SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



「ツイン・ピークス」続報 ( Written By TAKA )

 先日お伝えしたファンにとってはマストバイなアイテム「ツイン・ピークス 完全なる謎 Blu-ray BOX」。

 マストとはいえ、購入に踏み切るにあたって一番のネックはやはり価格。オンライン価格といえど、約23,000円もするブツを「迷わず予約!」とはやっぱなかなかいかない。それでもまあファンですから「数量限定」の売り文句にもおどらされて、渋々予約はしたのですよ。けど、その後に海外盤の日本語字幕収録予定を知って大慌て!
  日本盤と同日発売

 一応現段階で「日本語字幕収録予定」が聞こえてくるのは、北米盤。けど案外UK盤も同仕様なんじゃねえか、って思ってます。北米盤は送料抜かして、現レートで約9,200円、UK盤は約8,500円。海外盤には日本オリジナルのTシャツは付属しない(と言うより、いらない)けど、価格が半分以下ってのは非常にありがたい。って言うか、何で日本盤はこんなに高いの?予約をキャンセルして、北米盤買うことにしましたよ。ただし、現段階では日本語字幕収録はあくまで「予定」であり、実際発売されたら字幕なしの可能性もあります。そしてその段階で数量限定の日本盤は売り切れちゃってる可能性だってあるわけです。ですから海外盤の購入は安いけど、注意が必要ですね。
スポンサーサイト

【2014/05/19 11:51】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



あのジャッキー映画、まさかのHi-Def化 ( Written By TAKA )

 コアなジャッキーファン以外に、一体どれだけの需要があるのか疑問符が付くBlu-rayソフトが3商品、8月6日に発売されます。って言うか、熱心なファンでも「欲しい!」な人がどれだけいるのか…。その3作とは「ドラゴン特攻隊」「炎の大捜査線」、そして何と「必殺鉄指拳」。(作品名クリックでレビューにジャンプ)

  

 TAKAは妄信的なジャッキー信者。じゃあ当然この3商品も欲しい、ってことになるか?1作品ずつ商品仕様を追ってみましょう。

「ドラゴン特攻隊」
まず売り文句として
・ジャッキー・チェン=石丸博也氏による日本語吹替音声2種(テレビ版/ソフト版)を全編収録!
・リバーシブル仕様ジャケット!
・特典映像として、日本版主題歌が流れる日本公開版本編をニュープリントテレシネ/HDマスタリングによって全編収録!

だそうです。実際特典映像として
日本公開版本編(音声:北京語) / 日本公開版予告編 / 日本公開版特報 /日本版TV CM
が収録される模様。
日本公開版本編は素直に嬉しいですね。これは今までにソフト化されたことがなく、TV放映時の副音声でしか聞くことができなかったバージョン。それが日本語字幕つきで見れるなんて素晴らしい。予告編関連も多分TAKAは未見。作品云々はともかく、商品としてマストバイです。

「炎の大捜査線」
・ジャッキー・チェン=石丸博也氏による日本語吹替音声を収録!
・リバーシブル仕様ジャケット!

特典映像が 
香港版予告編 / 日本版TV CM
正直、せめて日本公開版予告編が欲しかったなあ。DVDの画質が褒められたものじゃなかったので、買い換えることは考えてもいいか。けど見てて楽しくない内容なんで、何度も見る映画じゃないんだよなあ。これで台湾公開時(だったと思う)の長尺版が入ってりゃマストだったんだけどね。けど…ファンとしては…やっぱ買うか。

「ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳」
これが一番の問題だよ。どう問題なのかはレビューを見て頂くとして
・ジャッキー・チェン=石丸博也氏による日本語吹替音声を収録!
・リマスター本編には、新規録音を敢行した日本語吹替音声を全編収録!
・リバーシブル仕様ジャケット!
・特典映像として、テレビ放送吹替版本編(音声:日本語吹替)を全編収録!

だそうです。DVDに入ってたクライマックスのバージョン違いは入ってないのか。ツマんない映画ですが、吹き替えで見ると、面白さがグンと違うそうですね。とは言え、純粋なジャッキー映画と言えねえしなあ…。ただTAKAはこの映画に関してはソフトは買ったことがないんですよ。まあ買う気がおきなかっただけなんスが。じゃあ初購入といくか!…うーーん、どうしよう、正直迷いますわ。



いよいよ「ツイン・ピークス」がっ! ( Written By TAKA )

 今でこそ海外TVドラマのソフトがレンタル屋にズラッと並んでるのは珍しくもない光景ですが、その下地を作ったのはまず1983年のSFシリーズ「V」。その後地上波で海外ドラマがオンエアされることもありましたが、今のように海外ドラマ定番化、という波を作るまでには至らなかったと思います。けど1990年のデビッド・リンチの「ツイン・ピークス」が爆発的ブームに。主演のカイル・マクラクランは劇中キャラそのままに日本のCMに出たり、ドラマのロケ現場を訪れるツアーなんかも企画されたりしました。そして超常現象をまことしやかに描いた1993年の「Xーファイル」で、今に至る流れが完全にできたと言えるのでは。

 かくいうTAKAも大学時代に「ツイン・ピークス」にどっぷりハマったクチでして、「うわあ、次の話が気になるなあ。よし、次の話の冒頭5分だけ見て寝よう」が、結局最後まで見てしまい、そして「うう…次の話も気になる」になり、寝不足のループ…という結果に。音楽も気に入ってサントラも買っちゃったりしましたよ。劇場映画「ローラ・パーマー最期の7日間」には結構ガックリきた記憶もありますが。DVDは最初に出たファースト・シーズンのBOXだけ購入しました。後に出たセカンドのBOXは購入せず。これは同時に出たファーストとセカンドをまとめ、新規映像特典を加えたゴールドBOXが欲しかっんスよ。けど既に持ってるファーストはいらんなあ…と悩んだ末に買わなかった(高価だったせいもあるけど)んでした。けどいよいよHi-def化したBlu-rayのBOXが出る!ファースト&セカンド&劇場版をまとめ、既存の映像特典に加えて、新規特典も収録した10枚組。封入特典としてリンチ監修の日本オリジナルTシャツ(これはあんまりいらない…)。
TWIN PEAKS Blu BOX

お値段は税込み31,320円!高ェっ!!…けど頑張って買う!!

 7月29日発売

【2014/05/16 16:59】Blu-ray/DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



リディック ギャラクシー・バトル ( Written By TAKA )

riddick2 2週間ほど前に見てきましたー

 監督はシリーズ通してのデビッド・トゥーヒー。タイトルロールは勿論ヴィン・ディーゼル。その他の有名どころは前作から続投のカール・アーバン、けど出番はごくわずか。その他にはTVドラマで見た顔はいたけど、正直無名の役者ばかり。キャストにはあまりお金欠けてませんね。

 ストーリーは前作「リディック」の続き。意に沿わずにネクロモンガーのトップの座についたリディック、しかし側近の陰謀により、辺境惑星に追放の身に。生き残ることに命がけの過酷な環境で、リディックは彼を追う賞金稼ぎたちと対峙することに。

<ネタばれなし>

・「ピッチブラック」「リディック」、そして今作と、TAKAはシリーズ全作を劇場鑑賞したことになります。一風変わったクリーチャーものだった「ピッチブラック」、製作費をかけたスペースオペラ大作になったけど、B級感漂った「リディック」。今作は「ピッチブラック」の雰囲気に戻った感じですかね。まあこれは多額のお金かけたけどコケた前作の反省があるのかも。

・ヴィン・ディーゼルはリディックというキャラに愛着があるようですが、観客がリディックを歓迎しているかというと、そうでもないかもしれません。北米での興行を見てみますと
「ピッチブラック」→約3900万ドル
「リディック」→約5800万ドル
「ギャラクシーバトル」→約4200万ドル
スマッシュヒット程度の前作が一番稼いでます、けど1億ドル以上の製作費をかけてるんで苦しい成績ですね。今作は半分以下の約3800万ドルの製作費、世界興収は約1億ドル。回収率は今作の方が上か。とは言え手放しで喜べるような数字でもありません。こりゃ4作目はないかな。

・上で「ピッチブラック」の雰囲気に戻った、といいましたが面白さではドッコイドッコイか。「リディック」はいろいろな惑星が舞台となって賑やかさもありましたが、イマイチ盛り上がりに欠けました。「ピッチ」、そして今作はシンプルに徹したモンスターアクション。けど素直に「面白い!」と言えるほどでもない気が。まあどれも一応は「つまらなくはないよ」なんですけどね。

・TAKAは今作鑑賞前に前2作を復習して望みましたが、1作目のヴィンはやっぱ若いですね!ルックス的にあまり変わってないように思ってたんですが、14年前の姿と比べると一目瞭然でした。その彼が「銀河最凶のワル」との触れ込みのリディックを演じてるわけですが、3作どれを見ても、彼の愛嬌が出てるというか、「最凶どころか、結構いいところもあるじゃん」と思っちゃうのは彼の資質なんでしょうね。

 東京から約1ヶ月遅れでホスでの公開となったんですが、ホス公開時には既に「8月にソフト化」の告知が。まあそれでも「こういう映画は大画面で」派なんで、ためらうことなく劇場に行きました。けど実に寂しい客の入りでしたよ…。1作目の「ピッチブラック」は日本じゃBlu-ray化してませんでしたが、この夏にやっと発売されそうです。



5月4日は「スター・ウォーズの日」

 皆さんGW(ギャラクシー・ウォーズ)はいかがお過ごしでしょうか?TAKAは娘がインフルエンザに罹患してしまい、身動きの取れない状態…。さて、今日5月4日(May the 4th)は「スター・ウォーズの日」。一般社団法人 日本記念日協会に正式に認定されたスター・ウォーズ文化を祝う日でございます。
star wars day

 
 そんな記念すべき日に、「スター・ウォーズ エピソード7」に関する情報がまた一つ飛び込んできました。それは新作の日本公開日!
star wars release date

 これは北米公開日と同一日。今までの「スター・ウォーズ」は北米から数ヶ月遅れて公開されていましたが、これで本国より遅れることなく新作を楽しむことが可能になりました。一足先に公開される国から入ってくる情報に悩まされることなく、先入観なしで鑑賞できることに。ただしその分、配給会社は「大ヒット!」などの宣伝ができないことになってしまいましたね。
 正月映画という今までにない「スター・ウォーズ」。色々なタイアップ商品が予想されますが、TAKAが怖いのがPEPSI…またあのボトルキャップ収集のために飲みまくる日々が来るのでしょうか?あるとすれば、キャンペーン時期は夏じゃなく、秋口だよなあ。寒くなってきてから炭酸飲料の毎日かあ、厳しいなあ…。

【2014/05/04 10:56】ニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



アメイジング・スパイダーマン2 ( Written TAKA )

amazing spidy2 先週末見てきましたー

 監督は前作同様にマーク・ウェブ。主演コンビも前作から続投、タイトルロールにアンドリュー・ガーフィールド、その恋人グウェンにエマ・ストーン。前作からの続投組は他にサリー・フィールド、キャンベル・スコット。新顔で今回のメインとなるヴィランのエレクトロにオスカー俳優ジェイミー・フォックス、その他のヴィランでグリーン・ゴブリンに「クロニクル」のデイン・デハーン、ライノに実力派ポール・ジアマッティ。

 前作のラストで復縁を匂わせたピーターとグウェンですが、ピーターはグウェンの父親の最期の言葉を忘れられずにまだ悶々としています。この2人の関係と、ピーターの両親の失踪の真相がストーリーの核となってました。そしてスパイダーマンとしての言動が図らずも3人のヴィランを生み出し、ピーターは彼らとの対決を余儀なくされます。

<ネタばれあり>

・前作の3Dに関しては、劇場鑑賞時には正直あまりアメイジング感は感じませんでした。けど復習でBlu-rayを見たら、それなりな3D感が。まあ劇場とBlu-rayはまた違うとは思うけど。で、今作の3Dですが、「2Dとどちらを見るか迷ったら、まず3Dを見よ」って薦めるくらいに出来が良かったと思います。まあ原語重視派としては、3D見るならまず吹き替えになっちゃう、ってのがネックでしたが。でも今作のボイスキャストはふざけたようなタレント起用はなかったし、エレクトロの中村獅童も上手でした。

・では今度は肝心の映画本編について。実はこの中身に関しても前作は「つまんなくはないけど、正直リブートした意義が感じられないよ」と感じちゃったんです。けど今作は前作より間違いなく面白いし、次作も気になる終わり方になってました。

・面白かった点に関して言えば、やっぱアクションですかね。今回のエレクトロはかなりの強敵で正直弱点がなさそう…ってな感じ。結局よく分からない科学原理(?)で撃退されますが、あれだって「本当は死んでないんじゃないの?」って思えるし。このエレクトロとグリーン・ゴブリン両方とも空飛ぶし、スパイディかなりの苦戦を強いられます。って言うか、グリーン・ゴブリンはともかくとしても、エレクトロを生み出しちゃったのは、スパイディの何気ない軽口のせいですよねえ。ピーターの時はともかく、スパイディの時はかなり軽~いキャラで違和感を感じちゃいましたよ。

・正直ピーターとグウェンの煮え切らない関係には少々イライラしました。で、グウェンの留学にピーターがついて行くと決心した時には「なにっ!?パート3はイギリスが舞台か!?」なんて思いましたが、スパイディはNYのアイコンでもあるんで、そんなことはなかったスね。ってことで(?)グウェン死亡~…ってエーーーッ!!これにはマジでどビックリ!!何でも原作コミックにもあるエピソードらしいですが、映画だけで楽しむ派にはもうあり得ない展開ですよ。パート3ではどうなるんスかね?新ヒロイン登場?

・グウェンの死によりスパイディの活動も中断してしまうピーターですが、ラストで復活!その際に登場する子どもの健気さにはグッときました。そしてライノと対峙して終劇!「えっ、ここで終わり?」感は否めませんが、ライノは多分次作にも登場するんでしょう。

<ネタばれ終了>

 再来年にパート3、その2年後にはパート4の公開も既に決定してます。マーク・ウェブ監督は次作をもって降板するそうですが、ということは彼の語りたいスパイダーマンの物語は3作目で完結するってことですかね。で、パート4で仕切り直しってこと?まあそうなったら4で終わるんじゃなく、更なる続編も考えられるんじゃないでしょうか。





CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    04 | 2014/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。