SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



フォード・フェアレーンの冒険 ( Written By TAKA )

 The Adventures of Ford Fairlane レンタルで見ましたー

 監督は「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリン。主演に当時大人気だった(らしい)スタンダップコメディアンのアンドリュー・ダイス・クレイ。

 簡単にレビューいきますね。

・TAKAが本作を初見したのは、VHSがレンタル開始されて即だったと記憶してます。大学生でした、友人数人と鑑賞したんじゃなかったっけ。北米じゃスマッシュヒット二歩手前程度の興行でしたが、日本じゃ大コケだったらしく、公開3日間で打ち切り(真偽のほどはよく分からず)だったとか。そういった情報も知ってた上での鑑賞でした。で、確か友人達とゲラゲラと笑いながら鑑賞した記憶が。「世間一般の評判なんて、個人の嗜好の前じゃ意味ねーなー」なんて思ったこと覚えてます。

・なかなかDVD化しなかった本作、めでたく(?)昨年11月に解禁。何でもDVD化リクエスト希望をうけての発売だったらしいんですが、どんな作品でも根強いファンはいるもんです。で、20年以上経っての再鑑賞となりました。「昔は面白く感じたけど、今見たらどうなんだろ?案外一般的な感想同様につまんない、なんて思っちゃうのかな」なんて思いながらね。

・結論…なかなかの傑作。今回も十分面白く鑑賞できましたよ!ロックンロール探偵というバカな設定。それに輪をかけてバカなストーリー展開。そして何よりもバカな主役のキャラ。とにかくバカ満願全席のようなバカ博覧会映画。とにかくアンドリュー・ダイス・クレイという男の魅力(?)に負うところ大です。差別ネタでブレイクしたコメディアンらしいですが、そのネタゆえに世間から見放されるのも早かったようです。けど今作は是非パート2も作って欲しかったくらいに面白ェーですよ。彼は今も細々と映画やTVに出続けてるみたいだけど、主役張るようなことはもうないんでしょうな。

・そして今も細々と…といえば今作のレニー・ハーリン。今作が北米ボックスオフィス初登場5位だった週末の1位はなんと「ダイ・ハード2」。同監督の作品が同時に2作チャートイン、ってのはあんまりないのでは?TAKAは「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」は勿論、コケた「カットスロート・アイランド」「ロング・キス・グッドナイト」も大好き。あ、ついでに「ディープ・ブルー」も。けど最近は小品が続き、久々に手がけた大作「The Legend of Hercules」も公開第2週でトップ10圏外へ…厳しい。
The Adventures of Ford Fairlane pic 撮影中の1コマ、左がハーリン、中央がバカ探偵

・VHSリリース時は何故か「フォード・フェアレーン」ってタイトルだったけど、今回のDVDできちんと劇場公開時の「フォード・フェアレーンの冒険」のタイトルに戻りました。レンタルDVDでの鑑賞でしたが、こりゃBlu-ray欲しいよ。是非発売して欲しい!…って無理かなあ。
The Adventures of Ford Fairlane pic2
Blu-rayじゃないのかよ!Un-fucking-believable!
スポンサーサイト



大脱出 その2 ( Written By TAKA )

escape plan poster それでは昨日の続きで。

<ネタばれあり>

・2人合わせて130歳以上ってことで、爆発ドッカンドッカンな派手派手アクション映画は期待してませんでした。そもそも脱獄映画だしね。ただそういう思いをもっていても「あれ…予想以上にアクションが少ないなあ」って思いました。何せそういったシーンが展開されるのは終盤程度ですから。基本的にはサスペンス映画ですね、コレ。まあそのサスペンスも褒めるほどではないかな。影の悪役は配役から予想できる程度だし、ジム・カヴィーゼルのキャラにももう少し工夫した肉付けが欲しかった。ヴィニー・ジョーンズ扮する看守も、もっと上手く使えたかなあ。そして一番残念なのがサム・ニール。せっかく彼を起用するのであれば、あのやさぐれた雰囲気は何故か?またスタに協力した後の姿も少しは描いて欲しかった。正直勿体ないです。

・スタのキャラは相変わらずスタ、ただシュワは最初からスタに協力的な態度で接してくるので、「コイツの真意は…?それともホモ!?」なんて考えたり(ゲラゲラ)。けど少しくらいはスタと敵対するような設定でないと、キャラ的には弱く感じました。シュワの正体と、真の狙いは最後の最後で明かされますが、これに関しては「ああそうだったのね」と少し関心。

・期待のアクションはクライマックスに集中。そこでは脱獄映画ながら銃撃戦や爆発シーンが展開。だってスタだしシュワだしね。そのシーンの中で、シュワがヘリから機銃を取り外し、見栄をきって乱射する下りがあります。そこでシュワの目元がアップになって、音楽も勇ましく鳴ります!あの見せ方は確信犯ですよね、見栄を切る所なんてスローモーションだし。確信犯、といいましたが「監督ここら辺のシュワの使い方分かってるねえ」って思いました、一緒に見に行ったアメリカ人は手をたたいて大喜び(ゲラゲラ)してましたよ。

・クライマックスのアクションシーンに関しては満足したし、鑑賞後の感想は「結構面白い」です。けどぶっちゃけ言わせてもらえば、「もっと早く共演して欲しかった」よ。「ランボー」「コマンドー」の頃の彼らが、共闘してコンバットアクション繰り広げるような映画が見たい!まあその頃の彼らなら共演は不可能だっただろうし、また今の彼らに「ランボー」のような映画で共演して、ってのも無理なんだろうけど…。

<ネタばれ終了…ってそんななかったと思うけど>

 シュワは正直老いた感が否めませんが、1歳年上のスタはホント元気だねえ。アップになれば寄る年波は隠せないけど、動きなんてまだまだイケてますよ。スタの次作はデ・ニーロとのロートル・ボクシングマッチを描く「リベンジ・マッチ」、本国での成績はまたまたイマイチ振るわず…。シュワの「サボタージュは」は何とクリスティーの「そして誰もいなくなった」を下敷きにしたアクション映画!予告を見る限り、「そして~」の匂いは全く感じられず(ゲラゲラ)、期待できそうだ!



大脱出 その1 ( Written By TAKA )

escape plan  先週末見てきましたー。

 監督は「1408号室」「シャンハイ」のミカエル・ハフストローム。主演にシルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーというアクション映画2大巨頭。共演はジム・カヴィーゼル、ヴィンセント・ドノフリオ、ヴィニー・ジョーンズ、サム・ニールといった渋めどころ。

 基本的には脱獄映画。セキュリティ会社に勤めるスタは主に刑務所の防犯体制の不備を指摘するプロ。その彼が何者かがしかけた罠にはまり、極秘刑務所(?)に収監されることに。そこで知り合った囚人のシュワと共に脱獄計画を練るわけです。

 今作は何と言ってもスタとシュワという、共に一時代を築いたアクションスターが本格共演するというのが売り。今までにも「エクスペンダブルズ」2作で顔を会わせていた2人ではありますが、あちらは基本的にはシュワは美味しい所だけに出没する役柄でしたから。
 「昔はライバル関係だったけど、今は友人に近い間柄」、今回共演するに当たって既にいろんな所でこの言葉が書かれてます。奴らが第一線で活躍していた頃に、実際どの程度の思いで相手を意識していたかは本人たちしか知らないところ。けどお互いの作品で、お互いに触れていることは何度かありますよね。スタは「デッドフォール」の中で、刑務所(そういやこの作品も一応脱獄シーンあるね)で囚人(マニアック・コップ!)に「お前、コナン・ザ・グレートに出てたな!」と言ったり、「デモリッションマン」の未来世界ではシュワが大統領(だったよね?)の設定でした。またシュワは「ツインズ」で「ランボー3」のポスターに向かって筋肉比べをするかのようなジェスチャーをしたり、「ラスト・アクション・ヒーロー」内の世界では「T2」の主演はスタという設定でした。かように、世間的にも「2人はライバル」とアピールできるような関係だったことは確かでしょう。そんな2人が本格共演するわけですから、彼らの映画を好んで劇場鑑賞してきたTAKAが期待するなって方が無理。
 けどスタの「バレット」、シュワの「ラスト・スタンド」という近作は共に本国のボックスオフィスでは撃沈。「バレット」は確かに古臭い感じ(=つまらない、ではない)だったけど、「ラスト~」はもう少しヒットしてもおかしくない出来だっただけに、「もはや一般的なニーズはあまりないのか!?」なんて感じましたし、その2人が共演した今作も3000万ドル以下という芳しくない成績でした。上で「一般的なニーズ」と書きましたが、彼らの全盛期を知らない「若者のニーズ」がないんでしょうなあ。実際TAKAが鑑賞した回の客の年齢層も高めでしたよ。TAKAが中学生だったり高校生だったりした頃は「ランボー」見に行こうぜ!「コマンドー」見に行こうぜ!だったんですが、今のそういった年齢層が「大脱出」見に行こうぜ!とどれだけなるか…。

 おっと、実際のレビューに入る前に少し長くなったんで、2回に分けましょう。



1月~4月の劇場鑑賞予定晒し ( Written By TAKA )

 今年に入ってから「くもりときどきミートボール2」「大脱出」の2本を劇場鑑賞しました。今日は4月程度までの劇場鑑賞予定を晒していきましょう。

ender 「エンダーのゲーム」:1月18日公開。
あちらじゃ有名らしい原作を巨額の製作費で実写化!けどあまりヒットしなかったし、TAKAの「見たい!」欲もどうにもあまり高まらない。けどこういったジャンルは大画面で見てこそ!なんだよね。殆どの映画をレイトで鑑賞するTAKA、こちらホス地方じゃレイトは吹き替え版のみ…原語主義には厳しい。今週末公開だってのに、まだ見に行くか迷ってます。


thor2 「マイティ・ソー ダーク・ワールド」:2月1日公開
来たるべき「アベンジャーズ2」に向けて、外せない1本。正直前作は微妙な仕上がりだったけど、今作はどうでしょ?



ryan 「エージェント:ライアン」:2月15日公開
「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」「トータル・フィアーズ」に続く、ジャック・ライアン映画第5弾。ついでに言えばライアンはA・ボールドウィン、H・フォード、B・アフレックに続いて4代目のクリス・パイン。ライアンはアナリストのはずだけど、あんまり彼は頭良さそうに見えないよね。


kick ass2 「キックアス2 ジャスティスフォーエバー」:2月22日公開
あんまりいい評判は聞こえてこないけど、前作が好きだから見に行きます。本国でコケてるんで、3作目はないのかなあ。


hobbit2 「ホビット 竜に奪われた王国」:2月28日公開
予告編を見る限りでは、前作よりアクションが多そうで期待が持てます。日本じゃ「LOTR」ほど盛り上がらなかった前作、今作は更に売れるべく宣伝に力入れるため正月から公開延期となったそうですが、宣伝見かける?


riddick2 「リディック ギャラクシーバトル」:3月8日公開
「ピッチブラック」は結構評価高かったクリーチャーもの、「リディック」はお話の風呂敷広げて金もかけたけど、B級感が拭えなかった。さて、この3作目はどうでしょう?何でも1作目の雰囲気に戻ってるらしいですな。


robocop 「ロボコップ」:3月14日公開
どうも黒いロボコップのビジュアルには違和感を覚える。まあこれはオリジナルとは別物、と割り切って鑑賞した方が得策でしょう。多分アクションも今風にバージョンアップしてると思うし。画像のチラシ(?)はお面タイプのもの。




lone 「ローンサバイバー」:3月21日公開
映画に出まくってるよね、なマーク・ウォルバーグ主演。単なるアクション映画と思いきや、何か賞レースの候補になりそうなんて声も聞こえる。単なるアクション映画でいいんだけどなあ。


revenge match 「リベンジ・マッチ」:4月4日公開
「ロッキー」なスタローンと、「レイジング・ブル」なデ・ニーロのボクシング映画。ロートル同士が試合するなんて笑い話にしかなりそうもないけど、実際コメディ映画らしい。スタのコメディ映画って「刑事ジョー」以来!?


captain 2 「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」:4月19日公開
マーベルユニバースは続くよどこまでも。「ソー」もそうだった(シャレではない)けど、コイツの前作も微妙~だった。けど「アベンジャーズ2」のためにはやっぱ外せない1本。


amazing spidy2 「アメイジング・スパイダーマン2」:4月25日
「アベンジャーズ」には交わらないけど、マーベルヒーローの代表格が再降臨。そういやコイツの前作もこれまた微妙~だった。エレクトロはどうにもMr.フリーズにしか見えん。



久々に未公開映画をレビュー ( Written By TAKA )

 以前はこのブログでレンタル等で見た映画について触れる機会もあったんスが、もう最近は(正直)メンドくさくて随分ご無沙汰です。で、先週末に日本では劇場未公開におわった映画(といっても、後の2本はTVムービーやらビデオムービーやらでがんす)を、3本立て続けに見たんで、珍しくそいつらについて触れます。
  
 まあ未公開映画は珍しく当たる時もありますが、たいていの場合はハズレか、それほどハズレなくても「やっぱ大画面で見るほどじゃねえね」程度が大半ですがね。で、その3本ですがその3パターンの「おお、なかなか面白ェじゃねえか」「こりゃヒデェな」「まあまあ…時間つぶし程度には…なったか?」だったんですよ。簡単に触れていきますね。

 まずは結構な当たりだった「悪霊のはらわた」。タイトルからして分かるとおりのホラー。

「ぎゃああ」
な表示画面ですなあ
もう臆面もなく「死霊のはらわた」のオマージュというか、パクリというか。まあ未公開ホラーってのは大抵が「死霊のはらわた」、または「悪魔のはらわた」「ゾンビ」とかの影響下にあるものが多いですな。で、この「悪霊のはらわた」ですが、日本では珍しやスウェーデン映画ですよ。上述通り「死霊」チックなんですが、ユーモアもへったくれもない、気が滅入るようなグチャグチャドロドロですよ。気が滅入ると書いたけど、そんな重苦しいわけではないです。スカッとグチャグチャ(って訳でもないが)。ホラー好きなら一見の価値あり。あんまりな邦題と、アルバトロスからのリリースだからといって敬遠することなかれ。

 次がもう見てて目を覆いたくなるような出来の「シャークネード」。パニック…映画でいいんだよな?

 上の予告編が面白そうだったんスよ。海上で起こった竜巻が陸地に移動したため、異常発生したサメどもが、その竜巻に舞い上げられロサンゼルスに上陸!もうね、脚本家にハグして顔中にキスの雨を降らせたくなるほどの素晴らしさ、いやマジで。けどねえ、その大嘘も、金かけないとこれだけ惨くなっちゃう良い例ではないかと。とにかく脚本以上にデタラメな作品の出来に、見てて「俺はなんでこんなものを見てるんだ…」となること必至。突っ込み所を挙げればキリがない(マジでキリがない)ので、メンドくさいからやめときます。ただクライマックスの「○×がチェーンソーで△□から出てきたら、ついでにあいつも」の下りは、真夜中にも関わらず近所中に響き渡るような大声で大爆笑。何でも本国では好事家どもにウケて、続編製作も決定したとか…マジか。

 そして最後に、見て損したとも思わんけど、見なくてもいいんじゃね?程度の「フライトナイト2」。

 80年代の「フライトナイト」も2作目がありましたが、2011年作の「フライトナイト」にも続編ができました。ってことで、鑑賞に臨む前に、購入しただけで未開封だった前作の3Dソフトを鑑賞しました。やっぱオリジナルには遠く及ばないね、アレ。で、2作目ですが、前作と丸っきり関係ないじゃん!って言うか、キャラの名前だけが前作と同じで設定が違う(ついでに俳優も違う)。復習の意味がなかった…。内容自体も上で書いたとおり「ヒマつぶしにはなった…かなあ?」程度で、ある意味全く記憶に残らない仕上がりでしたとさ。

 「シャークネード」に懲りずに、来月はコイツをレンタル予定。まず間違いなくハズレ、でも借りる。




くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密 ( Written By TAKA )

cloudy2 
 今年一発目の劇場鑑賞予定は「大脱出」のはずだったんスが、予定変更~で、子ども達と一緒にこの3D吹き替え版を見てきました。

 監督は「オープン・シーズン3」のコディ・キャメロン。ボイスキャストは前作に続いてビル・ヘイダーとアンナ・ファリスが主人公のフリントとサムを担当。

 お話は完全に前作の続き、っていうか直後から始まるんで、前作の復習は必須な気がします。自らの発明により一躍有名になったフリントは、世界的に有名な発明家チェスターに自らの会社に招かれて有頂天に。しかしチェスターには心に秘めた野望があり、フリントの発明を自らの私利のために利用しようとしていた。チェスターの陰謀により、仲間と心が離れてしまったフリントだったが…。

それでは気になるようなネタばれなしでレビューいきましょう。

・まずは子どもと見に行くという点で、今作というチョイスはなかなか正解だと思います。時折クスクスと、そしてたまにゲラゲラと我が家の11歳児と6歳児は笑っておりました。前作の「空から食べ物が降ってくる、そしてその食べ物がどんどんデカくなる」という展開自体が子どもにウケそうな具合でした。そして今作では、生きている食べ物(フードアニマル)が多数登場します。その中には「少し幼い子どもには怖いかな?」なんてキャラデザインもありましたが、6歳児は平気で見てたんで、取り越し苦労か。

・上で「少し怖いか?」なんてことも書きましたが、フードアニマルの大半はグッズになりそうな可愛らしいデザイン。まあここらはマーケティングなんでしょうね、この映画のターゲットは子ども、そしてそれに付きそう親たちを中心としたファミリー層ですから。ストーリーも他愛ないというか、まあ王道的ですよね。序盤はいかにも楽しげに話しは進み、その内主人公の挫折を描き、最後は仲間と協力して大団円という。親が安心して子どもと鑑賞できる筋立てでしたよ。

・子どもが笑ってた、と言いましたが、40半ばのオッサンであるTAKAも結構笑いましたよ。特に主人公の相棒である猿のスティーブが、「お~い~わ~い~」と叫びながらスローモーションになるクライマックスは大爆笑でした。またCGアニメと3Dの相性はやっぱり良くて、結構効果ありました。そしてタレントなんかじゃなく、声優が担当した吹き替えも安心して楽しめました。

 まあ多分「今年劇場鑑賞した映画ベスト10」の上位に入ってきそうな感じはしないですが、「子どもにサービス」という意味合いでの満足感はなかなかのものでした。
 見た映画のパンフは全て買う、なポリシーのTAKAなんで今作のパンフもゲットしました。が…パンフの中身も低年齢層向けの絵本的な感覚。舞台裏なんて皆無で大人的にはスッカスカな内容。今作にちなんだキャラ弁紹介ページなんてTAKAには全然必要ないし…。オッサン映画ファンにはキツいっス、ああ700円…。



2014年の映画鑑賞始動 プレデターで! ( Written By TAKA )

 皆様、明けましておめでとうございます。
2014年、いいスタートをきったでしょうか?有意義な年始を送っているでしょうか?
TAKAは実にダラ~っと過ごしております。そんな訳で、夜更かししつつ既に3本の映画を鑑賞しました。

  

 今年最初の鑑賞となった「俺はまだ~」はな~んか思ってた映画と違ってて、正直退屈気味でしたよ。主演の堤真一より、脇の濱田岳の方が印象に残っちゃったり。で、じゃあ邦画連続で巻き返しだ!っと臨んだ「探偵2」は可もなく不可もなく…ってところ。では磐石の「プレデター」で!…って何回目だ?この映画見るの。まあ映画自体途方もなく素晴らしいのは今更言わずともよし。この商品は「あの名作が3Dで!」なのが肝であって、そこら辺興味津々で鑑賞しました。が…ムウウ…まあ奥行き感は時々感じるよね…ってな程度で、正直よっぽどこの作品に思い入れがなければ買い替えは別にしなくても…。まあプレデターの男気をこよなく愛するTAKAは、LD→DVD→DVDアルティメット→Blu-ray→Blu-ray特別編→今回の3D版、このネバーエンディングストーリーな如きの買い替え無限道。

 それではこれまたこよなく愛する「コマンドー」のメイトリクス大佐の名セリフで、今日はお別れ!
2014 greeting






CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    12 | 2014/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。