公開より数ヶ月遅らせるならば、春休み中なんてのもあり得るかも。もしくは同時公開で正月映画!興行的には一番メリットがありそうな気がしますね。

☆脚本リライト
 「トイ・ストーリー3」のマイケル・アーントが、ルーカスの原案を脚本化したものをJ・J・エイブラムスがリライトすることに。その作業に「帝国」「ジェダイ」脚本に関わったローレンス・カスダンが加わることになりました。何かバタバタしてるね、大丈夫なの?って気もしますが、カスダンが「スター・ウォーズ」ユニバースにカムバックするのは嬉しいですな。

☆ジョン・ウィリアムズ続投!
 音楽は御大が再び担当することが正式決定。夏にはそれについて彼自身が語ってるインタビュー映像もネットを賑わしました。「スター・ウォーズ」の音楽はやっぱジョン・ウィリアムズ、彼以外は考えられません。ただ何せ年齢が80を越えてますんで、新シリーズ終了まで元気ならいいんだけど…。

☆キャスティング発表は間もなく?
 「Ⅶ」の撮影開始予定はロンドンにて来春(ホントに2015年末までに間に合うの?)なんで、キャスティングもほぼ本決まりになってるんじゃないでしょうか?でも未だにハリソン・フォードは「出演が決まったわけじゃない」なんて言ってるし…。また「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナンがオーディションを受けたことを告白したり、ベネディクト・カンバーバッチは出演の噂を否定したり。ユアン・マクレガーやイアン・マクダーミッドがまた登場するなんて噂もありますねえ。

☆「クローン・ウォーズ」第6シーズン、2014年公開
 これは少し番外編的なネタ。第5シーズンで終了することがルーカスフィルムによって宣言された同シリーズ、製作済みの第6シーズン(今度こそ完結らしい)全22話がリリースされることが、デイブ・フィローニ監督によって発表されました。ただその形態はTV放映なのか、ソフトのみなのか未だに不明。どうであれ、ソフト自体はいずれリリースされるでしょうが、その場合はディズニーから発売されるんでしょうか?第5シーズンまでのワーナー版とパッケージングは統一して欲しいもんです。またディズニー系列で放映される『Star Wars Rebels』は、予定通り来年秋からスタート。

【2013/11/09 10:33】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



サマーシーズン映画ソフトが揃い踏み! ( Written By TAKA )

 「マン・オブ・スチール」「スター・トレック」「ウルヴァリン」のソフト発売告知はとっくに解禁になってましたが、忙しさにかまけて紹介が遅れてました。これでサマーシーズン(北米並みに6月からカウント)の大作ソフト発売は出揃ったことになるのかな。一通りおさらいしつつ、「超人」「宇宙大作戦」「爪」にも触れていきましょう。

まずは発売済みの「G.I.ジョー バック2リベンジ」
 
  

「アフター・アース」11月20日発売
 

「ワイルド・スピード EURO MISSION」11月20日発売
  

「エンド・オブ・ホワイトハウス」11月22日発売
 

「パシフィック・リム」12月11日発売
 
 

「ワールド・ウォーZ」12月20日発売
  

「ホワイトハウス・ダウン」1月1日発売
  

「ローン・レンジャー」1月15日発売


と、ここまでが当ブログでも紹介済みでした。ここから新規紹介の3作を。
まずは12月18日発売の「マン・オブ・スティール」
 
 
「パシ・リム」のように一番高いやつにもう1枚特典ディスク付き、とかそんな形態じゃなくて良かった。ここは素直に3D&2Dの商品買います。劇場では結局3D版は見なかったので、家庭でリベンジじゃ。ただしこの作品は未だにUK盤に日本語字幕が入ってる可能性を考えてますんで、もしそっちに字幕が入ってたら予約キャンセルしてUK盤買います。日本盤の半額以下(送料含まず)はやっぱ魅力的。
  

そして次に、正直1作目より面白かった「スター・トレック イントゥ・ダークネス」1月8日発売。
 
 
きたよ、amazon限定スチールブックに特典ディスクがもう1枚(DVDだけど)が…。しょうがねえな、それ買うか…と思ってたらいつの間にか、売り切れ。むううう、キャンセル待ちだなこりゃ。

最後が期待を幾分下回った「ウルヴァリン SAMURAI」、これも1月8日発売。


ええっと…3Dが欲しいなら、4枚組でいいんだよね?もうね、1作品につき何形態も商品が発売されるので「どれ買えばいいの?」って迷っちゃうよ!こうなると、ディズニーのMovieNEXとやらがシンプルに見えるな。もっともあれは3D欲しいなら、追加購入で割高になるという…何ともはや。

【2013/11/06 15:15】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



デアゴスティーニからジャッキー映画! ( Written By TAKA )

 デアゴスティーニから、TAKAの琴線に微妙~に触れる商品が発売されました。それが「ジャッキー・チェン DVDコレクション」。
deag jackie 1
最近はまたまたの失言騒ぎで、ネットなどを賑わせている兄貴ですが、そんなことで揺らぐほどTAKAのジャッキー熱は甘くないのです。で、10月29日に発売された創刊号は「プロジェクトA」のDVDが付属している模様。模様、ってのは最近ちっともTAKAは書店に行ってないので、実際の商品を自分の目では確かめていないのです。気になる商品内容はといえば、まずは当然映画DVD。そして今までのデアゴの映画DVD付属商品同様に、その映画の解説などが載った冊子(?)がつくわけです。その冊子の内容ですが、
deag jackie 2
まずは作品解説。ジャッキー映画に造詣が深いことで有名な宇田川幸洋氏が、創刊号には寄稿してる模様。今後もずっと宇田川氏が書くかどうかは、イマイチ分かりません。ただこの興行収益など、当時のパンフレットでは知り得ない情報などが書かれているみたいですね。
deag jackie 3
次に作品余話。まあ撮影裏話とか、こぼれ話みたいなもんでしょうか。これも「当時は語られなかったが…」なんて話があれば興味深いところ。
deag jackie 4
そして格闘シーン解説。こういったアプローチはパンフレットにもなかったし、解説するのがあの谷垣健治氏らしいんで、これは是非とも読んでみたい。
deag jackie 5
次が格闘シーン以外のアクションについて。これも谷垣氏による解説、今後もずっと彼が書くんでしょうかね?もうベテランスタントマンといっていい彼の分析は興味あります。
deag jackie 6
そしてアーカイブ。その作品にまつわるグッズ紹介。フライヤーやチラシ、ポスター、パンフ、キャラクターグッズ、映像ソフトの紹介などでしょうかね。マニアには心躍る企画です。
deag jackie 7
最後がストーリー。映画のストーリーじゃなくって、ジャッキーの生い立ちなんかです。ここは「愛してポーポー」「僕はジャッキー・チェン」を熟読した身としては、正直「今更…いらないかなあ」です。

 冊子の中身はぱっと見、なかなか充実してる感じ。合計で何ページくらいあるんでしょうかね?じゃあ「買うか!」と言うと…買いません。だって値段が創刊号こそ890円ですけど、第2号から1790円ですぜ。それが隔週刊だから、一月につき約3600円。しかも今更DVDいりません…まあBlu-rayだとしても、もう結構なジャッキー映画タイトルを所有してる身なんで、やっぱ「いらない」になっちゃうんですがね。でも冊子は欲しいなあ、けどそれだけ売ってくれるなんてことはないだろうなあ。誰か買った方いましたら、是非感想を聞かせて下さい。 
 60号まで刊行予定だとか。とりあえず判明してる分の今後の予定は、「酔拳」「スパX」「ポリスト」「酔拳2」「蛇拳」「ラッシュアワー」「木人拳」「蛇鶴」らしいです。



今年のプロ野球終幕 ( Written By TAKA )

何か今年のプロ野球は「楽天」を中心に回ってたような気がする。
勿論、田中将大という絶対的エースがいてこその快進撃だったわけだけど、
そこには
東北地方の被災した人々、そしてまだ不自由な生活を送ることを余儀なくされてる人々の想い
球団創設9年目にして、初めて挑むリーグ制覇、そして日本一
また
未だ監督としては日本一を成し遂げていない星野仙一の執念
など、様々な要因が重なり、楽天以外のファンでも、「奴らが勝つのならしょうがない」的な雰囲気が漂っていた。
勿論プロの世界なので、そこに「実力」という絶対的要因がある訳だけど。
そういう意味では、「巨人ファンでもなければ、とりあえず楽天を応援するべ」な日本シリーズの雰囲気の中
原巨人はやりにくかったかもしれない、また打線は本来の実力を発揮できなかったかもしれない。
けどそれらは全て言い訳に過ぎないし、今はただ楽天の日本一を成し遂げた努力を称えるべきだろう。

2013 japan series

原巨人よ、また一から出直しだ!

【2013/11/03 22:54】徒然日記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    10 | 2013/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。