SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



TAKA的2013年劇場鑑賞映画ベスト10 ( Written By TAKA )

 いやいや、この12月は忙しすぎて、全くこのブログも更新できませんでした。TAKAも昨日から年末の休みにやっと突入、そして既に大晦日で、この記事を書いとります。今年最後の更新は例年恒例の「ベスト10」で締めようかなと。今年劇場鑑賞した映画は

1月:「96時間 リベンジ」「LOOPER ルーパー」
2月:「アウトロー」「ダイ・ハード ラストデイ」
3月:「オズ はじまりの戦い」「ライジング・ドラゴン」「ジャックと天空の巨人」
4月:「アイアンマン3」「ラストスタンド」
5月:「藁の楯」「オブリビオン」
6月:「バレット」「G.I.ジョー バック2リベンジ」「エンド・オブ・ホワイトハウス」「アフターアース」
7月:「ワイルド・スピード EURO MISSION」
8月:「ワールド・ウォーZ」「ホワイトハウス・ダウン」「パシフィック・リム」
   「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「マン・オブ・スティール」
   「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」
9月:「ウルヴァリン SAMURAI」「エリジウム」「そして父になる」
10月:「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」
11月:「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」「2ガンズ」「REDリターンズ」
12月:「47RONIN」「ゼロ・グラビティ」

計31本、ここ数年横ばい状態の鑑賞本数。では1位から順を追ってみていきましょう。

pacific rim_b 1位:「パシフィック・リム」
 これはね、もう問答無用の面白さでしたよ。ソフト買って、もう2度も見ちゃいましたもん。でもやっぱ劇場の大画面&大音響の迫力には敵いませんね、残念ながら。とかいいながら、今後何回も見直しちゃいそうな可能性大。



star trek 2 2位:「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
 1作目より娯楽映画としての面白さは上、3D映画としてもなかなかの出来でした。J・Jの作る新「スター・ウォーズ」にも期待が高まります。





man of steel japan 3位:「マン・オブ・スティール」
 「ドラゴンボール」実写化も十分できそうな(ってアレはありましたけどね)、クライマックスのバトルが見応えありました。今回のシリアス寄りの作風から、次作の「スーパーマン VS. バットマン」なんてタイトルから推測されそうなノリにどう繋げるのか関心大。



a good day to die hard 4位:「ダイ・ハード ラストデイ」
 いい評判なんてほとんど聞かないシリーズ第5作。まあね、確かに「ダイ・ハード」としてはどうか?って思いも分からなくもないです。けど十分面白い「アクション映画」でしたよ。




gravity 5位:「ゼロ・グラビティ」
 世評ほど絶賛のクチではないものの、素直に面白かったですね。サンドラ・ブロックはいい女優さんになったなあ。





oblivion 6位:「オブリビオン」
 未だにあの終劇の仕方は納得いかないけど、それを抜きにすればよくできた映画でした。





IRON 3 japanese poster 7位:「アイアンマン3」
 シリーズ完結編としては、上手くまとまってた感じが。アイアンマンというよりトニー・スタークの物語として終結させたのも頷けます。完結といっても、彼のアイアンマンは「アベンジャーズ」シリーズでまだ見られそうですね。



chinese zodiac_b 8位:「ライジング・ドラゴン」
 これはちとファンの贔屓目が入ってるかなあ。いやね、でも還暦に近い兄貴があそこまで体を張ってる事実には、やっぱ素直に感動したのですよ。





olympus has fallen 9位:「エンド・オブ・ホワイトハウス」
 ホワイトハウス映画対決は、今作にわずかに軍配か。ホワイトハウス制圧の数十分の下りだけに関して言えば、今年1位だったかも。あそこはスゴイですよ。




furious 6 10位:「ワイルド・スピード EURO MISSION」
 正直、面白さでは前作より落ちる。けど、怒涛のクライマックスは見応えあり!つくづくポール・ウォーカーの早すぎる死が惜しまれる。けど次作で彼の不在(登場シーンはあるみたいだけど)を、どうこじつけるかに興味もありますね。



 2014年最初の劇場鑑賞はスタローン&シュワの「大脱出」予定。新年早々に景気のいいアクション映画が見られそう。

 さて、今日は夕方から妻実家でご馳走食いながら、「紅白」見る予定。で、帰ってきてから「ガキ」録画を見るという、何とも代わり映えのしない年越し。まあ代わり映えしない、ってのは平和でいいことなんでしょうね。
yoona 2013



スポンサーサイト



47RONIN & ゼロ・グラビティ

 皆様、もう年末年始のお休みには入ったんでしょうか。TAKAは今日も仕事、休日出勤ですよ…。で、その合間にちょこちょこと、この記事を書いてます。年末恒例の「今年劇場で鑑賞した映画ベスト10」やりたいんですが、その前に未レビューの2本を終わらせなきゃ。ってことで、仕事の合間なんで、メチャメチャ簡潔にいきます。

47 RONIN
  本国でも、そして頼みの綱の日本でも大いにコケてるようですな。まあTAKAは「どうせ勘違いしてるんだろーなー、そういったことを承知で見に行くぜ!」だったんで、ダメージはそんなにありませんでした。まあ確かに「こ、これは日本!?」な描写は数多くあり、時間さえあれば突っ込みどころ満載なこの映画を詳しくレビューしたいんですがね。
 まあそこそこ楽しめましたよ、ファンタジーとして。けど「侍の生き様の美学」も全面に押し出してくるんで、そこら辺ちとチグハグな感は否めませんけど。

gravity
 枠組みは完全にパニック映画のそれですよね、しかもワンプロットの。こんな単純な枠組みで、しかも鑑賞後には何か深遠なものも感じさせるという、上手いですよね。真空パニックという新しいジャンル(?)で、サンドラ・ブロックが大熱演!
 上で「深淵」なんて書きもしましたが、単純にエンタテインメントとしても成立してます。シンプルながらハラハラドキドキ、しかも正味90分程度というタイトな仕上がり。全く違う映画ですが、「96時間」を思い出しました。



2ヶ月ぶりの予約晒し ( Written By TAKA )

 いよいよ今年の終わりも目前に迫って参りました。師走の忙しさで全く更新できてません。「47RONIN」「ゼロ・グラビティ」のレビューも放っておいたまま。で、約3週間ぶりの記事と言えば、相変わらずの「予約晒し」、って言ってもこれも2ヶ月ぶりだけど。では始めに、前回まで晒しておいての、これから発売を控えるブツを。
  
  


 ここから新規予約。
  
 
 
 全て2月5日発売。「エリジウム」はそれなりには面白いんだけど、どうにも突き抜けてなかった感ありありの映画。お茶の間でもう1回確認してみます、プレミアムエディションを買おう。
 「チャイルド・プレイ」久々の新作は、既にレンタル開始してるんで、それ見て面白かったら買います。ってことで現時点では未予約。UK盤に日本語字幕あるんで、そっちの方が安上がり。とは言え、その内日本でも廉価版が出ると思うけど。
 「死霊館」もレンタル確認してから、ってことで現時点未予約。予告見る限りでは結構面白そうだし、本国じゃメガヒット。けど同監督の「インシディアス」も見切り発車購入で、実際買ったら「レンタルで確認しといた方が良かった」だったんで、今回は慎重にいきます。
 「テキーラ・サンライズ」はさほど面白いとも思えないんだけど、映像と音楽が好きなんだよなあ。今じゃ業界を干されたメル・ギブソンも、この頃は正統的な二枚目俳優(現シワシワ親父)でした。

 
 2月12日発売。権利関係が難しかったのか、なかなかBlu-ray発売されなかったジャッキーが2役に挑戦したアクションコメディ。DVDからの買い換え。エクストリーム・エディションでの発売ですが、日本公開版って、何か違うんだっけ?少し高いけど、いずれ値崩れしそうな気もします、実際「ポリスト」やブルース・リー映画のエクストリームも今では大幅値引きしてますしね。けど兄貴マニアとしては、早めに買っちゃうんだよなあ…。
 また2月27日には、「シティーハンター」も発売。DVDです。以前出たやつは日本語吹き替えのみ収録とは言え、ワンコインで買えるという爆安な商品でした。で、今回出るブツは、吹き替え&広東語、そして英語も収録。ただ現時点で判明してる限りでは、特典映像はなさそう。この仕様で片面一層、そんなんで「SPECIAL VERSION」とはちと誇大広告じゃね?

 
 どちらも廉価で2月26日発売。「ベスト~」はやっと出るんですな。ジュリア・ロバーツは特に好きな女優でもないし、気になる映画も殆どないんだけど、この作品は無邪気に楽しい。若いキャメロン・ディアスがすごくキュート。
 「ザ・インターネット」はDVDからの買い換え。多分今見れば題材的に少し古くさく感じるのでは?映画は面白いと思うけどね。

 
 2月27日発売。DVDからの買い換え。人間核弾頭の触れ込みで華々しく単独主演デビューを飾りましたが、ハッキリ言って不発弾…なドルフ・ラングレン初期作。ブッシュマンとの絡みとか、ユニークと言えば聞こえはいいけど、どうにも変テコリンな映画。こうなったら「パニッシャー」も一刻も早くHi-Def化してくれい。

 
  
 全て3月5日発売。「ロボ」はね、以前出たブツは持ってるんスよ。で、今度出るのはあの「吹き替えの帝王」シリーズとしてのリリースなんですな。TAKAは今までにも何度か言ったように、吹き替えに関してはあまり(というか全く)興味がないんです。「なら、スルーでいんじゃね?」なんですが、今回の商品は4Kデジタル・トランスファーマスターらしいんですよ。正直、以前のブツは画質に関しては厳しい出来だったんで、そういう点では買い換えの意味もあるかと。ただ…高い…高すぎる…。
 「メリー」は2枚組DVDからの買い換え、それは結局一度も見なかったな…まあこんな買い換えが殆どだけどさ…ハァ…。
 「パーシー」もう出るんスかあ、早いなあ。1作目よりは落ちるけど、まあまあ面白かったんで、今回も購入します。勿論3D版で。


 3月12日発売。これもね、レンタルで確認してからにしようかと。っ言うか、今回はそんなの多いな、「予約晒し」じゃないですね。


 4月25日発売。これも「吹き替えの帝王」か。どうも前に出たブツとマスターは同様か?なら買い換える必要はないなと思いきや!何と「スピード2」も同梱!世間一般の評価はボロクソですが、TAKAはそれなりに好きなんスよ。けどそのために買うって言っても…やっぱ高ェよ…「2」の単品発売はないのかよ…。

【2013/12/20 13:15】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



REDリターンズ ( Written By TAKA )

RED2 初日に行ってきましたー。

 監督は前作の から「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソットにバトンタッチ。どうでもいいけど、「ギャラクシー~」が傑作すぎたせいか、この人はそれ以降パッとしませんな。メインキャラは前作と同じ役者がそのまま続投、これ続編ではかなり重要要素。ってことで、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカー、ブライアン・コックスが出てます。前作のモーガン・フリーマン、リチャード・ドレイファス、カール・アーバンに代わり、新顔ではキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、イ・ビョンホン、デビッド・シューリスが登場。ビョンはどうか知らないけど、キャストは前作にひけをとらない豪華さ。
 
 お話は、冷戦時代にモスクワに持ち込まれたまま行方不明とされる核兵器を中心に進みます。フランクとその恋人サラ、そしてマービンが核兵器に関わった嫌疑で各諜報機関から狙われる羽目に。彼らはビクトリアの協力を仰ぎ、事の真相解明に乗り出すが、そこには予想もしない陰謀が潜んでおり…というもの。

<ネタばれあり>

・前作は(そこそこ派手な見せ場もあるものの)ベテラン俳優達の余裕しゃくしゃくな演技が楽しい快作でした。決して見せ場がつるべ打ちな今風のアクション映画ではなく、幾分ゆったりとしたテンポ、けど間延びしないという絶妙さ。なかなか満足して劇場を後にした記憶があります。ですから、今作にもその絶妙~な「間」を期待して鑑賞に臨みました。

・で、結論…今作は結構今風のノンストップアクション映画に仕上がっとりましたよ。アクション映画としては確実に前作より派手に、陰謀を巡って各国が舞台になるんで、スケール感もアップしました。ですから鑑賞後は素直に「普通に面白えな」って思いましたが、その反面「けど期待してたのとはちょっと違う面白さだな」って思いも同時にありました。

・ブルース・ウィリスは相変わらずの能面演技…いや最近にしては少しは表情らしきものがあったかな。何にしても強すぎ。その分メアリー=ルイーズ・パーカーは騒々しいくらいの賑やかさでした。キャラ的にはかなり冒険好きに針が寄りましたね。「ロマンシング・ストーン」「ナイルの宝石」のキャスリーン・ターナー的になった気が。マルコビッチはあまり活躍の場が与えられなかった気がするけど、あのトボけた雰囲気はこのシリーズの不可欠要素でしょう。前作のガトリングガンぶっ放しにしびれたヘレン・ミレン、今作では終盤に訪れた二丁拳銃にまたもしびれました、男前すぎます。

・新キャラに目を移すと、まずは彼じゃなくてもよかった気がするデビッド・シューリス。少し勿体ない使われ方。勿体ないと言えば、ゼタ=ジョーンズも。正直「お色気」面では、少し年がいきすぎた感があり。それだけに彼女にもアクションの見せ場が一つくらいあっても良かった気がします。そしてホプキンス、中盤までは「少し頭のネジが外れたジジイ」。この程度でホプキンスが出る意味が?と思ったことも事実。けど終盤で突然レクター博士になりました。まあ新味はないけど、「そうきたか!」と唸る人もいるのかな?余談ですが、ブライアン・コックスはホプキンスがレクターを演じる前に「刑事グラハム」でレクターを演じたんで、今作は「新旧レクターそろい踏み」ってことになりますな。新キャラで一番目立ってたのはイ・ビョンホンか。「G.I.ジョー」に続き、またも意味なく腹筋ワレワレな裸体を晒しとります。あれでオバさま方はウットリするのでしょうか。キャラ的には非情な殺し屋なれど、言動には少し間抜けな部分もあり、結構おいしい役柄だったかも。

<ネタばれ終了>

 アクション映画としては今作の方が前作より少し上かも。けど作風というか、雰囲気は前作の方がずっと好き。売れれば3作目も…な終わり方でしたが、北米では9000万ドル→5300万ドル、(現時点での)世界興収でも2億ドル→1億4000万ドルとガクッと下がってますんで厳しいかも。





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    11 | 2013/12 | 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。