SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



ファイナルドラゴン ( Written By TAKA )

 「ジャッキー・チェン」のカテではジャッキー主演作品にのみ触れる予定だったんですが、「主演じゃないけど、これを取り上げないのは惜しいな」って作品もありますんで、今回はその1本いきましょう。
ファイナル・ドラゴン デジタル・リマスター版
ファイナル・ドラゴン デジタル・リマスター版ジャッキー・チェン ロー・ウェイ ジミー・ウォング

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-10-28
売り上げランキング : 17,116

おすすめ平均 star
star主役はジミー
star最強の武器

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 1976年作品。監督はまたもロー・ウェイ。前回紹介した「成龍拳」と同じく脚本は古龍。彼独特の何故ここまでややこしくするのか理解不能な世界が今回も炸裂!武道家として名高い名家の主人花無病が妻に毒を盛られてしまいます。彼は放浪のこれまた武道家である梅星河に助けを求めます。梅星河は花無病の妻が所持する解毒薬を奪おうと画策しますが、彼女の周りには四天王と呼ばれる曲者達がいて…。といったもんですが、はっきり言ってこんなストーリー紹介は意味を為しません。って言うか終盤で何が何やら訳分かんなくなること請け合いです。

 主人公の梅星河にはジミー・ウォング。元々武術家でもない彼のアクションは個人的には見るべきものがないのですが、「片腕ドラゴン」以降の珍妙&無茶な設定の映画の数々は一部に根強いファンがいますな。花無病にジャッキーが扮しています。ジミーとジャッキーにはこの他に「ドラゴン特攻隊」「炎の大捜査線」といった共演作がありますが、これらを見たことがある人は、その作品の珍妙さを感じた事でしょう。またこの2人には結構有名な因縁話もあるのですが、それはまた別の機会に。

 それじゃ簡単にこの作品の見所(?)いきましょう。
・達人と言うことでいちいち悠然としているジミーですが、時折あまりにも油断し過ぎ。牢獄で不審者が近寄ってきても、草で鼻をくすぐられなければ目覚めない。そしてそいつが夜いつの間にいなくなったのかにも全然気付いていない。釈放された後に策略に引っかかって、簡単に拉致されてしまう(もっともこれはジミーの作戦だったか!?)。また王宮の密偵があんなに簡単に悪人から金を受け取ってていいのかなあ。
・毒を盛られたというジャッキーの設定も間抜け。「自分では起きあがることさえ出来ない」と言っておきながら、その後すぐにジミーと激闘を繰り広げます。また何で毒を盛っちゃうような奥さんと結婚したのでしょう?クライマックスで「お前の奪命流星は見切った。お前を片付けるのは朝飯前だ」と啖呵を切っときながら、ジミーさんに圧倒されてしまうのも何かなあ…。また「お前の墓場を用意した」と言って、出てきたのはあの棒が立ち並ぶ場所、何でこんな面倒くさいことを?
・鳳が「花明洞は私の案内なしでは行けない」と言っときながら、洞窟の上にはデカデカと「花明洞」と看板が!!(ゲラゲラ)また何で滝の奥の洞窟の中に噴水が!?
・花明夫人を守る四天王、大袈裟に紹介されたにも関わらず、3人まとめて1分くらいでジミーさんの手に掛かり死亡!こいつら何の意味があったんだ?また最後の1人の鬼道士なんて「策略に長けている」見せ場すらない!!
・終盤20分ほどは驚愕のドンデン返しばかりで、悪事の全貌なんてどうでもよくなること必至。って言うかこいつら何でこんなメンド臭いことをするの!?
・そしてクライマックス!改心した鳳とジミーさんが走り寄るスローモーション!!失笑を通り越して爆笑!!

 う~書いてたらまた見たくなってきた。とにかく苦笑してしまうシーン連発!の作品でジャッキー自身も「永遠に公開されなければ良かったのに…」とぼやいてます。まあ確かに決して面白くない映画なんですが、オモロイでっせ。(矛盾してますが、こう言うしかない)

PS:この作品は日本で最初に東北新社からビデオリリースされた時は「キラードラゴン流星拳」というタイトルでした。現在の「ファイナルドラゴン」なんて邦題より、そっちの方が何かピッタリくるなあ。そして「キラー~」ビデオのパッケージイラストはなかなか格好良く、海外のジャッキーファンの間でも評判が高いんだとか。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

あんたバカだよね。こういうのを、本当の香港映画っていうんだよ。それを、ウケ狙いで評価するあんたは、ジャッキーファン1年生だな。しかも、これよりもひどい香港映画は山ほどある。
クローン人間ブルース・リーとか
新死亡遊戯 7人のカンフーとかでも
見な。
【2007/04/12 20:26】 URL | 唐龍 #24aBrCh6[ 編集]

唐龍さん、はじめまして。

>ウケ狙いで評価

まあ別にウケ狙いで書いたわけでもなく、香港映画をけなして書いたわけでもなく、思ったまま書いたんですが、あくまでも主観的な記事なんで、この記事を読んでの人それぞれの感じ方にケチをつけるつもりはありません。が、「ケチつけて笑ってやろう」という思いからこの記事を書いたわけではないのです。まあ前述したように、そのように唐龍さんが感じたのであれば、それは皆さんそれぞれの受け取り方なのでしょうがないです。

>これよりもひどい香港映画は山ほどある

それも勿論知ってますし、しつこいですが念のために「ファイナル~」を「ひどいから見て下さい」と言ってる訳じゃないんです。しかも唐龍さんが挙げている「クローン~」は私も見てます。残念ながら「新死亡遊戯」は未だに見る機会がありませんが…。

 それにしても

>あんたバカだよね

某巨大掲示板でならまだしも、このような個人ブログでこのような言いようはないんじゃないでしょうか。あ、ちなみに唐龍さんから見ればファン1年生並みかもしれませんが、一応ファン歴は25年以上です。
【2007/04/13 10:24】 URL | TAKA #4a1thY..[ 編集]

初めまして。
「奪命流星」でぐぐったところこちらに辿り着いた次第です。
ジャッキーは私も二十数年のファン暦を持っているのですが、最も好きなベスト作品が「成龍拳」そして他のお気に入りも「飛龍神拳」「ドラゴン特攻隊」「プロテクター」と、微妙にズレたジャッキーファンなので、このファイナルドラゴンもけっこう好きな作品です。
あ、別に珍妙な作品が好きなのではなく「黒い雰囲気」が漂ってる作品が良いんですね。結果的に珍妙なだけで(笑

しかし上の方、この紹介文のどの辺が気に入らなかったのでしょうね?
ファイナルドラゴンのポイント紹介となるとどうしてもこうなるし、「こんなの観る価値なし!」なんて評価もザラに見かける中、こちらは随分と好意的に評価している紹介文だと思うのですが。
もしかしてオレもファン1年生なのかしらん。。。

それでは失礼しました。
【2007/12/22 03:07】 URL | siki #eqzRW0.A[ 編集]

sikiさん、はじめまして。

>最も好きなベスト作品が「成龍拳」そして他のお気に入りも「飛龍神拳」「ドラゴン特攻隊」「プロテクター」

おおっ、凄いところついてきますね!実は私もこれらの作品は好きです。「ドラゴン特攻隊」なんて未だにシネスコのオリジナル画面サイズでソフト化されないかな、と思ってます。もちろん「もんたよしのり」つきで(これは無理か)。

>もしかしてオレもファン1年生なのかしらん。。。

まあ人の感じ方それぞれですので、私の駄文を読んでどう感じるかまでは、正直どうしようもないです。実際ジャッキーの珍作に関しては「またレビュー書いて、難癖つけられたらやだなあ」と思ってたんですが、sikiさんのように好意的に見られる方もいらっしゃるようなので、また再開したいと思います!

これからもよろしくお願いしますー。
【2007/12/22 09:53】 URL | TAKA #-[ 編集]

これはこれは早速のご返事どうもです。

ドラゴン特攻隊に限らず他の作品も当時の日本製の主題歌が入った日本公開版DVDを発売して欲しいですねー。
出してくれれば今あるDVDコレクションを全て買い直してもいいくらいです。
しかしドラゴン特攻隊が好きなのは変な理由がありましてね。
中学生だった当事、ジャッキーの新作て事で劇場に観に行ったんだけど、なんせお正月なので劇場が満員で立ち見になっちゃったんですよ。
で幽霊屋敷でのドタバタが終わった頃だったかな、ふと後ろで観ている客の誰かにお尻を触られてる事に気付いちゃって。
でも映画の方は日本軍が出て来ていよいよこれから特攻隊の最後の決戦が始まるって大事な場面。
クライマックスをしっかり目に焼き付けなくちゃと、気持ち悪いのを我慢してスクリーンに意識を集中してたんで、後々えらく記憶に残る作品になっちゃって(笑
【2007/12/23 21:46】 URL | siki #eqzRW0.A[ 編集]

sikiさん、こんばんは。

>当時の日本製の主題歌が入った日本公開版DVDを発売して欲しい

これは権利消滅の都合上、不可能とは分かっていてもジャッキーファンならばこだわってしまうところですよね。

>後ろで観ている客の誰かにお尻を触られてる

ということは…sikiさんは女性ですか!スイマセン、てっきり男性だと思い込んでました(汗)。
しっかし、どんな場所にも不埒なまねをする輩はいるもんですな。せっかくお金払って映画見てるのに、そんな目に遭えばそりゃ記憶にも残りますね。
「ドラゴン特攻隊」公開時に中学生ということは、私とほぼ同年代ですね。日本で音楽いじったジャッキー作品で劇場で見てないのはこの「ドラゴン~」と「醒拳」なんです。どちらもサントラLPは持ってるんですがねえ。それだけにどうしても日本公開版が見たい!
【2007/12/24 21:36】 URL | TAKA #-[ 編集]

え!?あ、いやその、すんません、まぎらわしい書き込みして・・・
オレ男なんですよ。
もちろんオカマでもネカマでもありませぬ。
ただ顔立ちが母親似らしくて昔はよく女の子と間違われ、二十代前半くらいまでは何度かそーゆー事があったのです。

私が初めて劇場で観たジャッキー映画はたしか天中拳でしたね。
それからサンダーアームあたりまでは全て劇場に足を運んでました。
しかし個人的にジャッキーはカンフー時代の方が好きなので、それ以降はあまり観なくなったなぁ。
プロジェクトAの時計台落下や五福星のローラースケートで走るトラックの下くぐりとか、新作に「流石ジャッキー!」と唸らせるインパクトのある話題がこの頃から薄れてきてたってのもあるのかな?
撮影中の事故で死にそうになりながら完成させたサンダーアームの時は、逆に「元気が一番だからもーあまり無理はせんといてくれ」と心配の方が大きかったですね。。。
【2007/12/25 20:14】 URL | siki #eqzRW0.A[ 編集]

sikiさん、こんにちはー。

ありゃやっぱり男性でしたか(笑)。
私は劇場でのジャッキー映画は近年でも可能な限り、劇場で見てます。可能な限り、って書いたのは…何せ東北の片田舎、劇場にかからないやつもある…。
サンダーアームの事故は地元の夕刊に記事が載ってて、「ジャッキー大丈夫か!?」とジャッキー好きの友人に即TELした記憶があります。
【2007/12/26 12:24】 URL | TAKA #-[ 編集]

こんばんわ

あの事故の時はホントに心配しましたねー。
オレは応援の手紙を出そうかと思ったのですが、英語もエアメールの書き方もよく分からないし、なにより「ずっと意識不明」だの「助かっても植物人間」だのとデマだかホントだか分からない噂ばかりが飛び交ってたので、しばらく様子見してる内に元気な姿で出てきちゃって(笑

でもホント、凄いスタントの追求も良いんだけど、子供の頃に憧れたヒーローが事故死するなんて話しは聞きたくないものですな。
【2007/12/29 01:50】 URL | siki #eqzRW0.A[ 編集]

sikiさん、こんにちはー。

あの事故の後もデンジャラスなスタントを続け、そしてこれだけグローバルに愛されるスターになっちゃいましたから、ホントにジャッキーって凄いと思います。
いつまでも元気で映画撮り続けて、そして我々もそんな彼を応援し続けたいですね。
【2007/12/30 15:19】 URL | TAKA #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。