FC2ブログ



SWZS!
スターウォーズを中心に映画やグッズを紹介するブログ。
ダイ・ハード4.0 ( Written By TAKA )

 12年ぶりのシリーズ第4弾となる本作を見てきましたー。
live free or die hard

 監督は「アンダーワールド」シリーズしか撮っていないレン・ワイズマン。キャストで主役のジョン・マクレーンには勿論ブルース・ウィリス、3作目から1,2でお馴染みの顔は登場しなくなりましたが、今作も主役以外は新顔ばかりです。

 お話は…サイバーテロによる脅威を防ごうとして、FBIは全米のハッカーを連行しようとします。マクレーンはジャスティン・ロング扮するハッカーのマットを連行しようとするのですが、マットこそサイバーテロの重要情報を握っている人物であり、テロ組織はマットを亡き者にしようと画策します。否応なくテロ騒動に巻き込まれたマクレーンが超人的活躍を見せることになります。

 今作はどうもシリーズに思い入れのある人達にとって「あんなのマクレーンじゃない!只のスーパーマンだ!」と不評のようです。上述のように、ホントに超人的活躍を見せます。もう不死身の親父ですよ。でもそれだけ今作のアクションが派手になってるってことでもあります。それでは箇条書きでポイントを追っていきましょう。

〈ネタばれあり〉
・タイトルが出た時点で「おや?」と思いました。「DIE HARD 4.0」と出るんですよ。「それで合ってるじゃん」と思う人も多いかもしれませんが、実は原題は「LIVE FREE OR DIE HARD」です。これはどういうことなんでしょう?そういえばミラ・ジョヴォヴィッチ主演の「バイオハザード」も原題は「RESIDENT EVIL」なのに日本公開版では劇中に「BIO HAZARD」と表記されてました。これは「日本ではこのタイトルが馴染み深いから」と手を加えたものと推測されますが、今作も日本側で手を加えた?
・始まって10分程度で最初の見せ場がやってきます。って言うか随分スピーディーな展開ですよ。ドラマが入る余地は余りない構成でした。マクレーンと娘の確執なんかももう少し原因なんかを描いて欲しかったし、ある程度の和解に至る過程も弱かった気がします。
・で、何度も言ったように、今回のマクレーンは不死身です、スーパーマンです。1作目の慌てふためいてオロオロしていた姿など微塵もありません。どんな窮地に陥っても平然としています。これは1作目の頃は映画俳優としては無名同然だったウィリスが、それから約20年を経て大スターとしての地位を確たるものにしてる現況も影響してるかもしれません。とにかく「こいつがいれば大丈夫」といった余裕然とした雰囲気を醸し出してるんですよ。ここら辺シリーズが好きな人には決定的に物足りないところでしょうね。
・マクレーンが強くなった分、危機的状況もパワーアップ!アクション場面は随分派手になりました。悪く言えば荒唐無稽度がUP!よく言えば見た目の楽しさがUP!
・俳優陣は見てて楽しかったです。「ジーパーズ・クリーパーズ」のジャスティン・ロングが、「レディ・ウェポン」のマギーQ(M:i:Ⅲもあったけど)が、「ガール・ネクスト・ドア」のポン引きのティモシー・オリファントが、最近注目してるメアリー・エリザベス・ウィンステッドがこんなハリウッドのビッグバジェット映画に出演するなんて!
・見てて楽しかったとは言いましたが、キャラの描きは浅かったかな。マギーQは魅力的に撮られてただけに、もう少し背景も描いて欲しかった。また途中退場は勿体なかった。悪ボスのT・オリファントはB・ウィリスに対峙するには貫禄が足りなかったですね。そこら辺にいるチンピラに毛が生えた程度にしか見えません。M・E・ウィンステッドは登場場面少なすぎ。唯一J・ロングは出ずっぱりなだけに、描きが足りないとかは感じませんでした。ただ冒頭にフィギュアなどを飾ってる彼の部屋が登場しますが、一般的に見れば「気味の悪いオタク」に見えるんでしょうかね。じゃあ俺の部屋なんてどうなるんだろう…。
・劇中に凄腕ハッカーとして登場するケヴィン・スミス。SWマニアとして描かれてますが、実生活もそうであることを知っていればニヤリと出来るはず。
・「アンダーワールド」しか撮っていないレン・ワイズマンですが、頑張っていたと言えるでしょう。「M:i:Ⅲ」に大抜擢されたJ・J・エイブラムスと同じく大健闘です。
〈ネタばれ終了、ってそんな気になるネタばれもしてないか〉

 ネガティブな部分を結構挙げました。思えば1作目は脚本が良くできていたから、今も愛する人が多いアクション映画になり得ていたと思います。2作目は随分乱暴な構成になりました(でもシリーズ中一番好き)し、3作目は中だるみする展開でした。今回の4作目も脚本の粗をつつけばきりがない感じです。でも素直に面白かった!これぞハリウッド・ビッグバジェット映画の醍醐味!ここまで派手にドッカンドッカンやってくれれば、ミーハー映画ファンのTAKAの琴線に触れないわけがありません!マクレーンが不死身のハゲ親父だっていいじゃないですか!
要は面白けりゃいいのだ!!
スポンサーサイト






この記事に対するコメント

来ました~!
TAKAさんのおっしゃるようなこと、私もちらちらと頭に浮かびましたが、そんなこと全部「いいじゃん」って思えるような映画でしたね。

>ケヴィン・スミス。SWマニアとして描かれてますが、実生活もそうであることを
そうだったんですか、知らなかったです。
ニヤリと出来ませんでした(笑)
【2007/07/10 19:54】 URL | Organa #kUr9nKys[ 編集]

Organaさん、こんにちはー。
もう今回の「ダイ・ハード」は頭カラッポにして見ろ!と。そうすれば楽しめるぞ~ってな映画でしたね。

ケヴィン・スミスは自分の作品で必ずと言っていいほど、SWにオマージュを捧げてますよ。もし機会がありましたら御覧下さいー。
【2007/07/11 13:02】 URL | TAKA #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




CATEGORY
  • 徒然日記 (125)
  • ニュース (119)
  • Blu-ray/DVD (197)
  • フィギュア (97)
  • レゴ (0)
  • グッズ (16)
  • 本 (32)
  • ゲーム (5)
  • データ (55)
  • その他 (24)
  • TAKAの気ままな映画話 (477)
  • オビイチの偏ったヴィジョン (1)
  • ジャッキー・チェン (100)
  • ユナ(少女時代) (47)
  • インフォメーション (1)

  • ONLINE STORE






    RECENT ENTRIES
  • 目覚めよ、俺 ( Written By TAKA )(11/07)
  • 来週あたりに復活の予定 ( Written By TAKA )(07/03)
  • ホラーが豊作の予約晒し ( Written By TAKA )(04/21)
  • まだまだホスは寒いぜ、な予約晒し ( Written By TAKA )(03/24)
  • KANO 1931海の向こうの甲子園 ( Written By TAKA )(03/17)

  • CALENDER
    10 | 2019/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ARCHIVES
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (6)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (9)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (5)
  • 2013年09月 (10)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (7)
  • 2013年06月 (9)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (5)
  • 2013年01月 (13)
  • 2012年12月 (5)
  • 2012年11月 (8)
  • 2012年10月 (12)
  • 2012年09月 (10)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (6)
  • 2012年06月 (12)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (19)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (17)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (9)
  • 2011年06月 (13)
  • 2011年05月 (17)
  • 2011年04月 (13)
  • 2011年03月 (13)
  • 2011年02月 (17)
  • 2011年01月 (17)
  • 2010年12月 (22)
  • 2010年11月 (9)
  • 2010年10月 (12)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (14)
  • 2010年06月 (14)
  • 2010年05月 (18)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (11)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (9)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (11)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (9)
  • 2009年02月 (9)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (13)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (15)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (12)
  • 2008年04月 (7)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (11)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (6)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (14)
  • 2007年03月 (9)
  • 2007年02月 (15)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (21)
  • 2006年11月 (18)
  • 2006年10月 (17)
  • 2006年09月 (21)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (14)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (11)
  • 2006年02月 (12)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (4)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (23)

  • RECENT COMMENTS
  • サスケ(09/27)
  • TAKA(09/26)
  • サスケ(09/25)
  • TAKA(09/25)
  • TAKA(09/16)
  • サスケ(09/14)
  • TAKA(07/25)

  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【イルカと少年 ( Written By TAKA )】(04/27)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【3Dリバイバルに逆風!? ( Written By TAKA )】(04/09)
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪:『ブラック・スワン』お薦め映画(05/19)
  • 浪速で え~がな !!:SPACE BATTLESHIP ヤマト(12/07)
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ:『インセプション』お薦め映画(08/01)

  • LINKS
  • スター・ウォーズ ウェブログ
  • フィール・ザ・フォース
  • STAR WARS FAN!!
  • 浪速で え~がなぁ!!!

  • BLOG
  • RSS